最近書いていることは前提とする条件が抜け落ちているので、性のグラデーション論をあてがえば???な内容が目立つけど、オレは自分と同じような分類にある小学生のオカマちゃんの未来を憂えているのであるよ。

最近の話は、ナニがどうあれ性転換して戸籍も変えて女性として生きていくよっていう小学生のオカマちゃんに対して言ってるのだな。

 

まず、言葉って言うのは使う人によってニュアンスも違えば、意味も変わってくるので、注意書きしておく。

オレが自分やMTFに対して平気で「オカマ」って蔑称を使うのは、昔働いていたニューハーフパブでの先輩方からの教えなのであるよ。

記憶なくした後に同じお店で働いていた友人から学んでいるけどね・・・。

 

一昔前のニューハーフパブの話。(今もかな)

GIDだなんだって言ったってわかりにくいし、言葉狩りに意味はないし、明るいヘンタイよ~って言った方が話が早い。

だからお客さんにわかりやすいように「オカマ」なわけであるよ。

ことそういうお店の従業員になるには、「私は女よ~」っていうのが、病気扱いになるほどネックになるんだな。

お店で割り切って働けないと、精神が持たないだろう。

たとえばわかりやすさのために、お店では男好きを強調する。

それは、たとえ女好きであっても。

で、「オカマ」っていうのは、女装のことなのか、ゲイのことなのか、意味がはっきりしないけど、どういうことか。

一般的に勘違いされていることは、男が好きだから女装してるという、なんとも的を得ない論理。

男の体で男と愛し合うことに、女装が必要なのかといえばそうではない。

女の体で男に好かれたいけど女装はしない、とか、ホントに色々なパターンがあるんだけど。

男から女へ性転換しても男装する奴だっている。

ゲイ・女装ゲイ・則性装MTFTS・男装MTFTS・etc・・・な?全部違うんだぜ?

でもそういうのを全部ひっくるめて「オカマ」って言えば、丸く収まるんだよ。

ここで「私は違うわよ!」なんていう奴は、まずそういうところにいないよな。

そういう奴でも、そこにいる限り割り切ってるよ。

だから知識の無い奴相手には、無駄口叩かず「オカマ」でいいんじゃないのかね?

間違った知識を植えつけるなんてのは、GIDとか難しい言葉が先行した場合で、実際のオカマを見れば、色んな奴がいるなってわかると思うけど・・・?

だいたいGIDなんて手続き上のツールとして、便宜的に作られたもので、精神科医の彼女がニューハーフだったからポーンとできちゃったようなものだk・・・・・おっと、あぶねぇ。

 

わかりやすさだけじゃなくて色んな意味があるっちゃあるよ。

たとえば自分に対する戒めとかなw

でもまあ、とりあえず端折っていくぜ・・・

 

ところでオカマという言葉にはおよそ「男好き」の意味が含まれる。

多様性を説明するぜ。

ざっくりいくから不愉快に思うならすまぬ・・・。

 

相手の性がなんであろうと、自分が女の体で愛されたいなら、たとえツクリモノでもいいから手術に至る。

ここで、「女の体で」と「女として」は違う。

自分の問題か相手の問題か。

【性転換娘男好き・性転換娘女好き・どっちも・他】

【女装(+被コミュニケーション女)ゲイ・女装(+被コミュニケーション女)ノンケ・他】

 

それから、性的な接触のための手術という理由と、自分があるべき状態に戻るための手術の理由っていうのはスタンスが違う。

【女性器(近似)を使って性行為に及びたいから性転換娘になりました】

【女として生活するために性転換娘になりました】

これはパーセンテージか・・・

「なりました」という表現は本当は間違い、だけどめんどくさいからこのままいくぜ。

 

いわゆる営業ガマっていうのも、ヴィジュアル的なウリであって、必ずともトランスヴェスタイトの方であるわけではない。

【職業女装普段は男装ノンケ・職業女装普段は男装ゲイ】

 

性転換娘にも、ゲイ文化を通って性転換に至る人もいた。

(今でもそうなのか?)

