毎回お決まりのご挨拶になりますが

 

ご無沙汰しております!!!!

とある札幌です!!!!

 

皆さま地震の影響はどうでしょうか?清田区辺りはとても大変そうでした…

 

改正遺失物法@町民さまからレポートが届きましたので掲載致します。

 

 

 

ありがとうございます、改正遺失物法@町民です。今回は啓発となります。自分なりに考えメンズエステ(非風俗)と風俗エステの違いについてまとめさせていただきました。以下本文となります。

 毎度さまです、とある札幌門下生の改正遺失物法@町民でございます。今回は『メンズエステ(非風俗)と風俗エステ、具体的にどう違うの?』ということをテーマとすべく再登板いたしました。ええ、そっちの方が話はやいですよというお話です。

 

 

■どうでもいい前段
 ということで再登板の遺失物法さんです。どうしても納得できないことがございますよ。というのも、現況のメンズエステ(非風俗)については一部の輩が

『類似業種があるのになぜ、非対応のところで非正規サービスを要求するか』

 ということが納得できません。サーモンを食べつつマグロを思う、ペプシを飲みつつコカコーラを思う、プリングルスを食べつつカルビーを思う、今メンズエステ(非風俗)界隈で起こっていること、こんな側面ありですよね。素直にサーモン食べてコカコーラ飲んでカルビー食べれば良いのに。僅かの負担を惜しんで

『対応できない裏メニュー』

 を要求する方も多くいらっしゃると聞いておりますし、渋々対応してしまったお店や女性の情報が金銭を媒介として出回るという非常に

『めんどくさい』

 ことが実際に起こっていると聞いております。ええ、実に愚かしい。そんなことをしなくても、ご要望の叶う類似業種があるではないですか?ありますよね?あるんですってば!大切なことなので3回繰り返しましたが、

『風俗エステ、あるじゃあないですか』

 そこならば『あなたの望み、叶えてみせましょう』という業種ですからね。そっちいきましょうよ。というのも現状のメンズエステ(非風俗)界隈は『めんどくさい客を排除する』方向ですすんでいます。業者間で情報共有をして、変なブログを書く者や非正規のサービスを要求する者を排除する方向で進んでいます。ええ、そうなりたいですか?

『じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃあ!(CV:藤村D)

使い分けしましょうよ。癒されたい時はメンズエステ(非風俗)、更にエクストラを求めたければ風俗エステってね。

『んなこと言ったってよく分からないぞハゲ!』

 という声も聞こえて来そうですが、そこは改正遺失物法さん、専門は風俗です。ちゃーんとわかるようにご教示いたしますから。メンズエステ(非風俗)は2回しか行っておりませんが、風俗店は数百回通っておりますので。ハゲじゃねーし。

 ということで風俗エステのお話をさせていただきます。

■違いは何?
 まずは違いから。端的に申し上げると

『抜くか抜かないか』

 ですよ。難しいお話はさておき、すすきのの『あの辺』にあるお店は風俗店として合法に営業の許可を取りやってますので。また、ホテルや自宅に呼んだら来てくれるデリエステという業種もございます。いずれも結果の確定した状態となりますよ。
 また、個店ごとのサービスの違いとして
①お姉さんが脱ぐか脱がないか
②お触りがアリかナシか
③シャワーの際にあらってくれるかくれないか
④マッサージのレベル
⑤オプションの有無
 この辺にバラツキございます。また、デリエステの中には『エステヘルスコース』と銘打ってマッサージのあとにヘルスのサービスという、ありがちなアダルトビデオに類似したコトまでできてしまうお店がございます。ええ、すごいでしょ?

  ①についてはほとんどのお店がオプションでの対応を含めて何らかの露出をしていますが、一部のエステ店、デリエステにて対応していないお店もあります。受付の際に確認してください。

  ②については『性感の際に胸タッチOK』のお店が大半ですが、一部に全く不可のお店もございます。これも受付の際に確認が必要です。

  ③については最初と最後のシャワー、単独で入るお店がほとんどですが、コースによってはお姉さんが洗ってくれるお店もあります。これも確認が必須ですよ。

  ④については、お色気サービスの強いお店ほどマッサージが弱い傾向にあります。特にデリエステに関してはエステヘルス対応店にて『マッサージはオマケ』的なお店も散見されますのでご注意ください。
  ⑤についてはさまざまなオプションがございます。最初から最後まで『上半身裸』『全裸』でマッサージをしてくれるもの、こちらの乳首舐め、中にはお口でのサービスや素股など、オプションを組み合わせればヘルス同然のサービスをしてくれるお店もございます。これも掲載サイトや受付にて十分に確認が必要な項目です。全くないお店もございますので。

 

■風俗エステの流れ

  ということで箇条書きで申し上げます。

①ドコヘ行く?

