土地家屋調査士受験!カネコのちょっと役立つハナシ

土地家屋調査士受験に役立つ内容を盛り込んだブログです。


テーマ:

直前的中模試受講生のNさん。

本試験,なんと下記の点数で,余裕の合格!

択一50.0,記述土地18.5,記述建物21.590.0

金子塾発展のためにと合格体験記をお寄せいただいたので,ご紹介したいと思います。



金子先生の講座は通信で全6回の直前的中模試を受講させていただきました。

平成22年度の東大大講堂のエアコン故障会場での試験に落ちて以来、やる気をなくして受けたり受けない年もあったりなど惰性で過ごした数年でしたが、今回飛躍的に点数を伸ばすことができた要因が2つありました。

やる気については例年とさほど変わらず、ダラダラと家で勉強をしていたのですが、このままではいつもと同じになってしまうと思い1月から図書館等を利用しはじめ最終的には有料自習室にたどりつきました。

この自習室が大当たりで、そこはよくあるパーティションで区画された自習室というよりも、学校の教室よりもゆとりのあるオープンスペース的な施設でした。

よって、まわりの方々が丸見え状態なのですが、これがとても良い刺激になりました。

来ている方は資格の勉強をしている人もいれば、個人事業主でSOHO的な使い方をしている人まで様々、しかも飲食可、通話も可というフリーダムな場所でしたが、利用資格が20歳以上だったためか各々節度を保って運営されていました。

4月からここで早朝から夕方まで、いまだかつてこんなに勉強したことはないというくらい集中して取り組むことができたことが今回大いに役立ちました。

そして、もう一つが金子塾の直前的中模試でした。

勉強に使用していたテキストは平成22年当時の東○法○のもので、しかも今年も答練も受けず独学で勉強していたのですが、知人よりさすがに答練くらいは受けた方が良いといわれ金子先生の講座を紹介され、合格者の記述答案までいただいてしまったため、普段人の意見をあまり聞かない私ですが今回はさすがに断るのも気が引けて受講させていただきました(消極的な理由ですみません)。

ここ数年の資格学校の出題傾向については分からないのですが、東○法○の問題に慣れている私にとって、金子先生の問題はとても難しく思えました。

東○法○の問題は王道といったところで今まで出題された本試験問題の延長、またはパワーアップといった感じに対して、金子先生の問題は新機軸の問題といった感じでした。

だから直前的中模試の第2回の記述の建物問題を見たときも、原因日らしきものがやたら出てきて、その原因日順に4件の申請書を書かなければいけない問題にたいして、「いくらなんでもこんなに大量に書かせる問題出ないだろー」と心の中で思っていました。

結果、1件目は正解しましたが、2件目以降の申請順を間違えてほとんど点を取れず、がっくりと心が折れました。

が、しかし本番の試験で類似の問題が出題されました。

初見だったら確実に固まってしまっていたと思います。

11件は基本的事項ながら、あの本番の緊張状態の中で、しかも長文で出題されるとなかなか頭に入ってこず、解くまでにもっと時間がかかってしまっていたと思います。

自宅でストップウォッチを持って本気で取り組み、失敗した経験。

複雑な問題文を読み切れなかった経験。

類似の問題に対してこの経験を1回でもやっていたのとやらなかったのとでは雲泥の差があったと思います。

あの時、躊躇せず建物記述を書ききれたことが今回の高得点につなげることができました。

本当にありがとうございました。

最低ラインでの突破を目指していた私にとって、今回は出来すぎな感もありますが、以上2点がいつもの中途半端な私の点に加算してくれたのだと思います。

金子塾も常設となり空き室を自習室として開放するというウワサも聞いております。なかなかやる気が出ない方も周囲が真剣に取り組んでいる環境に自らを置いてみるのも一つの手だと思います。

やはり最後はいかに自分自身がやる気になるかだと思いますが、それはなかなか内側から

湧き上ってきにくく、持続させづらいものなので、外側にそういった対象を見つけてみたり、受験指導歴20年以上でありながら、まだ見たこともないような問題を出そうとする意欲あふれる先生について行ってみるのも良いかもしれません。

金子塾のますますのご発展をお祈り申し上げております。



直前的中模試受講生募集中

3月31日までにお申し込みの方には,下記特典あり。

・平成26年度本試験合格者答案進呈

・平成26年度本試験解説冊子進呈

受講料及び日程は左上バナーをクリックして,ホームページをご覧ください。

お問い合わせ,お申込みは,下記のアドレスまで。

knkclear@gmail.com

「直前的中模試」お申込み又はお問い合わせの旨と,既に私の教材を購入,講義を利用していただいている方は御名前と御住所(都道府県までで結構です。)を,初めて利用される方は,御名前,御住所(郵便番号も付記して下さい),お電話番号,メールアドレスをお伝え下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード