こんにちは。

 

ゆきこです。

 

 

・・・・・・・・・・
 
23日(月・祝)秋分の日の 魔法のシェア会の受付は今日までですラブラブ
 
9月分のUMIカウンセリングは満席となりました。10月分は9月30日受付開始です。
 
・・・・・・・・・・

 

 

 

子どもたちが不登校になってから

 

知り合いに会うのを微妙に避けていた私…。

 

 

 

不登校を知られたくない…

 

知っているかもしれないけど、その話題にふれられたくない…

 

そう思っていました。

 

 

 

『子どもが不登校なんて恥ずかしい』

 

って思ってたから。

 

 

 

 

ホントは

 

不登校が問題なのではなく

 

不登校を問題だと感じていた私がいただけ…

 

だったんだけどね *^ ^*

 

 

 

その氣持ちがようやく薄れてきていたある日

 

電車で微妙に知り合いのママ友に会いました。

(微妙に知り合いってとこ、ポイントね!)

 

 

 

話の中で

 

「そうそう、うちは下の二人が学校行ってないんだけどね~」

 

と言うと

 

めっちゃ引かれました ( ゚ロ゚)!!

 

 

 

さーーーーーーーーって音が聞こえたかと思ったくらい!! 笑

 

 

 

 

その後は

 

私から不登校の話が出ないように

 

めっちゃ氣を使われているのを感じました。

 

 

 

ああ、そうだよね~

 

不登校って、ふれちゃいけない話題だよね~と

 

改めて実感しました 笑

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

自分の中の制限

(自分だけのものの見方、自分メガネってやつですね。ブロックとも言います)

 

に向き合ってきて

 

『不登校は恥ずかしい』

 

っていう氣持ちは

 

だんだんゆるんではきたものの、

 

息子たちの氣持ちを優先しなければ…

 

行きたくないという氣持ちをわかってあげなければ…

 

という思いが大きかった私は

 

学校に行ってほしい、とか

 

外に出てほしい、とか

 

そういうことを思うことも

 

自分に禁止していました。

 

 

 

でも、心の底では

 

外に出てほしい!

 

友達と仲良く遊んでる二男や三男を見たい!!

 

ってめっちゃ思ってました。

 

 

 

そんなの、当たり前だよね。

 

 

 

学校に楽しくて通ってる中学生や高校生を見て

 

羨ましい~って思うよね。

 

 

 

過去の私と同じように

 

思うことさえダメだ…って思ってしまっていたら

 

その氣持ちを

 

大切にしてあげてください。

 

 

 

「行ってほしいよねぇ」

 

「元気に楽しく学校に行ってるとこ、見たいよねぇ」

 

って

 

自分で自分に言ってあげてください。

 

 

 

 

まず

 

私が無理しないこと

 

我慢しないこと

 

私が言われて嫌なことを私が私に言ってしまわないこと

 

私が心地よく過ごすこと

 

私が機嫌よく過ごすことが

 

家族の心地よさに繋がっています

 

 

 

自分のご機嫌、自分でとっていきましょうね (*´Д`)

 

 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
それは子どもとあなたへのギフトに必ずなりますドキドキ

 

 

 
 
自分を大切にするってどういうこと? 丁寧にお伝えします♡

 

 

満席となりました。ご検討くださったみなさん、ありがとうございます♡

UMIカウンセリング

 

 

いつでも受け付けてますよ~!

ZOOMセッション・LINEセッション

 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
 

 
 

こんにちは。

ゆきこです。

 

 

 

・・・・・・・・・・
 
23日(月・祝)秋分の日の 魔法のシェア会の受付は今日までですラブラブ
 
9月分のUMIカウンセリングは満席となりました。10月分は9月30日受付開始です。
 
・・・・・・・・・・

 

 

 

尾道日帰り旅 ①では

 

私は息子たちの影響もあって

 

自分のやりたいことを仕事にしていて自由に生きてる男のひと

 

を、実際に見てみたかった…ってことがわかったワケですが。

 

 

 

そもそも

 

私が持ってる

 

周りの男のひとのイメージは

 

我慢

苦労

忍耐

 

 ( ; ゚Д゚)

 

 

 

完全に昭和初期のイメージ… (^-^;

 

 

 

でも

 

映画監督さんたちや

 

イベントに来られていた男性のかたは

 

髪型や服装からしても

 

なんか違う…

 

 

 

あ、もちろんいい意味で!!

 

 

 

醸し出す雰囲氣が

 

やっぱ、自由~~~ (*´Д`)!!

 

 

 

こういう生き方もありだな~

 

こういう生き方してるひと、実はたくさんいるんだな~

 

 

 

私の中のイメージがぐるん!!っと書き換わった感じ。

 

 

 

やっぱり実際に会う、って

 

すごくいいね♡

 

 

 

 

 
 
最近はこうして
 
私の楽しみのために
 
遊びに行ったりしても
 
罪悪感を感じなくなってきてるけど
 
以前は
 
それはそれは
 
罪悪感のカタマリでした。
 
 
 
夫に対して申し訳ない
 
子どもに対して申し訳ない
 
両親に対して申し訳ない
(同居なので)
 
 
 
私が遊びに行くことは
 
私にとって”悪”だったので
 
誰にもバレないランチなら行けたけど
 
夜、出かけるとか、したことなかった。
 
 
 
そうやって隠してると
 
まんまとその日に夫が急に仕事が休みになったり
 
子どもが熱を出したりしてたな~
 
 
 
かなりの確率で (゚д゚)!
 
 
 
これって
 
「バレたら行けなくなる」って心の中でずーっと不安に感じてるから
そうなる現実を引き寄せてたんだ!!!
 
ってわかったときには、自分の引き寄せ力の高さにビックリ 笑
 
 
 
罪悪感の中身を解消しつつ
 
実際に出かけてみる、っていう行動をした結果
 
ずいぶん行動範囲が広がってきて
 
誰もダメなんて言わないし
 
ダメだって決めてたのは私だけなんだ
 
ってことが
 
どんどん腑に落ちてきてる♡
 
 
 
前は一人で喫茶店にも入れなかったもんね~ (^-^;
 
 
尾道駅にあるカフェ&グリルNEO
本を自由に読めるスペースもあって、私には天国~~♡
 
 
瀬戸内の味覚を味わえて、レンタサイクルもあるよ!
 
 
 
新しくなった尾道駅のショップ紹介
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
お店の中のタイルがかわいい~♡
 
 
 
不登校の子どもたちがくれるメッセージ
 
もちろんたくさんあるんだけど
 
お母さん、もっと自由になっていいんだよ~
 
ってことを
 
体を張って見せてくれてる
 
 
 
親に対してのメッセージだけじゃなく
 
もちろん子ども自身も
 
不登校によって得たものが
 
たくさんある
 
 
 
失くしたものばかり数えてないで
 
得たものってなんだろう?
 
っていう視点があってもいいよね音譜
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
大学2年のうちの長男
(不登校経験なし)
 
高3のとき
 
国立大学入学
これしか選べない
 
って思ってた。
(そう言ってた)
 
 
 
国立大学が全国で何校あるかわからないけど
 
選択肢なさすぎ ( ゚Д゚)!!
 
 
 
進学校だったし
 
国立大学〇〇名合格!!
 
っていう数字が
 
学校にとって必要だったと思う。
 
 
 
長男にとっても
 
そのくらいのモチベーションで受験に望むことが
 
必要だったかもしれない。
 
 
 
でも
 
二男を見ていて
 
自由だな~
 
って思うんだよね。
 
 
 
自由なだけが素晴らしいってことじゃなくて
 
そっちを選びたい人もいて
 
どっちを選んでもいいってこと
 
 
 
どっちを選んでもいい
 
って思えること
 
 
 
子どもだけじゃなく
 
私たち親も
 
どっちを選んでもいいんだよね~ *^ ^*
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
それは子どもとあなたへのギフトに必ずなりますドキドキ

 

 

 
 
自分を大切にするってどういうこと? 丁寧にお伝えします♡

 

 

満席となりました。ご検討くださったみなさん、ありがとうございます♡

UMIカウンセリング

 

 

いつでも受け付けてますよ~!

ZOOMセッション・LINEセッション

 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
 
 

 

 

 

こんにちは。



ゆきこです。

 

 

 

・・・・・・・・・・
 
魔法のシェア会受付中ですラブラブ
 
9月分のUMIカウンセリングは、あと1席となりました。
 
・・・・・・・・・・

 

 

 

昨日は鈍行列車にゆられながら

 

広島県の『尾道』に行ってきました

 *^ ^*

 
 
 
 
 
駅がきれいになってて、びっくり~
 
ホテルも併設されてるみたいで
 
なんだかオシャレになってる!!
 
 
 
 
 
今日の私のお目当ては…
 
【シネマ尾道】で映画『新聞記者』を観賞後、
 
監督の藤井道人さんのトークイベント!!
 
 
駅からすぐの【シネマ尾道】
 
 
 
 
『新聞記者』『青の帰り道』の藤井道人監督
 
尾道「くじら別館」のオーナーでもある広島県出身の映画監督、森ガキ侑大さんと。
 
 
『新聞記者』を見るのは2回目。
 
前回は、次、どーなるんだろ~ってドキドキしながらだったけど
 
今回は落ち着いて見られたので
 
より深く楽しめました。
 
 
 
新聞記者から見た正義
 
内閣官房から見た正義
 
国民から見た正義
 
 
 
どこから見たのが本当の正義なのか?
 
正義を貫くって何?
 
そんなことを考えさせられる映画です。
 
 
 
松坂桃李さん主演なのに、
 
全くテレビでの宣伝はなく
 
(他の映画はあんなに俳優さんが宣伝してるのにね~)
 
ランキングに入ってもスルーされた…
 
なんて話を聞くと
 
やっぱりテレビって
 
誰かの都合のいいように伝えてる
 
ってことを認識した上で
 
見ないといけないんだな~と実感。
 
 
 
こうすべき
 
ああすべき
 
ってこと
 
結構テレビ
 
刷り込まれてるとこ
 
あるもんね。
 
 
 
自分の頭で考える
 
自分の心で感じる
 
って大事だ~~
 
 
 
その後【おのみち映画資料館】で
 
3人の映画監督のスペシャルトーク!!
 
このイベント~!!
 
オシャレな建物の 【おのみち映画資料館】
 
 
二宮監督 森ガキ監督 藤井監督 盛り上がってる~ (^^♪
 
 
 
今回、ホント思いつきで急に決めて
 
自分でも何を求めて参加したのか、
 
よくわからなかったんだけど。
 
 
 
なんと
 
さっき、わかった!
 
(゚д゚)!
 
 
 
自分の好きなことを仕事にしている男のひとを見てみたかった!
 
自分の好きなことを仕事にしている男のひとの話を聞いてみたかった!!
 
 
 
うお~~~!!
 
これだーーーーーー!!!
 
 
 
私の周りにいる男のひとって
 
夫も父親も義理の父親も会社勤めだし
 
私も銀行と学校しか勤めたことないから
 
会社員か公務員。
(好きなことかもしれないけどね)
 
 
 
UMIを受講してからは
 
講師のかたは好きなこと楽しいことを仕事にしてるけど女性。
 
 
 
だから、実際に好きなことを仕事にして
 
しかも成功してる男のひとを
 
身近に感じてみたかったんだ~
 
 
 
ひきこもってる二男、三男は、
 
きっと、こっちの生き方をするんだろうな~なんて
 
思ってたんだろうね、私。
 
無意識だけど 笑
 
 
 
3人の監督が話しているのを聞いていて
 
やっぱ、なんか自由 笑
 
 
 
もちろん、いい感じでね♡
 
 
 
そして、
 
「自分の作ったものを一人でも多くの人に見てもらいたい」
 
って氣持ちがすごーーく強いことも感じた。
 
 
 
いいね、って受け入れられたい!じゃなくて
 
どう感じてもらってもいいから、たくさんの人に届けたい、って感じ。
 
 
 
 
どうしても
 
「嫌われたくない」って氣持ちが大きいひとだから
 
アンチは嫌だ、とか
 
批判されたら恐い、とか
 
そういうのが出てきちゃうんだけど (-_-;)
 
 
 
ただただ
 
自分の思いを映画に乗せて届けたい!!!
 
