アラサー看護師佐藤ちゃん、貯金する。

アラサー薄給看護師。
2年お付き合いした本田さんと晴れて夫婦になり、
現在は新婚旅行のためにせっせと貯金をしております*
何事もすんなりとはいかない私の人生、山あり谷あり。


NEW !
テーマ:

 

 

 

以前、騒音トラブルでにより入居してすぐに引っ越す決断をした私たち。

(そのときの記事…その①/その②

 

 

 

金銭的な負担が大きく、簡単な決断ではなかったものの

思い切った甲斐があり、今では静かな暮らしと精神的安寧を得ることができました。

 

そして現在のマンションに越してきて2ヶ月が経ち、

そんなことも忘れていた時のことでした…

 

 

 

消えた7万円

 

 

ある日

家賃が引き落としされる口座の残高が、明らかに少ないことに気づきました。

 

 

翌月の家賃は前の月の月末に引き落とされるのですが

その日はまだ月末ではなく、来月分の家賃がまだ引き落とされていないはずなのに

口座内にはそれだけの金額が入っていないのです…

 

{85AB7FFB-DDD0-416A-B847-BC8DF8F1D3A3}

↑蘇る悪夢

(過去にお金で辛い目にあった人)

 



そしてよくよく通帳を見てみると

退去した一ヶ月後に、以前の管理会社から家賃が引き落とされていたのです。

 

すぐに以前の管理会社に電話をして確認したところ

「今確認したところ、手続きが間に合わずに引き落としされてしまったようです。」

と言われました。

 

 

 

いや、仮にそれが本当だとして

私が今日連絡するまでの1ヶ月間、一体何をしていたの…?

 

誤って引き落としてしまったのであれば、その時点ですぐに連絡して返金すべきではないの…!?

 

 

 

騒音問題で募っていた管理会社への不信感が、またもくもくと頭の中に渦巻いていきました。

 

 

 

 

「すぐに返金いたしますね!来週の月曜には振り込まれるようにしておきます!」

 

 

とくに謝罪等もなく、電話の向こうのお姉さんに”すぐに返金する”と明るく言われました。

いろいろ思うところはありましたが、ツッコミどころがありすぎて脳内の処理が追いつかず←

とりあえずは返金されるのを待つことにしました。

 

 

 

 

対応は、ひどい有様…

 

 

まぁ、予想通りなんですが

振り込むと言われた日には入金がありませんでした。

 

 

あの管理会社が日付を守るはずがない、とは思っていましたが

「ほんとに守らんのかーい」と一人でツッコミました。←

 

 

そして数日して再度確認すると、入金はされていたものの

間違って引き落とされた額は7万円に対して

入金されていたのは6万8千円。

 

 

 

 

 

おい、2千円どこいった…?

 

 

 

 

 

通帳を見た私はイライラが収まらず、

旦那さんに相談しました。

 

 

 

普段優しい旦那さんも、

管理会社の謝罪のカケラも感じられない対応には、さすがに怒りました。

 

 

「明日休みだから、話つけてくる!」

 

 

{C53F55FA-8F4E-49AF-991D-7A51C1FFFF94}


男らしい彼に、私のイライラとモヤモヤもひとまず落ち着きましたが

相手はちょっと普通じゃない管理会社(つω-`。)

おかしな言い訳をしてこないか…と心配していました。

 

 

 

想像を超えた言い訳…

 

 

 

 

当日、話をしてきた旦那さんによると

管理会社は「その2千円は、間違えて引き落とし手数料を2倍いただいてしまったもので…」

と言ってきたそうです。

 

 

間違えて手数料を2倍引き落とすなんて、何をどう間違えるのかも理解できませんが

(というか2倍にしても高すぎないか…?)

