こんばんは、井上です。
夏休みの絵日記を8/31にまとめて書く、みたいな様相を呈してきた浄水ブログです。
 
記憶の新しいものから遡ると、、、
 
昨日は院長は博多で開催された、当院でも1番人気のフォトフェイシャルm22のセミナーに部分参加、
私は東京でJMEC社の、機器と注入についての宮田成章先生、慶田朋子先生のセミナーに参加してきました。
宮田先生、いろいろとご指南くださいましてありがとうございました!
 
 
先日は北九州市くろき・ひろクリニック  右田博文先生とご友人が主催されている「大人の夜会」へご招待いただきました。
写真は九州美容医師の会の先生方と。
各界の方々が100名以上ご参加される盛大な「フォーマルな装いと振舞いを体験するための」会です。私は一昨年に続き2回目の参加。人生何事も経験、、、、、!
 
 
頭蓋顎顔面外科学会は今年は福岡で開催され、丸々2日間とも参加。
 
 
加齢画像研究会とこの顎顔面は特に、毎年とても楽しみにしている学会です。
著名な先生方による手術のアセスメントや手技についてのパネルディスカッションなどが大変勉強になるのはもちろんですが、一般演題も面白いものが多い学会です。中でも
国立がん研  東野琢也先生 の、
上眼瞼における眼窩上神経・滑車上/下神経・涙腺神経の走行形態・分布について
のご発表は、
顕微鏡下での繊細な解剖写真が美しく、大変勉強になりました。
眼窩縁から眼輪筋下に出た各感覚神経が、眼輪筋を貫き筋上に向かう分枝を出しながら瞼板へ向かう様は、骨→皮膚の方向に観察された美しいcadaver dissection映像のおかげで非常に分かりやすかったです。
涙腺神経の皮枝が外眼角部頭側に分布しており、眼瞼下垂手術でどうしても外角部を痛がられる方には、瞼板外側で涙腺神経ブロック行うと良い、、との知見もありました。
 
 
10~11月は飯尾形成外科クリニック様のご改装のため、当院に
飯尾形成外科クリニック院長  飯尾礼美先生、
東京ミッドタウン皮膚科形成外科 ノアージュ  院長今泉明子先生
に講師としてお越しいただき、アラガン社のヒアルロン酸セミナー&プライベートセミナーを開催しました。
狭い当院に約20名の先生方にご参加いただきました。
 
 
 
 
 
セミナー後の懇親会で
 
今泉先生ポーズ
 
 
 
飯尾先生と海外招聘の先生による、スレッドリフトのセミナーも当院にて開催
 
 
 
秋はプライベートの行事も多いですが、その合間をぬって西田美穂先生に念願の八千代座にも連れていってもらいました。
 
残念ながら、なぜかその日だけ内部撮影禁止(泣
タイムスリップしたかの錯覚をおこす素晴らしい舞台で玉三郎さんの新しい試みを心から楽しみました。
 
 
更にその前は大阪でのヒアルロン酸セミナー、東京でのヒアルロン酸セミナー2件、、、
 
だんだん記憶があやしくなってきましたので、オチのないままこの辺で。年内の上京はおしまいです。
 
寒さと乾燥が厳しくなってまいりました。
今年もあと残り少し、皆さんもどうぞご自愛くださいませ。
 
 
 
浄水皮ふ科クリニックHP  http://josui-hifuka-clinic.com/
AD