それだけなんだな~
 
 
 
なんか、そういうのって素敵だな~
 
 
 
帰りの鈍行列車の中
 
この日一日でもらったものが大きすぎて
 
消化しきれない感じはあるんだけど
 
それを上回る幸せ~~ラブラブな氣持ちで
 
家路につきました。
 
 
 
好きなことをする、って
 
それだけで人を幸せな氣持ちにさせてくれるんだな~
 
(*´Д`)
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
それは子どもとあなたへのギフトに必ずなりますドキドキ

 

 

 
 
自分を大切にするってどういうこと? 丁寧にお伝えします♡

 

 

9月分はあと1席です ^ ^

UMIカウンセリング

 

 

ZOOMセッション・LINEセッション

 

 
 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
こんにちは。
 
ゆきこです。

 

 

  

意識が現実化する…というのは、最近「引き寄せの法則」などでも、よく聞きますね。

 

 

 

でも、意識したことが現実になる…って、全くそうなってませんけど~??

 

子どもの不登校なんて、願った覚え、ありませんけど~??

 

って思っていませんか??

 

 

 

私も、そう思っていましたびっくり

 

 

 

でも、私は、二男のやりたいことしかやらないところや、

 

三男の思ったことを何でも口にするところを

 

ずっと心配し続けていました。

 

二男と三男の性格を直さないと、「大変なことになる!」と思っていました。

 

 

私にとって「大変なことになる!」というのが

不登校という形で現実化したのですポーンポーンポーン

 

 

 

二男と三男が完全不登校になる前、

 

私はバスケの保護者同士の付き合いに、心の底からうんざりしていました。

 

 

うちは三兄弟全員バスケをしていたのですが、

 

当時、三男は小6でミニバスケットボールをやっていました。

 

 

その中で、コーチに媚びを売る保護者や、

 

うちの子どもが一番!!みたいな保護者同士のマウンテイングに疲れ果てていました。

 

 

「バスケをやめてくれたら、こんな思いをしなくて済む…(潜在意識の願い)」

 

と心の底では感じていたのですが、

 

当時の私はそんな心の叫びに氣付くことはできませんでした。

 

 

頭で考えていた願いは、

 

「長男と同じように、高校ではバスケの強豪校に入って活躍してほしい(顕在意識の願い)」

 

という素晴らしい子供を育て上げた、立派な親だと思われたい…という

 

世間体や常識、損得を考えたものでした。

 

 

 

ウハネお母さん:顕在意識
ウニヒピリ(内なる小さなわたし):潜在意識
 
 

 

結局は、不登校により強制終了!となり、

 

私は、その後、バスケの保護者と顔を合わせることは、全くと言っていいほどなくなりました。

 

バスケの保護者とつきあいたくない、しんどい思いはもうしたくない、という潜在意識の願いの勝ちです!!

 

ここでも「バスケをやめてほしい」という願いが、現実化しています!!

 

 

 

じゃあ、潜在意識って、いいも悪いもなく

 

むちゃくちゃな願いも叶えちゃうの???っていうと、

 

実はそうではありません。

 

 

 

子ども二人が完全不登校になる…という現実は、

 

当時の私にとっては青天の霹靂で、

 

ハッキリ言って不幸のどん底を味わいました。

 

 

 

でも、この経験をしたおかげで、

 

常に人の機嫌を伺っていて生きづらかった私

 

世間体や損得に振り回されていた私

 

子どもを自分の思うとおりにコントロールしようとしていた私

 

威圧的な夫に毎日毎日気を使って神経をすりへらしていた私

 

両親のささいな一言にイライラして、毎日監視されているように感じていて、早くこの世からいなくなればいいのにと思っていた私

 

そして、そんな自分のことが心底嫌だった私

 

を、手放すことができました。

 

 

 

不幸印のギフト

 

 

病気や苦しみとは、天からのギフトのようなもので、

 

その中にとても大切なメッセージが入っている。

 

だが、それは『不幸印』のラッピングペーパーで包まれているので、

 

たいていは嫌がって受け取らない。

 

しかし、それは受け取らない限り、何度でも再配達されてきてしまう。

 

思い切って受け取って、そのいまいましい包みをほどいてみると

 

そこには自分が自分らしく生きていくための大切なメッセージが見つかる。

 

 

~「普通がいい」という病~  泉谷閑示

 

 

 

つまり、潜在意識のウニヒピリは、子ども2人の不登校、という『不幸印のギフト』を私に届けてくれたんです。

 

 

『不幸印のギフト』の包みをほどくのは、自分と向き合うこと。

 

いい自分だけじゃなく、嫌な自分も受け入れること。

 

 

 

潜在意識からのメッセージには、あなたが幸せになるためのヒントがたくさんつまっているんです~ラブラブ

 


ちなみに直感で色を選ぶことで潜在意識からのメッセージをあなたにお届けしているのがTCカラーセラピーセッションです!!
ちょっと宣伝(笑)

 

 

こんなにすごーい力を持っている潜在意識ですが、

 

この潜在意識からの声を素直に聴いている人は、

 

現代人はとても少ないようです。

(私も、常識、世間体、損得などの思考でしか動いていませんでした)

 

 

 

幼いころから、潜在意識ではなく

 

顕在意識を使うように訓練されているので、

 

だんだん聴こえなくなってきているんですね…。

 

 

 

この潜在意識顕在意識のことについて、

 

タマちゃんの魔法の教室で、とてもわかりやすく教えてもらいました。

 

 

 

私が行う魔法の教室・魔法の教室お金の勉強会シェア会では、

 

潜在意識顕在意識の上手な使い方をお知らせして、

 

自分の望む未来を創っていくヒントをお伝えしたいと思っています。

 

 
 
 
魔法の教室・魔法の教室お金の勉強会シェア会
 
詳しくはこちら↓↓↓
 
感想はこちら↓↓↓
 
 
9/23、27,28以外にも、あなたのご都合の良い日に開催することもできます。
お申込みフォームのメッセージ欄に、第3希望まで書いてくださいね!!
 
 
目からウロコびっくりの情報がたーくさん詰まっているシェア会を
 
あなたも是非受けてみてくださいねラブラブ
 
 
 
ZOOM越しにお会いできるのを楽しみにしています。
 
 
 
ZOOMのやり方がわからないからどーしよー(´Д`)ってかたには、
 
詳しくご説明しますので、安心してご参加くださいね!!
 