そもそも本来であれば引き落とされる必要のない家賃。

なのにそこから手数料を引いた額のみを返金するなんて、それこそ意味がわからない…

 

 

もちろん、その手数料分もしっかり返金してもらいました。

 

 

 

普通では考えられないようなことが起こり、

私の頭はずっと現実に追いついていきませんでした。

いや、今でも「そんなことがあり得るかよ!」と言いたい程です。

 

今後このようなことがなければいいですが、相手は普通の会社ではありません。

また勝手に引き落とされるのでは?と不安になります。

 

 

 

 

 

騒音問題の対応に、

住んでいないアパートの家賃の引き落としと

とにかく不信感しかない管理会社。(大手の会社ではありません)

 

 

本当に早々に引っ越してよかった…と思いました。

 

 

 

 

みなさんも、こんな管理会社にはお気をつけくださいえーん

 

 

 

 

 

 



↓応援してもらえると嬉しいです♩

この度、結婚しました*

家計管理・貯蓄ランキング、参加中です!




AD
いいね!した人

テーマ:
 
 
 
 
 
最近記事にするほど夕飯の画像を撮影していなかったんですが…
その原因は週に1~2回は鍋にしているため
写真をとってもどれも同じにしか見えないためでした。笑
 
 
{2DF3E74E-E3EB-4BC8-8678-338E0299356F}

 
鍋はあったかくておいしくて野菜もとれて簡単で
もう言うことないです。ありがたいです。
旦那さんも鍋大好きなので、助かってます•٩꒰。•◡•。꒱۶
 
 
 
 
 
 
{0F422E24-49FF-4867-8C54-4EF96E6489C8}
鮭のムニエル
(レモンがでかいのか、魚が小さいのか、果たして←)
さつまいものレモン煮
かぼちゃスープ
卵とハムとキャベツのココット
 
 

 

 

{C4A6498A-6B0E-4421-A910-1790C442CB45}

ささみ梅シソチーズカツ(食べ始めてるー!)
かぼちゃの煮物
さつまいもごはん
にんじんのオリーブオイルソテー
味噌汁
 
 

 

 

 

{0EBC872E-909D-410E-B930-5503F8CDEC28}

豆乳シチュー
ポテトサラダ
長いもガーリックソテー
にんじんラペ
(全体的にモゴモゴ系…)
 
 

 

 

 

{D0A3E7AF-2CA4-42CE-856B-966DE1653CF6}

ヒレカツ
ほうれん草とベーコンのソテー
ポテトサラダ
味噌汁
(このあと急いでトンカツソースを作りました。忘れてた。)

 

 

 

 

 

 

 

{EBBBAFD5-3D44-412D-AAAD-5AA63E715102}

豆苗もりもり、塩レモン鍋(だけー!)
 
 

 

 

 

{23F0E2F5-52FB-4D14-BD92-3587B758ADB8}

ドライカレー
キャベツとわかめのやみつきサラダ
長いもバター醤油
なめこと卵のスープ
 
 
 
 
 
少し前に
「佐藤の夕飯を見ていると、自分も”忙しくても料理を頑張ろう”と思える」
というメッセージをいただいて、
とても嬉しい反面、なんだか申し訳なくなりました…!
 
 
 
実際には
疲れた日はあまり遠慮せずに「外食しよう」と言っているし、
冷凍餃子をおかずに白飯を食べたりもするし、
でもそういう夕食はブログにあげていないので…(つω-`。)笑
 
 
 
しかしそういう時も、旦那さんは文句ひとつ言わないし
全く嫌な顔せずに
「いいね、今日は息抜きに外食にしよう!」と言ってくれるので
私も負担を感じることなく過ごすことができるのだと思います。
 

 
お互い働いて、お互い頑張っているんだから
どちらかが極端に家事を負担したり、無理したりすると
長く続けられないなぁ…と思っているので
私もしっかりと甘えさせてもらっています。笑
 
 
 
これからも私たちなりの”いいバランス”で生活していきたいです*
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



↓応援してもらえると嬉しいです♩

この度、結婚しました*

家計管理・貯蓄ランキング、参加中です!




