#019 中央通りの黄昏(2003.02.27)

テーマ:

中央通りと言えば、上野と新橋を結ぶ通り(銀座線の上)がメジャーですが、新宿西口にもそれはあって、その名に恥じぬ堂々ぶり。距離は短くとも高層ビルの正に中央を真っ直ぐに抜ける様は壮観と言っていいでしょう。


この写真を見る限り、その高層な感じはうかがえませんが、新宿副都心らしい整然とした空気は伝わってきます。街灯の奥は新宿中央公園になり、中央通りはそこでおしまい。公園がちょっとした空間を生み、街路が2月の黄昏を運んでくる、そんな一枚です。


スバルビルの後方は当時はゆとりがあった訳ですが、今はご存じコクーンタワーがそそり立ち、おそらくこのようなゆったり感は味わえなくなっていると思われます。変化あってこその新宿、と考えればいい話ですが、変わらないでいてほしいものもありますよね。


続 東京百景(BETA version)-#019 中央通りの黄昏


→こちらもどうぞ...「東京モノローグ」第256話 ~昭和63年 其の一

AD