下北沢の小さな居酒屋「金兵」(キンペイ)です。 日本酒 正一合\550~ 焼酎 90cc\450~ 酒肴 \450~ 刺身(ハーフサイズ) \700~ 天ぷら単品(2ヶ) \250~ 鮮魚・旬菜・珍味各種。 日本酒…蓬莱泉「空」(愛知)あります。 焼酎…麦・兼八(\600)、芋・三岳(\650)他。 コース料理・ベジタリアンフード・貸し切り等、御相談下さい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-18 16:58:49

花ワサビとスミイカのお浸し。逆転。

テーマ:ブログ
170218_180523.jpg
ワサビの花。「花ワサビ」と呼ばれます。
まだツボミの状態ですが、いずれ白い花をつけます。
近づくと
170218_180535.jpg
ツボミの隙間から微かに白い花弁がのぞいているのが分かりますでしょうか。
これをサッと湯に通して刻み、お浸しにします。
茎と葉と花というかツボミの部分ですが、ワサビ特有のピリッとしてツーンとくる爽やかな刺激があります。
刺身用のスミイカとそのゲソを切り、軽く和えたのがコチラ。
170218_000219.jpg
吟醸香のきいた冷酒とか余韻や膨らみのある生酒の後口をキリリと引き締め、また天ぷらなどの箸休めにもいいと思います。


全く関係ない話ですが、ここで論理学の問題です。

①「AならばBである」が正しいとき
②「BでなければAではない」は必ず正しくなります。
この①と②の関係を「対偶」といいます。
例えば、ある生き物がいるとして、「それがマグロであれば、それは魚である」が正しいとき「それが魚でなければ、それはマグロではない」も正しい、ということです。
これを①「A⇒B」、②「¬B⇒¬A」と表します。
逆に「XでなければYではない(¬X⇒¬Y)」のときは必ず「YならばXである(Y⇒X)」が成り立ちます。

ところで、世の中には因果関係というものがあると言われております。
物事には原因がある、ということで、例えば「石を投げたから窓ガラスが割れた」というのは「石を投げた」が原因、「窓ガラスが割れた」が結果です。
こういった場合も「AならばBである」つまり「A⇒B」と表します。この場合はAが「石を投げた」、Bが「窓ガラスが割れた」です。

さて、この因果関係ですが、原因と結果という言葉の意味を考えたとき、原因というのは「石を投げたから窓ガラスが割れた」けれど「石を投げなかったら窓ガラスは割れなかった」という風に、何かが起こったかどうか(石を投げたかどうか)によって結果(窓ガラスが割れるかどうか)が変わる場合に使う言葉です。
「石を投げても投げなくても窓ガラスが割れた」なら、「石を投げた」ことは「窓ガラスが割れた」ことの原因にはならない、ということです。

ということは、因果関係というのは「AならばB(これは①と同じでA⇒Bと表されます)」であり、
しかも③「AでないならBではない」でもなければならない、ということです。
この③は「¬A⇒¬B」と表されます。
つまり因果関係が成り立つということは、
①「AならばB」(A⇒B)
③「AでないならばBでない」(¬A⇒¬B)
を同時に満たさなければならないのですが、
最初に書いたように①のときは必ず②が成り立つので、実は
①「AならばB」(A⇒B)
②「BでないならばAでない」(¬B⇒¬A)
③「AでないならばBでない」(¬A⇒¬B)
を全て同時に満たしている、ということになります。

ここで③ですが、先に書いたように「XでなければYではない(¬X⇒¬Y)」のときは必ず「YならばXである(Y⇒X)」が成り立つはずですから、③が成り立つなら④「BならばAである」つまり「B⇒A」が成り立つ、ということです。
なんと、「AならばBである」という因果関係がある場合、
①「AならばB」(A⇒B)
②「BでないならばAでない」(¬B⇒¬A)
③「AでないならばBでない」(¬A⇒¬B)
④「BならばAである」(B⇒A)
が全て成り立つ、ということになります。