【ノンケ好きゲイ・恋する乙女(内面)】

 

オレがどうだったかというと、ただ手術がしたくてそこに勤めた。

当時は闇医者がいて、そこを紹介してもらいたい一身だったらしい。

おいおい自分のことだろ?だけどさ。

記憶なんてそんなもんだよ。

身体を恋愛の道具としてではなくて、ただ自殺しないために、生きるために、生活をしていく上での必要性で変える。

先輩方が言うには、男好きが高じて(←この表現は問題あるかな?)性転換する子はうまくいく、それに可愛くなる、そりゃそうか。

オレは男なんてどうでもいいから、自分のために早く手術を望んだ。

当時では早い方だったそうだ。

そして手術後ニューハーフ業はやめた。

何の迷いも無く手術したいって言うのに、男に興味ないから、周りは心配したんだって。

確かに言わんとすることはわかるけど、小さい頃からそうしたいと考えて、自分で切り裂いて入院するくらいなんだから、そりゃそうなんじゃねえの?

オレ調べによると、オレと同世代以上で元男性戸籍だった女性は四人に一人は例の事故を起こしてるよ。

それで、手術後はバイトしながらなんだかな~って暮らしをしてた。

そして記憶が無くなって・・・

それからまあ色々あって・・・

で、その結果どうなったんだろうな。

このザマだよw

身を引きたがりシンドロームに罹患して、彼氏と別れて寂しく生きてるよHAHAHA!

今ではブラック企業構成員。

今となっては自分が男だったことも忘れてしまった気がする。

実は生まれたときの戸籍は男だったんだ~なんて口が裂けても言えねえよw

というか、言ったところでそれを信じるのだろうか?

 

よく思うんだけど、GIDじゃなくてSIDという考え方。

たとえば自分の体が、男女どちらでもいいゲイなら、ノンケと付き合いたくて手術することもある、というパターンを考えると。

コレなら手術を迷うのもうなずける。

それとは別パターン、自分の体が女しかだめなのに男の身体で生まれたら。

趣味趣向と身体の問題を混ぜるな危険。

男女どちらの役割で生きていきたいか、男女どちらが好きかなんて考えは抜きに、まず身体を心にあわせないと死んでしまうだろ。

そういう奴もまた、オカマとしか説明のしようがねえよ。

それとも知識の無い奴に一から説明するのか?

自分も相手も苦痛じゃないのか?

 

心に男女という概念はあてはまらないんじゃないかな。

心が女性って言うのは、男を好きって意味ではない。

心が女性ってどういう状態だよwいってみろw

心が女性だけど、手術まではしないって状態はどう説明するんだ。

 

自分の体の性徴を受け入れられる・られないの違いじゃないの?

 

かくいうオレの小さい頃の話。

車なんかの玩具に興味が無かったんだとさ。

ぬいぐるみをしつこく持ち歩いていたんだそうな。

それは趣味趣向であって心が女性なわけじゃない。

脳の分化に問題があったって、自分の体は、通常なら「どちらでもいい」はずなんだ。

たまにどちらかしかダメって奴がいても、自分の体とマッチしてれば問題ないわけだな。

それがオレの場合は男の体断固拒否だった。

オレの小さい頃はまだネットも無かったし、あったところでPCがないし、田舎でネットカフェもなかったから、小学生から薬使うなんて夢のまた夢だった。

あったら間違いなく使ったし、何を迷うことがあるの?って思うけど。

でもやっぱり薬は手に入らなくて、変声期に抗って軟骨つぶして発声も勝手に身について、背が伸びないように高いところから飛び降りるとか洗剤飲むとか、それはもう気が狂ったようなことをやっていた・・・

そう、頭おかしいんだわwそんな状態も、「オカマ」で済ませられる。

精神異常?違うよ「オカマ」だよ。

ほら、これ以上説明しなくていいじゃん。

別にオカマっていって罵りたいわけじゃないんだぜ。

それに、日常生活では全くオカマなんて言葉は出てこない。

普段は自分が昔戸籍上男性だったことなんてすっかり忘れてるよ。

喉元過ぎればってやつだよ。

例え蔑称でも、当事者が自分で言えば許されるんでしょう?