AD
いいね!した人

テーマ:


 

 

 

 

 

 

旦那さんとは週に1度、1日だけ

一緒にランチを食べられる日があります。

(私の仕事が半日で終わる日です。)

 

 

 

{A77486AE-4025-4D9A-BC1E-733AC3C38BC9}

↑そして唯一、旦那さんに「おかえり」と言ってもらえる日でもあります。





 

 

ランチデートは楽しいけど、

毎回外食ばかりじゃお金がかかってしまう。

だけど半日仕事を終えたあとから作り出すなんて、そんな元気ない←

 

 

 

 

 

そんな私に、リクルートから突然

4,864円分の”じゃらん限定ポイント”

がプレゼントされていましたラブ

(たぶん以前の旅館を予約した時のものだと思いますが、すっかり忘れていました。)

 


 

 


 

そのポイントとクーポンを使って

たったの100円

ホテルのランチへ行くことができたのです…!

 

 

 

 

 

メインは蟹のパスタで、

サラダ&デザートビュッフェまでついてました!!

{B6898373-9E2F-4DB6-B06C-66526CA12C1B}


 

 

 

 

 

 

予約したときの画面はこんな感じです!

 

{11EB1148-120F-40CF-B8BE-C8959043A0AB}

↑支払いは0円にはできず、最低100円の決済が必要です*

 

 

{BDFA97AF-BE6E-41B5-AE87-011DEF9467E7}

↑同時に使ったクーポンはこちら!

 

 

 


実は今まで”じゃらん限定ポイント”は

宿泊予約にしか使えないと思い込んでいたため、

かなりの額を無駄にしていました。

 

あの時、こんな風に使うことができると知っていれば…!!

 

 


 

 

ちなみに旅館予約で貯めたポイントは

”じゃらん限定ポイント”だけではなく…

 

予約時にちょびリッチを経由したことで、

1,520円分のポイントもGETしておりました!!

 

{A280C688-BCC0-462F-A228-F4E2CE6BD720}

予定明細にのらない広告だったけど、ちゃんと反映されててよかった…♪



ちょびリッチはこちら*

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 

 

 

 


ステキなホテルランチで

お腹いっぱい幸せいっぱい♩

 

 ポイント様々でした♡


{F19FF34B-E21B-47B2-88B4-E349459B639F}
↑ランチの後、お願いしてプリクラ撮ってもらいました。
ア、アラサーだけど…許して…笑


 


 






 



↓応援してもらえると嬉しいです♩

この度、結婚しました*

家計管理・貯蓄ランキング、参加中です!




AD
いいね!した人

 

 

 

 

 

 

 

「すいません。もう看護師を辞めたいです。

 

 今年いっぱいで、退職させてください。」

 

 

 

 

 

 

 

前回の記事はこちら

 

 

…これは、急に思い立ったようで

実はそうでもなかった決断でした。

 

 

 

 

家を建てるまでは看護師として頑張る、と目標を立てていたものの

ここ最近は旦那さんに

「ある程度新婚旅行貯金の目処がついたら、もう看護師は辞めようかな…」

という話もしていたので

そういう気持ちが大きくなっていたのは間違いなかったと思います。

 

 

 

 

 

「どうした?もしかして今日のこと?

 

 もし、それが理由で辞めたいと思っているなら

 あまりにも勿体ないので 考え直してほしいけど」

 

 

 

 

 

院長は私にそう言いました。

 

 

 

 

 

…私は、結局のところ

自分が傷つくのが嫌で看護師を辞めたいのです。

 

私がいることで、病院に迷惑がかかる…という気持ちはもちろんありましたが

実際は自分のことを守るので精一杯でした。

こんな人間が他の仕事でうまくいくとも思っていませんでしたが

とにかくその時は ただ看護師という仕事から逃げたいと思っていたのです。

 

 

 

 

 

院長は、度々弱音を吐いてきた私を約6年間見てきています。

普段は小姑みたいで「合わない」「嫌い」と言っている院長ですが

この時は私の突然の電話に とても丁寧に対応してくれました。

 