  情報入手については風俗のポータルサイトをご確認ください。

ヘブンネットhttps://www.cityheaven.net/hokkaido/A0101/shop-list/biz7/typ9026/

  ご予算と内容に合わせて選定を願います。お店を決めたらお電話で予約が必要なお店もございますし、女性の出勤状況を確認して押さえておく必要があるケースもありますので、まずはお電話を推奨します。んでその際に『ヘブンネット(掲載媒体)見ました。告知の〇〇〇〇円のコース』と言わないと割引適用にならないケースがありますのでご注意ください。ひとことで数千円違います。必ず実施ください。

②いざ

  出向くワケですが、すすきのの場合、客引きにご注意願います。路上で話しかけてくる輩は全員敵です。山賊と大差ありませんので、全て無視してください。スマホみながらキョロキョロしてると餌食になりますので、目的意識を持って目標点までブレずに歩き切ってください。

③受付

  予約の場合は名乗ってお支払い、ふらっと入った場合は電話同様に『どの割引でおいくらのコース』を告げてください。複数の媒体で割引告知をしてるケースもあり、店員さんの頭の中に全て入っていないケースもあります。帰りにラーメン食べれるくらいの差がでますのでご注意くださいね。

④ご案内

  しばし待合室で待機です。中途でお手洗いということにならないように、この際に用便は必須ですよ。エステの場合は時間が長めになりますので、念のため行っておくかという取り組みをしてください。

⑤んで

  カーテンの向こうのお姉さんに手を引かれてご案内となりますよ。紙パンツ着用はございませんので気持ちよく全裸になってください。シャワー→うつ伏せ→うつ伏せのまま性感→仰向けで性感→おにんにんという流れになりますよ。んでシャワーを浴びて着替えて退出です。また脱ぐお店は仰向けになった段階でおヌード頂戴となりますので、心の準備をお願いします。

 

  個店ごとの違いは説明するとメチャクチャ長くなりますのでこちらをご覧ください。

http://pinsalo.info/sp/repo_sskes.htm

 

■最後に

  料金にて札幌の場合ですがメンズエステ(非風俗)は10分あたり1000円、もしかしたらそれを割り込むくらいの価格設定だと思います。対して風俗エステは60分で10000円くらいです。それよりも高くなるところもございます。単価は高いですよ。

 

『その違いが抜くということの価値』

 

  と考えていただきたいのです。つまりメンズエステ(非風俗)で非正規サービスを求めるということはルール違反であると同時にお姉さん方にとって

 

『給料に見合わない過重な労働』

 

  を要求しているということなのです。それが嫌で風俗よりも少ない水準をセレクトしている方に、対価もロクに払わず嫌がることを強要してるんですよ。どう思います?ご自分に置き換えて考えてくださいよ。業界水準を遥かに超えた働き方を要求されて給料は変わらないんですよ。やってられないでしょ?ならば違う所に行って、適切な対価を支払い楽しむべきです。でしょ?

 

  個人の私見となりますが、メンズエステ(非風俗)は癒しの場だと考えています。マッサージで体の保全をするだけではなく、ステキなお姉さんを鑑賞して目の保養をしつつ、ときおり触れる感触にて女体の柔らかさに癒されて、時にバカ話をしてメンタル面を癒す場であるとね。

  んでどうしてもドス黒い欲望を発散したければ風俗ですよ。エステのみならずいろんな業種があります。いろんなことができますよ。使い分けをしていただき、

 

『メンズエステ(非風俗)のお姉さん方か快適に就労できて』

『メンズエステ(非風俗)と風俗』

 

  両方にとって良いながれになることを祈念しております。

 

  ということで今回は以上でした。次回改正遺失物法@町民『何が出るかな?』。有事の際はまた来ます。待て次号!