ドナルド・トランプ米次期大統領は23日、

新政権の国連大使に

南部サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事(44)=共和党、

教育長官には実業家で教育活動家のベッツィ・デボス氏(58)=同=を起用すると発表したそうです。

 

毎日新聞によると、

これまで閣僚や要職に起用した5人は白人男性だったが、

今回の2人は女性であり、

ヘイリー氏はトランプ氏を批判してきたインド移民2世で非白人。

女性蔑視発言や排外的なイメージを和らげ、

融和姿勢を印象付ける狙いもあるとみられるようです。

 

トランプ氏は最近、おとなしくなったような気もしますが、

TPPから脱退を表明したとか、

強気な発言はまだ健在ですね。

 

 

 

 

AD