 

 

 
 

こんにちは。

ゆきこです。

 

 

・・・・・・・・・・
 
9月19日(木)の魔法のシェア会に参加ご希望のかたは、今日中にお申込みくださいねラブラブ
 
9月分のUMIカウンセリングは、あと1席となりました。
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
 
たくさんのかたに読んでいただき
 
ありがとうございます *^ ^*
 
 
 
同じように、学校の先生の言葉や行動に傷ついた経験のある方から
 
たくさんの共感のコメントをいただき、
 
とっても勇氣づけられました。
 
本当にありがとうございます。
 
 
 
あの日の午前中、
 
私は近くの産土神社にお参りに行きました。
 
 
 
 
 
天氣もよくって
 
とっても氣持ちのいい風も吹いてて
 
”秋”を感じました。
 
 
 
久しぶりにおみくじも引いてみた!!
 
「小吉」だった♡
 
 
 
 
「無事のご恩を味わい知るべき」
 
 
 
大切な家族が無事でいる
 
 
日々、忙しく過ごしていると
 
つい当たり前…というか
 
当たり前って意識にもあがらないくらいに
 
ここにいることが当たり前になってる。
 
 
 
でも
 
誰か一人いないってなると
 
この平穏な日々を過ごすことはできないよね。
 
 
 
それはもちろん、
 
自分自身も含めて。
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
こんなことを考えながら
 
穏やか~に過ごしてたら、あの先生との出来事。
 
 
 
神も仏もあったもんじゃなーーーーい (ー_ー)!!
 
 
 
って思ってたんだけど…。
 
 
 
落ち着いてもう1回おみくじ見てみたら
 
 
 
「苦しい時にはやれ神様と騒ぎ立てる
 
嬉しい時にはそれ神様と拝み立てる」
 
 
 
( ゚Д゚)
 
 
 
うわ~~~
 
せっかくお参りに行ったのにこれかいっ!!って思ってたの、
 
見抜かれてる 汗
 
 
 
ごめんなさい~~~
 
 
 
だけど
 
落ち着いて考えてみたら
 
お参りに行ったからこその
 
この出来事だったのかな~、と。
 
 
 
涙と共に
 
怒りや悲しみ、後悔も洗い流されて
 
すっきり浄化させてもらったもんね *^ ^*
 
 
 
産土神社さま、ありがとうございました!!
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
それは子どもとあなたへのギフトに必ずなりますドキドキ

 

 

 
 
自分を大切にするってどういうこと? 

 

 

9月分はあと1席です ^ ^

UMIカウンセリング

 

 

ZOOMセッション・LINEセッション

 

 
 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
 

 

こんばんは。

 

ゆきこです。

 

 

 

今日は我を忘れて怒りました!!

 

 

 

中学校の入学式含め3日間行ったのち

 

完全不登校になった三男。

 

 

 

現在、中3。

 

 

 

今日、今の担任の先生と

 

中1の時の担任の先生

 

2人で家庭訪問に来られました。

 

 

 

「今日は、どうしても本人に会いたい」

 

と、どちらかと言えば中1の時の担任の先生が

 

主導権を握ってる感じ。

 

 

 

中3の担任の先生は

 

「三男くんが会ってもいい、って思ってくれた時に会えたら嬉しいです」

 

って常々言ってくれてるようなひと。

 

 

 

2人の先生の雰囲氣から

 

ちゃんと生徒本人に会って

虐待を受けていないかとか

生きているかどうかとか

確認しておかないと

学校として困るんだろうな…

 

というのが伝わってきました。

 

 

 

三男の部屋に行って事情を話しましたが

 

「会いたくない!」

 

「無理!」

 

との返事。

 

 

 

ものすごい荒れてた時期から考えると

 

いたってフツーに家では過ごしてる三男ですが

 

まだ、家から一歩も出ない生活。

 

 

 

これまでは先生の配慮で

 

私との会話の中から三男は元氣で過ごしている、と判断して

 

どういう形でかはわかりませんが

 

上への報告がされていたんだと思います。

 

 

 

私からそうして欲しいとはお願いしてないですよー。

 

 

 

でも、今回、どうしても会わないとそういう報告ができないのなら、

 

それはそれで仕方ないし、

 

児童相談所などの訪問があるのなら、

 

受けてもかまわないと思ったので

 

先生方に

 

「三男は『会いたくない』と言っています」

 

と、言いました。

 

 

 

すると、中1の時の担任の先生が

 

「写真を撮ってきてもらうとかもできませんか?」

 

と聞いてきました。

 

 

 

その瞬間、

 

私の頭の中で

 

嫌がる三男を写真に撮って、それを先生に見せる私の姿が思い浮かびました。

 

 

 

そんなことは絶対したくない!!!

 

 

 

反射的にそう思いました。

 

 

 

普段から写真を撮られることにすごく敏感で嫌がっているのに

(ひきこもりあるあるじゃないかな?)

 

その三男の氣持ちを無視する行動をとることに

 

ものすごく嫌悪感を感じました。

 

 

 

それと同時に

 

涙がボロボロ出てきました。

 

 

 

中1の時の担任の先生とは1年間

 

中3の担任の先生とはこの半年間

 

いろんな話をして

 

私の思い

 

三男の様子を伝えてきたのに

 

私はこんなにも信頼されてないんだ、という悲しみ

 

 

 

三男の写真を無理矢理撮れば

 

このままこの場をうまくおさめられるんじゃないかと考えた自分への怒り

 

 

 

そして3年前の小6の頃

 

三男が一番つらかったとき

 

「学校に行かなくていいよ」って

 

言ってあげられなかったという後悔

 

 

 

いろんな感情が一氣に私の心をぐるぐるして

 

涙が止まらなくなりました。

 

 

 

「『会いたくない』という三男の氣持ちを私は尊重したいので

 

そう報告してくださって結構です。

 

虐待してると思われてもかまいません。

 

児童相談所の方を呼んでいただいて結構です。

 

私も三男も恥ずかしいことをしている訳でも

 

悪いことをしている訳でもありません。

 

そういう方が来てくださってきちんと話をした方がいいこともあるかもしれません。

 

もう、今後一切来ていただかなくて結構です。

 

お帰りください。」

 

 

 

そう、タンカを切って、扉を閉めました。

 

 

 

しばらくは興奮していたのですが

 

だんだん冷静になってくると

 

そこまで言わなくてもよかったのに…という思いが出てきました。

(「来ていただかなくて結構です」は余計だったな~(*_*;)

 

 

 

でも、後悔はしていません。

 

 

 

これまで

 

人の機嫌をみて

 

誰も怒らないように

 

誰も悲しまないように

 

何事も穏便にすませることをモットーとしてきたので

 

人に対して怒りの感情をぶつけたりしたことは

 

