今回は資料より鳥人を紹介します
KC3S0072.jpg暗黒星雲バンドに住んでいましたが宇宙猿人ゴリが部下として呼び寄せました

輸送中のマウントドラゴンを空中から監視をして善光寺の周辺で隙を見て飛び付き自らの全エネルギーを与え麻酔で眠るマウントドラゴンを目覚めさせ暴れさせますが完全に使い捨てにされた存在で宇宙人なのか人に近い姿をした生物なのか詳細不明です
KC3S0071.jpgこちらは怪獣王子の鳥人です

出身地等は全く不明で鳥人司令の命令で戦闘員として動きますが自らの意識は無く命令に従うだけで本当に鳥頭でした

怪獣王子は東急エイジェンシーの子会社の日本特撮が制作した作品ですがピープロが製作協力をした作品でした
AD
今回は資料よりマウントドラゴンを紹介します
KC3S0066.jpg三重県鈴鹿の山中に現れた怪獣で麻酔弾で眠らされ研究の為にトレーラーに乗せられ長野県を経由して東京へ運ばれる事に成りました
KC3S0068.jpg怪獣Gメンが護衛して定期的に麻酔弾を撃ち込みながら移動をしますが誤ってGメンの太田が飲み込まれてしまいボンベで酸素を送りながら移動をする事に成ります
KC3S0065.jpg宇宙猿人ゴリの手下の鳥人が怪獣に飛び移りエネルギーを与え麻酔が切れて暴れだしますがスペクトルマンは太田が体内に居る為に迂闊に戦えません

しかしスペクトルエースで身動きを止め口から太田を助け出しマウントドラゴンを倒しました

実物大のハリボテを作りトレーラーで三重県鈴鹿から長野県を経由で輸送をする一大ロケの豪華編ですがスペクトルマンとしては珍しく通常のような前後編では無く一話完結でした
AD
今回は資料より偽スペクトルマンを紹介します
KC3S0063.jpgイゴール星人の宇宙ロケットを宇宙猿人ゴリが改造をして造り上げた物で外見は全く本物と区別がつきません

街の住民に集団催眠をかける役割もしていてブラックドラゴンと戦い本物に見せる偽装もしています

最後は本物のスペクトルマンと戦い破壊されました

写真の左が偽物ですが全く区別がつかず本編を見ていてもどっちが偽物か本物か解らなく成ってしまう事態に成っていました

本物と偽物が戦う事は結構在りますが大抵は偽物は色が一部違ったり部分的に何か付いたり在るはずの物が無かったり形状の違いが在りますが全く同じ姿の者同士が戦うのは他に70年代ヒーローでは偽サンダーマスクや偽Xライダー位だと思います
AD