ってなことで「オカマ」なんだけど、実はコレも改めたほうがいいのかな?と思わなくもない。

 

とまあ、オカマという言葉を進んで使う話でした。

今の若い子は闇医者を紹介してもらうために飲み屋で働くなんてことないし、そういう文化もなくなるだろうな。

精神力が必要ない時代になるのかねぇ。

昔は少数派は鋼の精神なんて言ったけど、オレは別に苦労しなくてもいいと思うけどな。

少なくとも生きていくスタートラインに立つまでは。

苦労するのはアレだよ、色々引け目に感じて婚約者を盛大にフッタたりすることだよ。

はい自虐乙。

 

しばらくは考えをまとめて、目標につなげる作業だな。

 

 

 

 

AD

GIDをメディアで扱うのやめてよ、のさらにその先。

まず、当事者がGIDメディア作品に求めていることいないことが知りたい話。

 

「GIDを扱った作品」

のナニが怖いかって、不特定多数の人間に「へぇ~そういうのがあるんだ」って知られてしまうこと。

知ってもらうことを目的とするなら、「同性愛と混同する」人が多いという問題などに目くじら立てすぎて敷居をあげては逆効果だろ?

だったらはじめから必要なくない?

間違った解釈をしたって、セクシャルマジョリティが生きていくのに何の必要性も問題もないっていわれるんだぜ?

だったらわざわざGIDを取り扱う必要ないんじゃないのか?

好奇の目の種をばら撒いちゃダメ、絶対!

・・・というのもオレだけの杞憂なんだろうか。

 

そんなところで思うのだけど、

セクシャルマイノリティはその各々の独自性でもって、

共感できる作品に出会えないのではないか?

 

もし恋愛モノだとしたら、どこにどっちにどう共感するの?とか。

MTFならMTFの作品が見たいのか?とか。

いわゆるヘテロの恋愛モノで楽しめたとしても、細かい差異の積み重ねや、一般との大きな違いを痛感して苦痛になりやしないか。

セクシャルマジョリティにはできるはずの共感や投影がセクシャルマイノリティにはできないものって、物足りなくないのかな。

だからといって、苦しみの追体験をさせてしまうようなモロにセクシャリティを題材にした作品なんて、楽しめるのか?

 

では、もし当事者が創作した作品なら。

どうなんだろうか。

当事者によっても意見は分かれるだろうし。

それでも、あって損は無いんだろうか。

だとしたところで、当事者の当事者による当事者のための作品って、そこまで需要あるの?

 

少数派をターゲットにした商業作品が作りにくいってところを考えたら、ウェブ上などに上げられた自主制作物になるけど、あんまり詳しくないからなんとも言えない。

よし、リサーチだ。

作り手がちゃんとわかってるのか需要が極端に少ないからなのか、一般的な入手・閲覧の機会は少ないから、無駄に世間に知識をばら撒く恐れについては、そこも安心。

ネット上にアップロードして誰でも見れる場合、わざわざ関連の検索語句をかける奴は、当事者以外には興味本位のやつがいて危険だけど…。

だけど、正しく理解できるものが制作されているのならば、とても意味のある創作なんじゃないのか。

 

それを踏まえて、だけど。

当事者以外GIDを扱ってはならないっていう暗黙のルールを構築できないものか・・・。

と思った。

「その題材を扱うためのライセンス」があればいいのに。

診断書か?それもまたキメェw

GIDネタは調べる内容もかなり多いし、簡単には寄り付けないか。

それなら予め知っている人、の手でつくられている?

商業作品にしたって出所はみんな当事者なのかも。

としたらあの違和感はなんだ?

当事者以外の手があまりに多く加わっていたとしても、なんというか???な内容が多いんだけど。

正規のやり方にとらわれないのが生きるテクニックであるというMTFの真実を描いたものなんてありゃしねぇや。

治療を控えた子供が家族と見たとしても、

「やっぱりこういう段階をふまえてやらなきゃ~」

なんて妨害をうけるじゃないか。

ゆwるwせwなwいw

商業作品では無理があるのか。

 

・・・コレは、オレがやればいいんじゃね?

