◆◆◆大鎧を愛でる会◆◆◆

那須与一を応援しています^^♪


テーマ:
前回の続きです^^








最初は班渓寺(はんけいじ)へ。義仲さんに関係の深い山吹姫のお墓があります。










お寺の屋根のてっぺんに笹竜胆がー( ´艸`)音譜










この辺りから一気に民家が無くなりますw 昼じゃないと絶対歩けません。










しばらく歩くと、山中に鎌形八幡神社があります晴れ今回一番来たかった場所だーヾ(@°▽°@)ノキラキラ 










うぁああああヽ(゚◇゚ )ノビックリマーク 雑誌で見たまんまの光景だよ!凄い///// 興奮するね!!
手前には義仲の産湯と伝わっている清水が…( ´艸`)ラブラブ 木曽義仲の幼名は「駒王丸(こまおうまる)」。久寿元年(1154)に生まれました。








十三歳のときに元服して「木曽次郎義仲」と名乗ったそうです。平家物語で計算すると、義仲さんが元服した頃に那須与一が生まれたことになりますねー。清盛さんが50歳位で、平家が一番盛り上がっていた頃。そして牛若丸(義経)が11歳位で鞍馬寺へ入ったのも、ちょうどこのぐらいの時期です。 義仲も与一も義経もみんな幼いなー(・∀・)ラブラブ 清盛だけ50歳とか、すんごいおじさんだったんだな…w あぁ…これからこのおじさん(と平家一族)に源氏の子どもたちが巻き込まれて行くと思うと胸が痛いあせる













それから、境内を隅々まで散策しました(‐^▽^‐)音譜小さな祠がたくさんあったのが印象的でした。蚊とスズメ蜂はセットでブンブン森の中を飛んでますので、このシーズンの神社仏閣巡りは虫との戦いでもありますね。。。私はもう慣れました←










本殿の横には、甲源一刀流奉納額がありましたキラキラ 
一番左に大きく書いてある「甲源一刀流」の直ぐ横に、薄ーく「逸見冠者義清」と見えます。甲斐源氏の祖、源清光さんじゃぁ/////// うぁああこんなところにお名前がラブラブ










それから山川を超え農道へ出て数時間…。同じ風景が続くのでこれはこれで道に迷います。人に訪ねようにも誰ともすれ違わず、地図なんて見てもどこを曲がればいいのか分からないので、結局はGPSを頼りに…(´▽`) GPSなかったら確実に迷ってたねw










大蔵館跡へ到着^^音譜 ここは義仲の父である源義賢(みなもとのよしかた)が住んでいたらしい。久寿2年(1155)大蔵合戦で甥の源義平(みなもとのよしひら)に討たれました。義平と言えば、頼朝や義経の異母兄ですね!!!













ここでやっと今日一人目の現地人(農家の人らしきおじさん)に遭遇ヾ(@°▽°@)ノ音譜おぉおお!!人間じゃ<◎><◎>!人に飢えているのでありったけの笑顔振りまいてご挨拶w←
おじさんはすれ違い様に少しお話ししてくれましたニコニコいやー楽しい。今日初めて嵐山町に住む人と話したわー(●´ω`●)ラブラブ



※近年の調査で、ここ大蔵館跡は実は鎌倉後期のものであることが判明したらしく、義賢さんと関係があったかは謎に包まれています。






それから義賢さんのお墓へお参り。この石碑の奥に五輪塔があります^^ 嬉しすぎて興奮してなぜか写真を撮り忘れるっていう謎の失態…叫びあせる 一応、県内では最古のものらしいですよ!!とても貴重な五輪塔です。 またちゃんと写真撮りに行きたいなー・°・(ノД`)・°・













お墓の向かいには、義賢・義仲・義高の『源氏三代供養塔』があります。









源氏の歴史絵巻が石碑に刻まれていました。敷地内には花がたくさん咲いててとても癒されましたよ〜コスモス













最後に辿り着いたのは菅谷神社(・ω・)/晴れ ここは畠山重忠さんが祀られてますキラキラ













境内散策して帰りました、昔ながらの何処か懐かしい神社って感じで居心地良かったです^^










久しぶりにガッツリ史跡巡りしましたw 人が殆ど歩いていないような田舎道だとドキドキ感が半端ないんですよねキラキラ 誰にも頼れない状況、自分しかいないっていうちょっとしたスリルがたまらんのですw 旅先での一期一会の出会いも楽しい音譜 これだから一人旅はやめられないニコニコ









次の日はそのまま群馬へ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。