50年近く生きてきて

 

数えるほどしかありません。

 

 

 

でも今はそこが変わったと思います。

 

 

 

嫌なものは嫌って言っていい

 

怒ってもいい

 

 

 

私の氣持ちを無視してまで

 

人に合わせることはもうやめました。

 

 

 

今、私は

 

三男の氣持ちを尊重したい

 

って思ったんです。

 

 

 

3年前の私も

 

三男の氣持ちを尊重したかった。

 

学校に行くのがしんどそうだったし

 

つらそうだったから

 

「行かなくてもいいよ」って言いたかった。

 

 

 

でも言えなかったのは

 

三男が学校に行かないことが不安だった私がいたから。

 

 

 

ということは

 

三男が学校に行ってくれたら安心できる私がいたから。

 

 

 

結局、私の安心のために学校に行ってほしかっただけだった。

 

 

 

もう、それに氣付いたから

 

もう、三男を私の安心のために動かそうとすることは手放す!って決めたから

 

三男の気持ちを尊重するって決めたから

 

三男のやりたいこと、好きなことを応援するって決めたから

 

 

 

私の中のぐるぐるしていた思いをノートに書き出していると

 

また、とめどなく涙があふれてきました。

 

 

 

学校って

 

先生って

 

なんなんだろう…

 

 

 

誰に向かって仕事しているんだろう

 

 

 

人と接することが怖くて臆病になっている子どもに無理矢理会おうとするとか

 

ひきこもっている子どものことを理解したいって必死になってる保護者を傷つけるとか

 

 

 

それが本当に「教育者」としてやるべきことなんだろうか

 

 

「教育者」っていうものが、そもそも必要なのだろうか

 

 

 

「学校に来て勉強することが当たり前で素晴らしいこと」

 

って信じてないと

 

学校の先生なんてやってられないと思うけど

 

9教科だけで判断するしかない学校というシステム自体を

 

見直すときがきてるんだろうな…。

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

私がすっかり落ち着いてから、三男に

 

「先生に『児童相談所の方に来てもらっても結構です!』って言っちゃったよ~」

 

って言ったら、

 

「え?そんなこと言ったん??」

 

ってめっちゃひかれた 笑

 

 

 

でも、言いたいことを全部言うって

 

ホントにスッキリするんだ~

 

 

 

あーーー、言ってよかった!!

 

 

 

あとのことは

 

また考えよ~っとてへぺろ

 

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます!!

 

こんにちは。

 

ゆきこです。

 

 

 

昨日は米津玄師さんの『馬と鹿』の発売日!!

 

早速買って

 

来年のライブの先行予約もしちゃった~ラブラブ

 

 

 

前回、全部はずれて全く行けなかった汗

 

今回は当たりますように!!! 

 

 

 

家でゆったり聴いてるのも

 

もちろん至福の時なんだけど♡

 

あの声を直接私の耳で聴いてみたい!!!

 

 

米津さんのシャツインが氣になるのは私だけ~?? 笑

 

 

 

 

アメブロさんが1年前に書いた記事を紹介してくれるので

 

振り返りができる 笑

 

 

 

この頃は

 

「息子が不登校」って言うの

 

めちゃくちゃこわかった~ (>_<)

 

 

 

ホント、決めるの大事!!

 

決めると、それに必要な情報が

 

入ってくる。

 

不思議なんだけど。

 

 

 

でも、これ、

 

脳のしくみなんだって~

 

 

 

人間のカラダってすごいな~

 

 

 
・・・・・・・・・・
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
必ずあなたと子どもへのギフトになりますドキドキ

 

 

 
 
9/19㈭ あなたのおうちで是非ご参加ください!!

 

 

9月分はあと2席です ^ ^ 氣になってるかたはお早めに…

UMIカウンセリング

 

 

ZOOMセッション・LINEセッション

 

 
 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 

 
 
こんにちは。
 
ゆきこです。
 
 
 
先日、長男が幼稚園に通ってる頃から仲良くさせてもらってるママ友とランチに行ってきました~ラブラブ
 
 
 
かれこれ15年くらいのつきあい (゚д゚)!
 
 
 
すごーく久しぶりだったのですが、
 
なんと二人とも四十肩になってて 笑
 
 
 
そんな歳になっちゃったよね~
 
なんて、あんまり笑えない話をしながら
 
楽しい時間を過ごしました♪
 
 
 
・・・・・・・・・・  
 
 
 
そのときにこの言葉の話になりました。
 
その人に越えられない壁は
その人の前には現れない
 
 
 
別の言い方をすると
 
その人に与えられた壁は
その人にしか越えられない
 
ということ
 
 
 
その人にはその人の壁がある
 
その人にはその人の課題がある
 
そして、自分の課題を自分でどうにかしようと考えることで
 
その人の成長がある
 
 
 
ということは
 
他の人がどうにかしようとすると
 
その人の成長の機会を奪うことになるし
 
 
 
その人が越えるまで
 
何度も同じ課題がやってくることになる
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
 
私は
 
これまで
 
ずーーーっと
 
人のために何かしてあげること
 
ということが
 
とてもいいことだと思ってました。
 
 
 
人のために何かできることが喜びでもありました。
 
 
 
もちろん、人のために何かしてあげることは
 
悪いことではありません。
 
 
 
でも
 
他人の課題まで何とかしようとしてるときは
 
どうだろう?
 
 
・・・・・・・・
 
 
 
うちの三男が小学校6年のとき
 
担任の先生と合わなくて
 
すごくしんどそうでした。
 
 
 
相手が誰であろうが自分の意見を強く言う三男を
 
幼いころから心配してた私は
 
「アンガーマネジメント」の本を買ってきたり
 
求められてないアドバイスをしたり
 
三男と担任がうまくいくよう橋渡しをしようとしたり
 
とにかく必死で
 
卒業までの1年間をなんとか我慢して過ごさせようとしてました。
 
 
 
でも、それは三男の課題でした。
 
 
 
三男が自分で考え
 
自分で乗り越えるための
 
壁でした。
 
 
 
私にできることは
 
三男がどんな乗り越え方をしても見守ること
 
助けを求めてきたときには全力でそれに応じること
 
だったんだな~と今は思います。
 
 
 
でも、当時の私は
 
乗り越え方も
 
私の思う乗り越え方でないとダメだと思ってた。
 
 
 
