今日は、ママの38歳の誕生日。

女の歳をバラすなよ…と、突っ込まれそうですが、ママがこの世に生まれて来てくれたとても大事な日。
14年前のこの日に撮った写真のママは人生で最高に幸せだった日。って言ってたね。
僕もそう思う。僕にとっても、ママにとってても。

では、今はどうなんだろう…。
最高に幸せ…ではないけど。今を生きています。

以前、時薬について触れた事はあるけど効力として考えると効果はあったようです。

ママがお空に帰って僕は全てを失った。そう思っていたし今もそれは、残ってる。でも、あの時の様に急に涙したり、どうしようも無い悲しみに取り憑かれて自分の存在さえどうでも良くなったり思う事は少なくなったと思う。

哀しみ方は人それぞれですが、大きな波として来る訳ではなくて、じわりじわり。とゆっくり深く感じる様になりました。
話をしたい事、話を聞いて欲しい事。相談したい事。まだまだ沢山あるよ。

今思うことは、やっぱり後悔しかない。
あの時、やれる事は全部やったつもり。沢山考えて最良の答えを出したつもり。でも…やっぱり自分を良くやった。と思う事は出来ない。
あの時、こうしていれば…。その思いが消える事はこの先も無いんだと思う。

ママがお空に行ってしまった…その原因は僕にあるんだと。
ごめんね…。
本当に、ごめん。

あの時、もっと早く気付いてあげられたら…
あの時、もっと真剣に聞いてあげていたら…
そして日々の生活も…
もっと、家事や育児も手伝ってあげて休ませてあげられたら…。
入院している時も…寂しかった、心細かったと思う…
もっと側に居てあげたかった…。
もっと、冷たい脚、だるいって言っていた脚をマッサージしてあげれば良かった…。
もっと、触れてあげれば良かった…。
そして、ママとの約束。
頑張って頑張って治療して、頑張り切ったら…楽にしてね…って。
これは、自分のエゴを出してしまって本当にゴメンね。
もっと早くにポスピスに連れて行ってあげるべきだったと…。
でもね、どうしても自分の決断でママの生命のリミットを決めることが出来なかった…。
あの時もそう。
ポスピスで、モルヒネの量を増やしましょう。
楽にしてあげましょう。
そう言われても、本当は嫌だった。
苦しそうなママ。辛そうなママ。それを見るよりも、ママという存在を失う事の方がよっぽど怖かった…。
ママの気持ちよりも、自分の気持ちで、いっぱいになっていた事。本当にすまないと思っているよ。本当にごめんね…。

お誕生日の日に、おめでとう。では無くて、ごめんね。って言う僕は未だ考えが自分本位なのかも知れない…
だけど、これが正直な気持ち。
この思いは恐らくずっと消えないとも思っています。
唯一、消えるとしたらママと再会を果たした時なのかも知れません。

そんな思いを抱えて、いつか再会を果たせる日をずっと待っています。

だけどね…。

これからの残りの僕の時間を消化試合にする様な考え方は少し消えてきました。
それは、きっとママ本人が一番悲しむ過ごし方だと思うから。
ふとした時に思い出すママの顔。
キッチンのカウンター越しに僕とそーちゃん。りちゃん。を見ながらニコニコ。
そんな顔を最近、よく思い出します。

やっぱり、ママには笑顔でいて欲しい。
私のせいで…。って思わせたく無い。
そう思うと、少しですがやりたい事、自分の事も考えるようになりました。

僕の中の優先順位は、そーちゃん。りちゃん。それは変わらないのですが…。

それが僕なりに考えた、前に進むと言う事。なのかもしれません。

子供達と一緒に。前を向いて生きたいと思っています。
子供達の成長に負けない様に。僕も頑張ります。

最近…そーちゃんの人としての成長が著しく嬉しく思ってます。
あんなに空気読めない…だったのに…(笑)
弄っても、返しが良いし。

ママ。見たら驚くよ。きっと。(笑)

りちゃん。相変わらず…いや更に自己中心的な考え方になりつつ有り…最近。手を焼いてます。
ママ…僕。困ってます(笑)

いつも、見てくれてるかな?それも。

ママと逢える日まで、沢山。お話のネタは作っておくから。
ずっと待っててね。
僕のこの世に居る存在の使命を果たしたら。必ず逢いに探して行くからね…。

お誕生日。おめでとう…。
生まれて来てくれて、僕と出逢ってくれてありがとう…。