それこそ、小学生の子供が、親にカミングアウトする際に

「コレ読んでみて」

って言えるようなものをつくれば。

なんてなーw

 

AD

どうにも言葉がまとまらなくて、コイツ馬鹿じゃねぇの?って状態ですね。

考えがまとまらないなら書き続けたらどうにかなるんじゃねえのっていうのも、見苦しいですが。

自分のための備忘録。そうだコレでいい。

最近どうもナニを言ってるのか自分でもわからないけど、言葉で言い表すのも難しいし、必要性は個人的レベルで限定的な相手にだけなのでって、、、アレ?ナニを言いたかったんだろうか。

こういう忘れっぽさとは違う種類の物忘れについての話です。

 

ちょっとだけ記憶が回復しています。

オレの身に起きた部分健忘というのは一体何なのか、今になって気になりだすという心境の変化が。

それも、なんとしてでも思い出したいくらいに。

記憶というのは無理に思い出すとよくないこともある、ということだった。

といっても、当時はそんなこと本当にどうでもよかった。

オレにもここ数年は色々あったし、今はそうでもないんだな。

 

現在となっては。

ただ恥ずかしいから言えないだけで、女性の自覚を持って生きているよ。

内面の一人称とか、かわってるよ?言わないけど。

大分変わった。

色んなことを受け入れて、平凡な会社員として、日々搾取されてます、えっへん。

すごく、地味だw

オカマという添加物はオレに華を与えないw

当たり前か(っていうのは差別的?)。

 

最近思うことがあって、いまさらGIDのことを調べなおしていると、時代は本当に進んでいるのかわからなくなってきた。

苦しんでいる人の役に立ちたいなんてたいそれたことは言えないんだけど、ちょっと考えていることがあるんだぜ。

例えば小学生児童が親に個人輸入による経口ホルモン投与の重要性を説く、兼カミングアウトのプレゼン資料作成とかどうよ。

ってのは既出かな?だろうなw

てかコレについては後々しっかり吟味の話をするよ。

ただ、オレにはまだ自分が一番苦しんでいたときのことが思い出せないから、そう易々とナイーブな問題に立ち入れないとひけ目に感じている。

それを思えば、オレが記憶をなくしているのは、適応規制なんじゃねーの?と思ってみたりするけど、オレにそんな難しいことがわかるはずもねえよ。

精神を守るために脳が記憶を切り離した、みたいなw

結構イタイ妄想なのか?

だけどこれってさ、

もしコレが人格障害だったとするなら、順応したいい例じゃないか。

もしコレが性自認の移行なら、順応したいい例じゃないか。

もしコレが強制性転換でも、順応したいい例…そろそろアブねぇかw

それにしても、何でよりによって自分が、こういう状況になっているかってのも、不思議な気分だな。

オカマじゃない奴のことがわからないっていったら、それってかなり多数派の人々になる。

性別違和なんて感じたことが無いって感覚がわからないってのも、凄く悲しいと思うよ。

自殺する前提で生まれてきたとか、しかも五体満足六体不満足で。

 

「六体不満足を放置すると五体不満足になる」

コレ、今日の金言だな。

笑っていいのか不安になるぜ。

 

こうやってのん気に日記でも書いてる間に、オカマだけでなく色んな性のありようによる苦しみを抱いた人が自殺していっていると思うと・・・

どうよ?

どうせ、「ざまぁw」とでも思ってるんだろ?

「死ねばいーじゃん」は確かに間違いじゃない。

でもそれが正しいと誰に結論を委ねるんだ?

公衆自殺所の設置を・・・なんて話はやめておくか。

ナニがいいたかったんだっけ?

