いかに、ネットが普及していても、地方アーティストが、その土地だけで活動して、人気を出すのは難しいことです。




地方のアーティストが、そこにいながらどうやって、全国に広がっていくことができるでしょうか?




それは、自分が東京の中心にいて、いかに発信するかをイメージすることです。





もし、あなたが東京にいることをイメージしたら、僕は岡山で活動する〇〇です!とは、言わないと思います。





活動が軌道に乗って来たら公言するのは、ありだと思います。




ただし、気をつけないといけないことが、SNSの使い方。データによれば、SNS利用者の8割が東京の方で、2割が地方の方。(ファンベースという新書からです)





この図式を知っていれば、SNSの使い方、地方には何が有効なのか、わかるでしょう。





地方から、全国に発信するには、地方で頑張ってますと、できたら言わない方がうまくいくケースが多いです。





図式としては、東京で、盛り上がらないと、地方でも盛り上がりません。





東京→地方へと、広がります。
ちなみに、大阪は、巨大な地方都市という意識です。






そして、ライブ動員は、東京を10としたら、大阪が5、残りの5都市が2、残りは1以下の割合になります。
これは、僕が今までツアーを打って来たデータです。
参考になればと思います。




案外売れた方は、実は地方出身って方も多いですが、みなさん売れてから知ることが多いようです。



つまり、大抵の人が、東京在住と思われているのです。




僕もO’dileのライブ活動で頑張ってます!