自由が丘  青い鳥物語

日本一の「切らないたるみ治療」を目指して、
自由が丘に開業したクリニックの一部始終・・


テーマ:

この冬の野鳥探索は不調続きだったので八王子まで脚を伸ばしてみました。

訪れたのは、小宮公園。

 

さっそくルリビタキルリビタキが出迎えてくれました!

 

美しい瑠璃色で、バードウォッチャーの心を鷲づかみ!

 

多くのバードウォッチャーがカメラを構えているのに平然として、まさに王者の振るまいでした。ルリビタキは夏は高地に生息していますが、冬はこうして都市公園にも姿を現してくれるので、この時期の一番の人気者です。

 

 

こちらは、エナガエナガ パタパタ

エナガは冬鳥ではなく、一年を通しているのですが、葉が生い茂る夏には、姿を捉えることが難しいので、姿を見られるのは圧倒的に冬が多くなります。エナガエナガ パタパタはスズメより小さく、とても愛らしい姿でこちらも人気者。写真集もあるくらい。ただ、たいてい樹木の高いところを集団で素早く移動していて、写真に捉えるのにいつも苦労します。

 

八王子には、たくさんの野鳥がいることを思い知った小宮公園訪問でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5年以上前に書いていたダイエットブログの題名は「狂気のダイエット」。。今では苦しいダイエットなどする気にもなりません。少しでも楽に痩せる方法、ダイエットの「王道」をご紹介します。

 

 

「王様のような朝食、王子様のような昼食、そして貧民のような夕食を・・」西洋のことわざですが、ここにはダイエットの「王道」のヒントが詰まっています。

 

キーとなるのは「体内時計」。
「体内時計」という言葉は一般にも使われますが、医学的な解明が進んでいます。わかったことは、ひとつは体内時計には脳の中にある中枢性の時計と体のあちこちにある末梢性の2種類があること。


もうひとつは、人の体内時計は1日24時間ではなく、25時間周期であること。つまり人は毎日時差ボケが発生するから、体調を崩しやすい。体内時計を毎日リセットすることが健康維持に欠かせません。

 

体内時計は2種類あるので、リセット方法も2つ。まず中枢性の時計のリセットには朝起きて日光(正確にはブルーライト)を浴びること。末梢性の時計のリセットには起床して2時間以内に朝食を食べることが必要になります。

同じように食事をしたとしても、体内時計を持つ身体は区別します。朝に摂る食事は、これからの生活のエネルギー源として使われやすく(蓄積しにくく)、夜に摂る食事は、明日のエネルギーとして蓄積されやすく(消費されにくく)なります。

朝食を抜くとその分摂取カロリーが減って、ダイエットになると思われがちですが、実は、たとえトータルとして摂取カロリーが増えても朝食を摂った方が太りにくく、朝食を抜いた方が肥満傾向になることがわかっています。

さらに時計のリセットには、栄養バランスの取れた朝食が必要です。時間がないからバナナ1本とか食パン1枚では時計のリセットはできません。まさに「王様のような朝食を!」です。

少し前まで、ダイエットの基本はいかに摂取カロリーを減らすか(食事制限)、またはいかに消費カロリーを増やすか(運動)しかありませんでした。どちらにしても難行苦行です。「時間栄養学」は、食事、カロリーを制限しなくても、「時間」を制限すること、時間を意識して食事を摂ることで食事制限と同様な効果が得られることを教えてくれています。

 

 

結論!

朝食は必ず摂りましょう!

「王様のような朝食、王子様のような昼食、そして貧民のような夕食を・・」
 

 


  

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、クリスマスイブサンタさんをいかがお過ごしでしょうか?

クリニックではみんなでクリスマスケーキクリスマスケーキを食べました。モンサンクレールの今年のクリスマスケーキはこちら。

 

 

ダイエット中でもあり、普段はあまりスイーツは口にしないのですが、今日は特別!

 

でも、さすがに気が引けたのでケーキを食べる前に、バンキッシュMEで痩身治療を受けました。

 

 

さすがにちょっと使い方が間違っている気がします・・冷や汗

 

バンキッシュMEについてはコチラをご覧ください。

 


  

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)