2016年時点で戸籍の性を変更したのは7000人超えていないそうな。

そのうち男→女は半分より少ないんじゃないかな。

少な過ぎる気がするんだぜ。

年配の方についてはなんとも言えない。

オレより若い成年はしっかりやってるだろうし、やってない奴は自分でどうにかするだろう。

ただ、今小学生そこらの子には、未来があるわけで、なんとかしたい。

最近の中で記憶を失くす以前と今の自分で、最も気が合いそうな考えなのだな。

いわゆるMTFTSみんなが、しっかり幼少期からの処置を受けていれば、MTFTSはキモくない、という常識が確立できると思うんだけど、どうよ?

それに、適正な処置がなされればオカマちゃんが子供時代に性器を切り裂く事件がかなり減らせると思うんだ。

オレが極端だということは自分でもわかっちゃいるけど、世代毎に進化しなけりゃ何もかわんねえよ。

次回からひとつずつまとめていこうかしら。

 

 

 

AD

GIDという定義?はただの便宜的な形式上のものです。

実際には言葉でどうこう言えないということは以前からたまに書いているけど、手っ取り早くGIDと言っときます。

 

近所のおばちゃんがおせっかいで地域の子どもの世話をするということって、昔は(今も?)ありました。

では性転換おばちゃんが、悩める小学生オカマの子の面倒を見たりしたら過干渉というか、犯罪的なことなのでしょうか。

時代は進んでいるけど、今の親世代でも信用できません。

だって今10歳の子がいる親なら、オレより十数歳上から同い年くらいまでですよ。

つまり同年代ですよ?

その同年代たちは小さい頃オレたちにオカマって言っていじめてきた奴らなんですよ?(ひとくくりの術w)

親はきっとあの子たちを苦しめる。

守りたい、この笑顔。って思いますよ!

 

これは、子供は自分で薬品の使用も決められないとか、そういうときに出てくる話ですが・・・

「本物のGIDかどうかわからない」

コレおかしくないですかね。

正しくは

「今薬を使わなければ本物でなくなる確率が高い」

じゃないでしょうか。

この意味がわからないなら恐らくこの先の話は必要ないのですが…。

 

 

※※※

 

仮に今君が性の違和を抱えているとしよう。

まずナニが有っても生きていくことを約束するという決めごとをするよ。

(自殺しないって意味だからな、ナニは取っていいんだぜ?)

今苦しいことを我慢し続けると問題は解決できる?

途中であきらめないために、何が必要?

今しないといけないことって何だろう?

よーく考えてね。

 

オカマには「30歳の壁」っていうのがあるのね。

どんなに見た目がカンペキな女の子で、戸籍も変更して、女性としての人生を送り始めても、30歳くらいで自死を選んじゃう人も多いよ。

きっと、心が壊れてしまうよね。

でも、女性として生きだして30歳くらいになるまでに、何か大事なことを見つけられたら、生きていけるかもしれない。

それにかけるしか「生きる」ってことが無理なんだとしたら、かけてみようよ。

だとしたら手術を含めて前向きに、頑張ってみようよ。

 

※※※

 

 

さて、ホントのところどうなのか、なんですが。

性別違和を訴えていたMTFの(疑いのある)子が、数年後に何事も無く男として生きていった、という研究報告やらなんやらの話ありますよね。

オレには信じられない話ですよ。

思春期特有のなんたらかんたらと混同されるようなものなのでしょうか?

 

大きく分けて、

自分が、

「男女どちらでも構わない人。」

「男しかダメな人。」

「女しかダメな人。」

がいるとして、女しかダメな人が男として生まれた場合が俗に言うMTFってことになる。

と考えたら、

「男しかダメ」と「女しかダメ」が移り変わることがある、とでも言いたいのかね?

それがレアケースでないとしてもだよ、さらにまた移り変わるんじゃないの?

だったらMTFの場合男性化は抑えておく必要あるよね?

生殖能力と将来の苦痛どちらが優先されると思ってんだよ。

生きていくこと、が、全てに優先されないなら、自殺した子はそれ他殺じゃねえの?

この場合誰が人殺しか。

医療行為を足踏みする謎の圧力。

これで判ったろ?