本来、みんな自分の車に乗って運転席に座ってなきゃいけないのに
 
私は、三男の車の運転席に入り込んで
 
私がハンドルを動かそうとしてる…って感じ (>_<)
 
 
 
そりゃ、三男の車は迷走するし
 
私の車は私の車で
 
夫にハンドルに握っといて~って他人任せにしてて
 
夫は一度に2台運転できないから困り果ててる…
 
そんなめちゃくちゃな状態…
 
 
 
やっぱり
 
自分の車は
 
自分で運転しないとダメだわ~~ (^ ^;
 
 
 
でもそれも長い目で見ると
 
課題の分離ができない私がいることがわかり
 
今、楽に生きてる私がいるので
 
そーゆーのもぜーーんぶひっくるめて
 
人生うまくいくようにできてるな~
 
 
 
まず
 
自分の車の運転を
 
自分でしていないことに氣付けたら
 
そこから修正していけばいいもんね~
 
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
それは子どもとあなたへのギフトに必ずなりますドキドキ

 

 

 
 
自分を大切にするってどういうこと? 

 

 

9月分はあと3席です ^ ^

UMIカウンセリング

 

 

ZOOMセッション・LINEセッション

 

 
 
 
 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6人の講師の皆さん。ありがとうございました~
 
 
 

こんにちは。

 

ゆきこです。

 
 
 
ずっと楽しみにしていた講演会
 
大谷由里子と5人の仲間たち in生田神社
 
に行ってきました~~
 
 
 
「ご縁結びのいくたさん」
 
で知られる生田神社。
 
 
 
ご祭神の「稚日女尊(わかひるめのみこと)」は
 
「天照大御神」に仕える機織りの神様で
(諸説あります)
 
糸を合わせながら織りなす神様であることから
 
人と人との縁を結ぶ縁結びの女神と信仰されているそうです。
 
 
 
私が行ったとき
 
結婚式を挙げてる方がいらっしゃって
 
なんか、そういうのを見るだけで
 
幸せな氣分になっちゃう~~~ドキドキ
 
 
 
 
 
大谷由里子さんと言えば、
 
ナインティナインや雨上がり決死隊を売り出した
 
「よしもとの伝説の女マネージャー」!!
 
今回の講演会は
 
この大谷由里子さんをはじめとして
 
6人の講師の方からお話を聴きました。
 
 
 
どの講師の方のお話からも
 
これが好き!
 
これが氣になる!
 
これがやってみたい!
 
自分のそういう声を大切にしていくと
 
どんどん幸せに近づいていくんだな~
 
と感じました。
 
 
 
どんな感情も
 
どんな思いも
 
×をつけずに
 
受け入れて
 
私も自分の心の声を聴いて
 
幸せな未来をつくっちゃうぞ~!!
 
 
 
UMI講師でもあり手相心理カウンセラーの
 
國本 ひろみさんのお話の中で
 
「悩み」は「味方」
 
という言葉が印象的でした。
 
 
 
私自身がすごーく実感している言葉。
 
 
 
悩んでる真っ最中は
 
とてもじゃないけど「味方」なんて思えないけど
 
その「悩み」を「味方」にできたとき
 
自分を幸せにすることができるラブラブ
 
 
 
手相でいうと
 
生命線の途中に開運線というのがあるんだけど
 
開運の前には必ずうれしくない体験をするそうで
 
だから障害線とセットだったりするんだって~~
 
 
 
「悩み」を乗り越えた先
 
「悩み」を受け入れた先に
 
運が開けるってことを
 
手相で証明してくれてるなんて
 
おもしろい~~~(≧▽≦)
 
 
 
もっと手相について知りたくなったかたは
 
 
たくさん書いてありますよ!!
 
 
 
もっともっと知りたくなったら
 
10月からオンラインで受講できる
 
手相講座【私のトリセツ】(仮称)
 
が開講されるそうです。
↓↓↓
 
 
興味のある方は是非音譜
 
 
 
全員で記念写真 パチリ
 
 
 
終わった後は、
 
UMIの同期と
 
美味しいケーキのお店にGO!!!
 
 
 
みんな
 
どれにしようかめっちゃ悩んでたのに
 
いざ頼んでみると
 
全員 いちじく 笑
 
 
 
やっぱ、旬のものを食べないとね~ラブラブ
 
 
 
 
いろんな悩みを持って
 
3か月間自分をさらけ出した間柄だから
 
何でも話せて
 
何でも受け入れてもらえる
 
っていう安心感ドキドキ
 
 
 
私の心を解放できる…
 
そんな楽しい時間でした *^ ^*
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・
 
 
不登校でも大丈夫!!
 
必ずあなたとあなたの子どものへのギフトになりますラブラブ

 

 

 
 
 

 

 

UMIカウンセリング

 

 

ZOOMセッション・LINEセッション

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

ランキング参加しています!!
押していただけると励みになります顔
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

クローバー子どもの不登校は幸せ家族への道しるべクローバー

 

 

 

子どもの不登校の悩みを

家族の幸せに変える

UMIカウンセリング

 

 

 

子どもの不登校は
今まで頑張りすぎたお母さんへの
メッセージです

 


お申込みはこちら
 

 

 

 

 

不登校のどんなことがお悩みですか?

 

 

チェック子どもをどうにかして学校に行かせたい。

 

チェック昼夜逆転が気になる。

 

チェック食事はきちんととって欲しい。

 

チェック友達との繋がりがなくなることが心配…。

 

チェックゲームやスマホばかりしていると、脳への影響があるのではないか?

 

チェックこのまま引きこもってしまうのではないかと思ってしまう。

 

チェック義務教育の間はいいけれど、高校や大学には行って欲しい。

 

チェックお母さんが変われば子どもも変わると言われても、何から手を付けたらいいのかわからない。

 

チェック子どもの不登校は受け入れているけれど、学校に通っている他の子どもを見るとザワザワしてしまう。

 

 

一口に不登校…といっても、お悩みはそれぞれだと思います。

 

 

 

イメージが現実化する??