 

 

 

 

 

「佐藤さん、あなたは確実に成長しているよ。最初とは全然違う。

 自分を責める癖があるけど、基本的には前向きだと思う。

 そうじゃなければ資格の勉強なんてできないだろうし

 クリニックでは実践できない内容を勉強するのは大変だったと思うよ。

 

 佐藤さんの内視鏡介助はこちらもとてもやりやすいし

 僕は頼りにしているんだよ。」

 

 

 

 

「辞めたい」という気持ちで投げ捨てようとしている、看護師の自分。

これだけ年数が経っても認めてあげられない、弱い看護師の自分。

 

 

{38AC1285-A659-4618-9243-54C72AF6AB1A}

 

 

 

 

そんな看護師としての私を認めてくれる人が こんなにも近くにいたのです。

これはどんなに仕事のできる看護師でも、すぐに得られるものではなく

こんな私が不器用なりに、出来ないなりに、たとえ嫌々でも

約6年、ここで働いてきたという事実が生んだものだと思います。

 

 

 

 

 

「患者さんに認められようとしなくていい。

 足りないところはスタッフ同士補えばいい。

 今は辛いだろうけど 大切なのはこの先の自分がどうなっているかじゃないかな。」

 

 

 

院長にそう諭され、

電話中ずっと泣いていた私も、最後は落ち着いてきました。

 

 

「とりあえず、明日は元気に仕事に来れるか?」

 

「…はい、わかりました。すいませんでした、ありがとうございます。」

 

 

 

 

 

その電話が終わった後、その日の事を心配してくれていた職場の先輩ナースにLINEをしました。

 

「私のミスで、先輩の負担を増やしてしまってすいません。いつも迷惑かけてばかりで。」

 

…するとすぐに

 

「迷惑だなんて思ったことないよ。私もフォローしてもらっているし、気にしないで。

 早く寝るんだよ。また明日ね。」

 

と返ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、もう 十分わかっていました。

これが当たり前ではないことを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、帰宅した旦那さんに事情を説明しました。

 

 

 

 

「よかったね、佐藤ちゃん。

 素敵な人に恵まれて。

 ”辞めたい”という人に、そんな言葉をかけてくれる人はなかなかいないよ。

 辞めたいならどうぞ、っていうところが大半。

 佐藤ちゃんはいい人に支えられているよ。」

 

 

 

{50B73439-6E9C-4DF4-A9E3-D3B5E12915DC}


 

旦那さんの言う通り、私は素敵な人に恵まれています。

こんなことにならないと気が付けないなんて、とても情けないです。

しかしこんなことになったからこそ

自分がいかに周囲に支えられているかを知ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

今の病院から逃げたからって、楽になるわけではありません。

看護師として働いている限り そんな患者はどこにでもいるし

人と接する職業でいる限り そんな人はどこにでもいるし

生きている限り どこかでそんな人と出会ってしまう可能性はあるのです。

 

 

 

 

逃げること自体は悪いことだと思わないけれど

自分が弱いままでは、また同じような出来事に直面し

同じ決断を繰り返してしまうかもしれない…

 

 

 

少しずつでいいから、もっと強い自分になりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の事になると、いつもこんな内容ですいません。笑

葛藤しながらも少しずつ自分の職業と向き合っていきたいという、

どちらかと言うと前向きな気持ちで書いています…*

 

 

 

 

 

 



↓応援してもらえると嬉しいです♩

この度、結婚しました*

家計管理・貯蓄ランキング、参加中です!