さあ、ここで「石を投げたから窓ガラスが割れた」という因果関係について考えてみましょう。
Aは「石を投げた」で、Bは「窓ガラスが割れた」です。
すると
①「石を投げたから窓ガラスが割れた」が成り立つとき
④「B⇒A」が成り立つのですから
「窓ガラスが割れたから石を投げた」が成り立つ、ということになるのではないでしょうか。

このように、どうやら因果関係というのは必ず逆転してしまうようなのです。
でも「石を投げたから窓ガラスが割れた」というなら分かりますが、「窓ガラスが割れたから石を投げた」というのは何か変な感じがしませんか?
「宿題をしないから叱られた」とき、「叱られたから宿題をしないんだ!」というのはやはり正しかったのでしょうか。


下北沢・和食 酒菜 キンペイ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-17 18:20:55

油断。エボダイ ウド。

テーマ:ブログ
春一番が吹いたそうですね。気温も日中は20℃くらいまで上がり、いかにも春が来たという陽気でしたが、明日は一転してまた冷えるそうですからなかなか油断ができません。

まずは共謀罪の話です。
政府は着々と法制化の準備を進めているようです。
「テロ等準備罪」という名目で、当初600以上もの犯罪について共謀罪を認めようと計画しておりました。
共謀罪というのは、例えば「実際に殺人をした(殺人罪)」とか「殺人の具体的な準備をしていた(殺人予備罪)」などのような証拠が無くても「お前たちは人を殺そうと企んでいただろう」というだけで処罰する、こういうものです。
どういう基準でどんな行為を根拠に「殺人を企んでいた」と判断するのか不明ですので、例えばちょっと「そろそろA総理には消えてもらった方がいいんじゃないの?」なんて言っただけでアウト、ということになりかねないわけです。
こういったよく分からない理由で殺人以外にも600以上の○○罪について「お前たちは○○を企んでいただろう」という具合に国民が逮捕されてしまうという、実に恐ろしい世の中にしてしまおう、という話になっているのです。

ですが、さすがの安倍政権もそんなに沢山では無理があると踏んだのか○○罪に該当するものを277件にまで絞り込むことにした、とのこと。
「テロ等準備罪」という名目ですので、ちょっとテロと結び付けるのは無理筋だなというものは外しておいた方がいいだろう、ということになったようで、逆にいえば今までは「テロ等準備罪」という名前でテロに関係ないことをおよそ350件も盛り込もうとしていたわけですから、言ってみれば詐欺のようなものであります。
まあ、それはともかく、当初の半分以下にまで絞り込もうと、そういう話になってきたようです。
とはいえ、どういった事実を根拠にどういう基準で「○○を企んでいる」と判断するのかは依然として不明でして、ということはその277件を幾らでもどうとでも拡大解釈できてしまうわけですから、実際のところ数が減ろうがあまり意味の無い話だとワタクシは思います。

さて、この「テロ等準備罪」ですが、「一般の人は対象にならない」と言われております。これはどういうことかというと、要するに「テロリストと見なされていない人には適用しませんよ」ということでして、テロリストと認定されていなければ「A総理は云々」と言ったとしても大丈夫、ということです。

しかしです。では一般人とテロリストとは誰がどう区別するのでしょうか。
例えば警視庁に極左暴力集団と指定されているとか、何らかの条件があらかじめ決まっているのとでしょうか?
なんと、安倍政権の方針としては、これが実に恐ろしいことに「正当に活動する団体が犯罪を行う団体に一変したと認められる場合は、処罰の対象になる」ということになっているようです。
これ、「正当に活動する団体」というのは「犯罪を行う団体」と対比されていますので、要するに「犯罪組織でない団体」ということです。で、「犯罪を行う団体に一変したと認められる場合」というのは「犯罪組織になったと判断できる場合」ということです。
つまり「『これまで犯罪組織と判断されていなかった』団体も、『後から犯罪組織と判断できた場合は』共謀罪で処罰する」と書いてあるわけです。
「これまではどうであっても関係ない。犯罪組織だと『後から』認定して共謀罪で処罰できる」と書いてあるのです。
捕まえてから判断を変えることができてしまうわけです。
ということは、テロリストと認定されていない一般の人がA総理の悪口を言ったとしても、捕まえた後からその人のいる団体をテロ組織に認定してしまえばいい、ということも、もしかしたらあり得るわけです。
一般人かテロ組織のメンバーか、この判断を後から変えることができてしまうとなると、これは大変な話なのです。
一見するとデタラメに何でもかんでもテロ組織と認定することは難しいかもしれないけれど、しかし実際、誰が何を基準にどうやってテロ組織という認定をするのか、これがよく分かっていないのです。
ということは、率直に言ってデタラメに何でもかんでもテロ組織と認定することができてしまうかもしれない、ということです。
あまりに不透明です。