 

 

私は三人の男の子の母親です。

 

一昨年の4月、三人のうち、二人が完全不登校となりました。

 

当時、中三だった二男は、幼いころからやりたいこととやりたくないことがはっきりしていて、幼稚園の頃から行き渋りがありました。

 

私は、「このまま、やりたくないことから逃げ続けていると大変なことになる」と不安を持っていました。

 

だから二男には、

 

「私が何とかしないといけない。」

 

という気持ちで接していました。

 

中一になったばかりの三男は、幼い頃から思ったことは何でも口にする性格でした。

 

「いつか、口が災いの元となって、大きなトラブルを起こしてしまうのではないか。」

 

と、ずっと心配し続けていました。

 

また、夫は、

 

二男には「中二の終わりごろから勉強がわからなくなって困ることになる」、

 

三男には「そんなことばっかりしていると、中学生にはなれんぞ」

 

と言っていました。

 

何気なく、「何でこんなこと言うんだろう?」と思っていましたが、

 

実際、二男は中二の終わりから五月雨登校が始まり、

 

三男も中学生になった途端にぱったりと学校に行けなくなったと気が付いたとき、

 

私は恐ろしくなりました。

 

夫と私のイメージ通りのことが、起こっていたのです。

 

 

 

あなたのお悩みの根っこをさがします!

 

 

うちの二人の不登校の息子も、性格も、不登校になったきっかけも、経緯も、全く違います。

 

私が二人に感じる思いも、もちろん違います。

 

百人いれば、百人違って当たり前だと思います。

 

不登校という出来事は同じでも、それにどう思い、どう感じるかは、それぞれ…ということです。

 

 

その、様々な問題や悩みの根っことなっている深い思い込みのことをブロックといいます。

 

ブロックは誰もが持っているものですが、

 

その影響が大きすぎると、自分の行動に無意識にブレーキをかけたり

 

幸せの方向とは逆の方向に進ませたりします。

 

 

自分に起こる出来事は、すべて自分の意識(イメージ)が現実となったものです。

 

 

子どもの不登校という出来事を通じて、自分は何を悩み、何を感じているのか。

 

カウンセラーからの質問に答えることによって、ひとつひとつ明らかにしていきます。

 

それをもとに、宇宙の法則を使った現在の問題を表面的に解決する方法をお伝えし、

 

更に、悩みの根っことなっているブロックを解消していきます。

 

 

今まで無意識にこうだ、と決めつけていた「勘違い」や「思い込み」を見つけ、


そのことに気づいて認めていくこと。

 

そのとき封じてしまった感情を開放していくこと。

 

その新たな意識で、これまでとは違う行動をしてみること。

 

そうすると何が変わったのか、しっかり変化をみていくこと。

 

これをコツコツ積み重ねていくことで、悩みの根っこであったブロックを書き換えていきます。

 

 

そうするとお母さんの意識が変わってきます。

 

お母さんと子どもの意識は、実は深い意識部分(潜在意識)で繋がっていますので、

 

お母さんの意識が変わっていくと、子どもにもいつの間にか変化が表れていた…ということが起こってきます。

 

お母さん自身のブロックを書き換えずに、意識だけ変えようとしたり、

 

無理やり子どもを受け入れようとしてもうまくいかないのはこのためです。

 

 

お母さん自身の内側にある心の声に気づいてあげることが大切なのです。

 

 

これまでフタをしていた感情に気づいて、しっかり認めてあげる。

 

自分がどうなりたいのか、どう行動したいのか、何をしていると楽しいと感じるのか。

 

自分の選択や目の前の出来事の感じ方が本当に変わり始めます。

 

すべては自分で選べるのです。

 

 

「一歩ふみだしてみよう!」

 

「自分と向き合ってみよう!」

 

「私も家族も幸せにしたい!」

 

そう感じた時、一人で悩まずに、私に応援させてください!!

 

 

 

UMI(ユーエムアイ)のカウンセリングって?

 

 

UMIプログラム(ユニバーサル マインド インテグレーション プログラム)とは、開運アドバイザー川相ルミさんが、10万人以上の分析、検証を行い、効果の高いやり方と宇宙の法則を取り入れたブロック解消法です。

 

 

 

UMIカウンセリングを受けた方はこんな風に変わりました

 

 

クローバー中学3年間不登校だったが、通信制高校に進学し、今は週に5日通っている。

 

クローバー部屋でしか食事をとらなかった子どもが、リビングに来て食事をするようになった。

 

クローバーお風呂にも入らず、1日1食しか食べなかった子どもが、お風呂に自分から入るようになり、家族と一緒に食事をするようになった。

 

クローバーゲームばっかりやっていた子どもが自分から家庭教師に来てもらいたいと言い出し、勉強をするようになった。

 

クローバー夫に押し付けられてばかりいる、我慢させてもいい人間だと思われていると感じていたが、実は自分を信頼してくれていたことに気づくことができた。

 

クローバー生きづらさを抱えていろんな自己啓発セミナーに通っていたのに全く満たされなかったが、ダメな自分を受け入れることができたら、周りの人がやさしくなった。

 

クローバー本当は自分の知識を生かした仕事をしたいと思っていたのに、「子どもを優先しなければいけない」とその気持ちに無意識にフタをしていたことに気づいたら、仕事の依頼が立て続けに入った。

 

 

 

UMIを受けて、私と家族はこんな風に変わりました

 

 

■子どもとの関係■

 

私のことより子どものことを最優先で行動していた私は、私の思い通りの子どもになってほしいと、心の底では思っていました。

 

それなので、私の思いと違う行動をとる子どもたちのことが理解できず、いつも不安を持っていました。

 

今は、学校に行く、行かない、私の希望通りの行動をする、しないに関わらず、子どもが、ただ、そこにいてくれて、笑ってくれていることを喜べる私になりました。

 

 

■二男の変化■

 

二男が五月雨登校をしていたころは、勉強も部活もやる気が起きなくなっていました。

 

私はそれはゲームをやりすぎているからだと決めつけて、ゲーム時間の制限をしたり、叱ることでどうにかしようとしていました。

 

布団から出てこれない日が週に1日だったのが、週に3日、4日と増えていき、その時の恐怖感は忘れられません。

 

完全不登校になってからは、家の中の雰囲気がどんどん悪くなり、ちょっとしたことで腹を立てて部屋の壁に穴をあけたり、大声で怒鳴ったりしていました。

 

何に対してもやる気が起こらず、ただただゲームばかりしていた時期もありましたが、私がUMIを学び始めた頃、突然、絵を描き始め、現在は鉛筆画を描いたり、粘土で作品を作ったりしながら、クリエイティブな毎日を過ごしています。

 

 

■三男の変化■

 

担任の先生との確執のあった小6の頃は、家でもちょっとしたことで怒ったり、怒鳴ったりしていました。

 