いいね!した人

 

 

 

 

 

以前、こちらの記事に書いた患者さんが、

今月も診察にやってきました。

 

 

 

 

相変わらず怖い顔で座っていましたが

前回採血をしているため、今回は特に関わることもないだろう。

と、私は安心しきっていました。

 

 

 

 

何事もなく終わると思っていたのに…

 

 

 

 

しかし診察室に入るなり、おじいさんは院長へ文句たらたら。

 

 

「前回のあの女はダメや、採血もできないようじゃ看護師じゃない」

「採血できないってねぇ、職務放棄でしょ。あいつクビにしなよ」

「そうでなきゃ看護師辞めろって話だね!使えねぇ!」

「チャレンジもできないようじゃ終わってるよ」

 

 

それはもう大きな声で。

病院のスタッフ皆に聞こえていました。

 

 

私は診察室から見えないところに立っていましたが

心臓がバクバクして、その時は何も考えられませんでした。

 

院長は優しく「チャレンジするかしないかはケースバイケース。○○さんの血管はそれくらい出ていないんだよ。」

と言いましたが、おじいさんは話しているうちにまたヒートアップしてきたのか

さらに私への文句を続けていました。

 

 

 

 

 

 

幸いその後すぐに終業時間となり、なんとかこらえて帰りましたが

車に乗った瞬間からまた悔し涙。

拭いても拭いてもとまりませんでした。

 

 

{66E51C6D-352E-47DE-955A-AA5695531E9E}

 

 

 

 

 …泣いてばっかりですんません。情緒不安定かっ。

 

 

 

 

針を向ける側だって、楽ではない。

 

 

患者さんは皆、それぞれ好きなことを言います。

 

 

チャレンジして、一度ミスするとその後採血をさせてもらえないこともあったため

(※こちらの記事

難しそうだと思ったらチャレンジせずに、血管をつぶさずに成功できる可能性の高い人に代わってもらえば

「職務放棄だ」と言われる。

 

 

 

 

そして

「プロだからミスしなくて当たり前」

とプレッシャーをかけ

相手を委縮させ

ミスをすると「お前なんて看護師辞めろ」と言うのです。

 

 

 

 

血管の出具合はいつでも一定ではありません。

その時の体調によって、普段よりよく出ていたり、全く出なくなったりします。

脱水状態であれば血管は収縮し、弾力がなくなり、触れなくなることもあります。

貧血の方だと弾力がない上に刺しても逆血が弱いこともあります。

繰り返し刺されている部分であれば、血管も皮膚も硬くなり、一発で血管内に針を入れることが難しいこともあります。

人や状況によって様々であり、「いつもここで成功しているから、ここであれば必ず成功する」というものではありません

 

 

{656D5AE0-81A5-420E-9400-9C8A58F6E2FF}

 

 

 

…そんなこと患者さんは知る由もないため

成功しなければ「ヘタなナースにあたった~」と思われるのは仕方ないです。

しかしそれをわざわざ

”かかりつけの病院内で、周囲に聞こえるように怒鳴りつけながら言う”

という心理は、私には理解できません。

 

 

それがもし「身体を傷つけられた仕返しに、心を傷つけてやろう」という心理だとしたら

私はもう、怖くて患者に針を向けられません。

 

 

 

針先に神経を集中させて

痛くないように、と思いながら刺したとしても

全員同じようなリアクションは返ってきません。

うまいね、と言ってくれるひともいるし

痛かった、というひともいます。

 

 

 

 

私にできる事は、「なるべく一回で刺すこと」

必要最低限の侵襲で、検査を終えてもらうことだけです。

そのため今回の「刺す前に代わってもらう」という判断は間違っていなかったと思っています。

 

 

 

 

 

しかしここまで罵られたことで

今まで溜めこんでは吐き出してきた、看護師への負の感情が溢れだしました。

 

 

 

 

 

 

 

…もう辞めよう。

最初から向いてなかったくせに

ちょっと粘りすぎたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は家について一旦落ち着いてから

院長に電話をかけました。

 

 

 

 

 

 

 

「すいません。もう看護師を辞めたいです。

 

 今年いっぱいで、退職させてください。」

 

 

 

 

 

 





 

 

 …次の記事に続きます*

 

 

 

 



↓応援してもらえると嬉しいです♩

この度、結婚しました*

家計管理・貯蓄ランキング、参加中です!

 
 
 
 
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。