カウンセリングの前にホルモン投与、アット、ローティーン。

 

生きていくための体さえ作れれば、中身が何であれ慣れるのではないでしょうか。

人間の性差は大は小を兼ねない!はいこれテストにでます。

男性化は非可逆変化。

二次性徴を遅らせることは絶対に必要です。

 

もうひとつ、手術してもだめだった(自殺した)っていうのは、自殺を決心して、それでもせめて死ぬ前に自分を苦しめ続けてきたナニを切り落としてやる、ってことじゃないのかな。

それって手術関係なく自殺しちゃうよ。

今オレ安楽死させてやるって言われたら何の悔いなく逝けるけど、もしナニがついてたらやだもん。

数年前とだいぶ変わったよね、そうだよね。

 

とにかく悲観してしまうのもわかるけど、まだ間に合うよ。

小学校高学年なら、まだまだこれからだよ。

おばちゃんもちょっと、頑張ってみようと思うことがあるんだ。

生きるってことが前提だ!

 

 

前回の話の続き。

早い段階で個人でのホルモン投与やってないと生き辛いよ。

の話で、最短ルートがどうとかだったわけだけど。

結局最後に一番必要なのは、カネだよっ!ペッ(吐き捨て)

タイでの手術の仲介業者の金額見たら、オレの手術の倍近くなんだが、、、。

しかも造膣しない、穴なしの手術でも、1・5~2倍近く。

仲介つけなくてもタイの金額高くないか?

日本人からはふんだくるってこと?

今国内の闇医者様はおられないんでしょうか?

あのお方が生きておられ・・・なんでもないや。

これもうだめだろ。

思うに、

「MTFはもしかしたら生まれてこない方が幸せ」

って言葉に当事者でもないのに反感を覚える奴はぶん殴ってやりたいくらいのレベルだよ。

それくらい簡単に稼げるだと?

戸籍は男、見た目は女、さあどうやって働くでしょうか?

どうせそんなん知るかよとか、水とか風とか言われるんだろうな。

いや、それをみんなうまいことどうにかやってるわけだけど、それが当たり前みたいな世知辛さどうなんよ。

もし社会の理解を必要なものとするなら、「自分が好きでやってる」という解釈は絶対的に間違いだっていう、そういうところをまずわかってもらう必要あるんじゃ、ねーの?

どうでもいいことばっかり拡散するんじゃねーよ。

 

批判を跳ね除けられる裏づけ「オレが当事者だ」を使ってサジェストするぜ!

性移行をあきらめさせるような、生かさず殺さずでうやむやにするようなやり方するんだったら、の話だけど。

GIDだったら希望者には積極的安楽死を認めることはみんなが幸せな方法に一番近い。

 

さあ、お決まりのアレが来る。

(部外者)「それ以外の方法もあるよ、本人を苦しめてまわりのみんなはメンドクセー問題にはノータッチ☆カ・ン・ペ・キ」

だろ?

 

さて、現在小学生くらいの息子さんのおられるご家庭の方。

自殺しますって言われて、止める方法は性転換(その準備)ただひとつしかない場合。

気持ち悪いクソオカマになるんだったら引き止めはしない、とっとと氏ね!

って言うに決まってるって方がいるなら、今からオレがお前をぶん殴りに行ってやんよ。

とか、言ってみたいものだな。

 

めっちゃ高揚してるw

なんていうか、うまくいえないけど。

記憶がちょっと回復して、若返った感じがするんだけど、何なのコレ?

説明できる言葉が、単語が存在しなくて、もうどうしていいかわかんねえ。

だけどどうか、これからを生きていくMTF達に、子供たちに、大人に騙されないでほしい。

オレはごく普通のOLで、医者でも教員でも親でもなんでもないけど、一応MTF枠で性転換して生きているから、少しばかりの信用性はあるんじゃないでしょうかね?

極端とか言うかもしれないけど、一般的な理想や道徳感や常識だけではみんなが幸せになれるわけじゃねえよ。

少数派は大変だぞ?そこのお前だよ。

まずはご両親の思想を探ってみるんだ。