自分の思うようにできない時は、暴言暴力もあったり、自分の頭を殴ったり壁に頭をうちつけたりもしていました。

 

完全不登校になってからは、一日中ゲームをして、食事もとらなかったりする日もありました。

 

お風呂に入らず、髪も切らず…。

 

自分なんか価値がない、どうなってもいい…そう思っていたのだと思います。

 

そんな三男も今は、腕相撲して遊んだり、肩もみしてくれたり、父親と楽しそうにお尻を叩きあって家の中を走り回ったりしています。

 

ゲームは年齢も立場も違う仲の良いフレンドさんがいるようで、相変わらずしていますが、

 

以前のようにとりつかれたようにやることはなくなりました。

 

最近は、「学校へ行きたい」という思いが出てきたようで、今は、その準備段階にいるようです。

 

自分で興味のあることをYoutubeで調べたり、本を読んだりしています。

 

 

■夫との関係■

 

何かあるとすべて私のせいにして、モラハラ気味だった夫。

 

いつも、あれができていない、これができていないと指摘され、

 

私の頑張りは認めてもらえないと感じていました。

 

子どもに対しても威圧的で、

 

子どもに感情的に怒ってはいけない、と思っていた私は、怒ってばかりの夫は敵だ!と思っていました。

 

私のどんな行動も、夫を怒らせないようにするためだったので、

 

怒られたり、責められたりする出来事ばかり起こっていました。

 

夫はきっとこう言うだろう,きっとやってくれないだろう、と勝手に決めつけていました。

 

それなら自分で何も言わずやった方がましだ!と思って、常に自分が我慢することを選んできたのです。

 

私はどう感じているのかを徹底的に感じることをした結果、

 

少しずつ、嫌なことは嫌だ、やりたくないことはやりたくない、と言えるようになりました。

 

今は、私はやりたいことをやりたいときにやっていますが、夫は快く応援してくれています!!

 

そして私にやらせようとすることが激減し、

 

自分のことは自分でするようになってきました!!

 

 

■両親との関係■

 

両親と同居していますが、ちょっと一言声をかけられるだけでイラっとしていました。

 

だけど、それを両親に言うことができず、日常のイライラをすべて自分の中にため込んでいました。

 

両親と夫の関係がよくないことの原因はすべて私にあると思っていました。

 

今は、我慢せず、思ったことを思った時に言えるようになってきました。

 

そうすると、あれだけ氣になっていた両親と夫の関係も、とても良好になりました。

 

 

 

私のカウンセリングを受けた方の感想

 

 

言葉にならなかった「モヤモヤ」「不快」が言葉になったことでスッキリしたり、まとめてもらうことで、改めて自分のことをよく知ることができました。

3回のカウンセリングで、幼いころのからの父へのイメージが、変わったことに驚きました。

 

 

自分でも気が付かないうちに不登校だった娘の課題を奪っていたことがわかりました。自分のことはなかなか客観的に見られなかったのですが、カウンセリングを受けているうちに、気づくことができました。

改めて、自分の人生を生きる、子どもの生きる力を奪わない!と思えました。

 

 

不安の具体化をうまく導いてくださり、自分の感情を感じきることができました。マニュアル先行感が全くなく、人生経験に裏打ちされただろうな、と思える言葉の重みが、非常に心地よく、また素直に心に入ってきました。

不登校だった子どものことも気にならなくなり、何気ない毎日を楽しめるようになりました。

 

 

共通項である不登校の息子の話では、共感してくださることも多く、話してよかった!と思いました。

 

 

人柄が伝わってきて、優しく、相手がしゃべりやすい雰囲気を出してくれました。

 

 

そのほかの感想はこちら♡クリック*m

 

 

チェック学校に元気に通っている他の子を見ても、ザワザワしない私になりたい。

 

チェック家族にプラスのエネルギーを与えられる私になりたい。

 

チェック不登校の心配や不安を手放し、私のやりたいことをやる人生にシフトチェンジしたい。

 

 

あなたのブロックを解消して

 

自分の望みを叶え、

 

家族みんなが笑顔で楽しく過ごせる毎日を

 

手に入れませんか?

 

 

子どもの不登校を家族の幸せに変えるUMIカウンセリングメニュー

 

 

 【1回コース】 120分 

  30,000円 

 18,000円

 

今現在のお悩みについて、ブロック解消(不安の解消)と、問題解決策(宇宙の法則)をお伝えします。

 

1回コース受講後、差額をお支払いいただければ、3回コースへの変更も可能です。

 

 

【3回コース】 計5時間 

  60,000円 

➡ 48,000円

 

 

・初回カウンセリング 120分

・2回目 90分

・3回目 90分

・3回終了時(最長3か月)までLINE相談付き

 

今のお悩みから深く探っていき、大元となるブロックを解消、書き替えしていき、問題解決策(宇宙の法則)をお伝えします。

 

【モニター条件】

 

感想のメールをお送りいただける方

 

 

カウンセリングオプション

 

 

遠隔ヒーリング

 1回  5,000円

 2回  7,000円   

 

遠隔ヒーリングについての説明はこちらをクリッククリック*m

 

LINEサポート(1回コースのみ)

 1週間  5,000円

 3週間 12,000円 

 

1回コースを受けられたあと、ご希望の方はLINEでサポートします。

3回コースは、3回終了時(最長3か月)までLINEサポート付きです。

 

 

 

 

カウンセリング方法

 

 

ZOOMという無料通話アプリを利用します。

ZOOMについての説明はこちら

 

 

 

お支払い方法

 

 

・ゆうちょ銀行

※お申し込み後ご連絡いたします。

 

 

 

お申込みからカウンセリングまでの流れ

 

 

①申込フォームに必要事項を記入して申し込む

 

②自動返信メールが届く

※届かない場合は、LINE@からご連絡ください。

※ゆうちょ振込先が記入してあります。

 

③お振込み

 

④申込から48時間以内に、日程調整のご連絡をします

※LINE@か、メールでご連絡します

 

⑤カウンセリング

 


お申込みはこちら
 

 

 

 

 

ご質問、感想

 

 

カウンセリングやブログの内容に関する質問があれば、お気軽に話しかけてください!

 

LINE公式アカウントのお友だち追加はこちらからどうぞチェックハート

 

友だち追加

http://nav.cx/7kFzN6b

 

※ご予約日のご都合が急遽悪くなった場合は、日程調整いたします。