しかもこれ、なぜ「犯罪を行う団体」という書き方をしているんでしょうね。一応、テロ等準備罪というテロ関係の法律なんですが、テロに関係ない犯罪組織だったらどうなるんでしょうか。「テロ関連の組織とされていない団体がテロ関連組織になったと認められる場合」という書き方じゃないところにも、もしかしたら何か思惑があるのかもしれません。
どうも胡散臭さがプンプンで、こちらも油断ができないのであります。


170214_225211.jpg
佐島のエボダイ。可愛いですね。
白身の魚で、しっとりとした上品な身質です。
170214_231433.jpg
塩焼き。
小型の魚ですのでそのまま焼きます。
三枚におろして揚げ物にしてもいいですね。
骨の付いた魚が苦手な方にはその方がオススメかも。

こちらは
170217_012537.jpg
ぶつ切りにしたウドを直火で焦がすように焼いたものです。

火からおろして皮をむき、適当に切ります。
170217_012756.jpg
ウドのような野菜も焼いてみると結構甘味が感じられるものでして、持ち味のホロ苦さと相まって冷酒にもウイスキーにもよく合います。
フキノトウを刻み込んだ味噌を添えておりますが、こちらはウドにつけて召し上がっていただいても、そのままでも肴になることうけあいです。


下北沢・和食、酒菜・キンペイ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-14 18:09:37

タケノコ。本マグロ。

テーマ:ブログ
タケノコ入荷です。
170214_173558.jpg
福岡県産。

まだ2月だというのにタケノコ。実は市場では年末あたりから出始めてはいるのですが、「ちょっと季節感的にどうなの?」という思いもあって仕入れておりませんでした。
実際にあるのだから季節感もヘッタクレも無いような気もしますが、やはりタケノコといえば春から初夏の味覚という先入観があるわけです。
ところが最近、非常に小型のタケノコが出ておりまして、「そうそう、コレだよこの時期は」と我ながら妙な納得をした結果、わざわざ小さいのを仕入れることにしたのであります。
170214_173619.jpg
それなりの大きさのものも市場に並んでいるのに、季節感という先入観のためにわざわざ小さなものを探して仕入れるというのは誠に本末転倒といった感じもしますが、小さなタケノコには小さなタケノコならではの味わいがあります。
170214_174815.jpg

当たり前ですが、皮を剥くと一層小さくなってしまいますので使い道が難しいところです。
さて、このサイズのタケノコ特有の繊細な食感をどう生かすか。
170213_233256.jpg
例えば、このように焼き魚と組み合わせてみたりすると色々な意味でコントラストが楽しめるのではないでしょうか。
どちらもタレを塗って焼いておりますが、魚は焼き物にするとモッチリとした弾力のある本アラでして、小さなタケノコの軽いサクッとした歯触りとの対照が面白いと思います。
ちょっと動物性の肉にも似たアラの熟成した旨味に対抗するように、小さいながらもしっかりとタケノコらしい風味を主張してくるのがまた可愛らしいヤツであります。


こちらは長崎・壱岐の本マグロ。
170210_174946.jpg
最近は本マグロの気に入ったものがなかなか見当たらず、本マグロの子供のメジマグロを多用しておりましたが、久々に大人の本マグロを仕入れました。
大人とはいえさほど魚体は大きくないですが一番手の部位です。
赤身は色濃く味もしっかりしています。
トロの方は細かく脂が入っていながら軽やかな味わいでしつこくありません。
ブロックの反対側はこんな感じの霜降りです。
170210_174957.jpg
赤身とトロの盛り合わせでお出しします。個人的には今回のマグロは赤身の方がインパクトが強いと思います。


下北沢・和食・酒菜・キンペイ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。