1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010-01-31 16:45:25

チューリップ売り Le marchand de tulipes

テーマ:Gaspard de la Nuit訳
まだ第一部「フランドル派」です。(勉強のためにいろいろお許しくださいな、と最初に言っておきましょう。)

Ⅴ. チューリップ売り (Le marchand de tulipes)
                チューリップは鳥でいうところの孔雀、一方は香りがなく、他方には美しい声がない。
                一方はドレスを鼻にかけ、他方はその尾羽根を誇る
  Le jardin des fleurs rares et curieuses


ホイルテン博士の指の下で犢皮(とくひ)紙のページがこすれる音を立てる以外は、静まり返っている。
博士は、ガラスの水槽にとらえられた二匹の魚の金と緋の色を観賞するためにだけ、
ゴシックの装飾文字がちりばめられた聖書から眼を上げる。

門の扉が動き、花売りがチューリップの鉢をいくつか抱えてやってきて、
かくも学識高い人の読書を中断させることを詫びた。

花売りは言う。「先生、これこそ宝の中の宝、不思議中の不思議、
コンスタンチノープルの宮殿で、百年に一度しか花をつけない球根でございます。」

「チューリップ!」怒った老人は叫んだ。「チューリップ、この高慢と情欲の象徴が、
不幸なウィッテンベルクの街に、ルターとメランヒトンによる憎むべき邪説を生んだのだ。」

ホイルテン司教は、聖書の留め金をかけ、眼鏡をケースにしまうと、窓のカーテンを開けた。
イエス・キリストの茨冠、海綿、鞭、釘、そして、五つの聖痕を持つといわれる受難の花が、陽光のもとに現れた。

そのときチューリップ売りは、壁に掛かっている画家ホルバイン*の傑作、アルバ公*の肖像画の、
探るような視線に困惑して無言のままうやうやしく身をかがめていた。

notes
ハンス・ホルバイン(小ハンス 1465 - 1524) ; ドイツの画家、エラスムスの肖像画が有名。
アルバ公(Fernando Alvarez de Tolede, 1507 - 1582) ; スペインの将軍、ハーレム(Haarlem オランダ)で
多くのプロテスタント教徒を殺させた。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-29 03:54:25

石工 Le Maçon

テーマ:Gaspard de la Nuit訳
『夜のガスパール』は六つの部分に分かれています。第一巻は「フランドル派」というタイトルが付いています。
絵画的なこの詩から。

Ⅱ 石工 (Le Maçon)
                     シラー『ウィリアム・テル』の引用省略

石工のアブラハム・クニュプファーは、鏝(こて)を片手に、組んだ足場の上で歌う。
彼がいるのは、大鐘に刻まれたゴシック体の献辞が読めて、
30の飛び梁のある教会と30の教会のある街を足で踏めるほど高いところ。

彼には、石のガーゴイルがスレートにたまった水を、
回廊、窓、鐘楼、小塔、屋根、骨組みの入り混じった淵に吐き出すのが見える。
そこを一羽のハヤブサが、切り込みのある羽を動かさずに、灰色の点になって飛んでいる。

彼から見えるのは、星型に築かれた城壁、屑の中の雌鶏のように胸を反らせている要塞、
宮殿の庭では太陽が噴水の水を干上がらせてしまい、修道院の回廊の柱を、影が取り巻いている。

帝国軍の陣営は城壁の外にあった。ほら、あそこで騎手が太鼓をたたいている。
アブラハム・クニュプファーには、騎手の三角帽子、赤い毛糸の飾り紐、紐のついた円形章、
裾に結んだリボンが見分けられる。

さらには、巨大な枝葉のおい茂った公園のエメラルド色の芝生の上に、傭兵たちが見える。
彼らは五月の木に突き刺した、木製の鳥形に弾丸を浴びせている。

そして夕方、美しい大聖堂が組んだ腕に伏せて眠るころ、
彼は梯子から、水平線上に、軍人に火をつけられた村が蒼空の彗星のように燃えているのを見る。


三角帽子は、ここを。
間違っているところ、変なところはいつでも教えてくださいね。

Bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-27 01:56:53

ベルトラン Aoysius Bertrand

テーマ:Gaspard de la Nuit訳
ベルトランの『夜のガスパール』にある散文詩を一つずつ、少しずつ訳していきましょう。(今日は序文)
(いつも言うことですがあんまり柚葉訳を信じないように。楽しいところしか訳しません。)
Aloysius Bertrand, Gaspard de la Nuit
Les fantasies à la manière de Renbrandt et de Callot

はじまりは、(マスタードで有名な)ディジョンDijonという街のベンチにベルトランとある男が座っていて、
男が芸術とは、という話しを始めるところから。その話はすっかり飛ばして、
最後に、その男がこれを読んで明日返してくださいと、一冊の本をベルトランに貸す。それが『夜のガスパール』。

ベルトランは次の日(土曜日)に返そうとディジョンの街中を、その男、夜のガスパール氏を探すけれど、
見つからなくて最後はこんな感じです。

「意地悪はやめて、夜のガスパール氏がどこにいるか言ってください。」
「どこかに行っていなければ、彼は地獄にいます。」
「あぁ、僕にも分かってきました、夜のガスパールは、、、」
「そう、サタンなんです。」
「ありがとう、君。もし夜のガスパールが地獄にいるなら、そこで焼かれているでしょう。
 それなら彼の本を僕が出版するよ!」

副題の「レンブラントとカロ風の幻想詩」については、「芸術はいつも二面性を持っている。一方はレンブラント風で他方はカロ風、…中略… 作者は芸術をこの二人に擬人化して考察しているが、さらにファンアイク、アルベルトデューラー、ブリューゲル父子等々の研究にも及んでいる。」

カロ風と言えば、わたしが好きな『ブランビラ王女』(ETA ホフマン)の副題も「カロ風カプリッチョ」です。
カロ、Jacques Callot (1592-1635) は銅版画家ですね。

今日は、ここまで。

Ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-24 21:40:42

階段 l'escalier

テーマ:自作短歌 mes tanka
「なめらかな螺旋階段を降りながら殻から外へすべり出てゆく」 
En descendant l'escalier en spirale glissant, je sort de ma coquille doucement

アパートの狭いエレベータは、つるつる光る木の螺旋階段の真ん中部分にあります。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-23 12:45:19

お久しぶりです。

テーマ:パリ 2010 冬
お久しぶりです。お元気ですか。

パリは思ったより寒くなくて快適です。家は studio と呼ばれる単部屋の最上階のお部屋です。
建物は外側から見ると窓の高さがだんだん低くなります。(つまり天井が低くなるってことだと思うのですが)
でも、けっこう広くて天井も十分高く、場所もよいところなんですよ。以前滞在していた場所に近くてなつかしいです。
(はじめは同じ通りのアパートを選ぼうとしていました、、、でも新しい発見のために道くらい変えようかな、と。)

アパートのある建物のコード番号を押そうとしたところで「Bonjour! わたしもこの建物に住んでいるのよ。」
と話しかけられたのをはじめに、会う人、会う人と挨拶を交わし、狭いエレベータ(わたしとスーツケースしか入らない)に乗り、買い物に行こうと外に出れば道を聞かれ、心のなかで「今着いたばっかりなのよ?」と思いながら、この辺りに長年住んでいるような気になって、しばらくその道の名を考えてみたり・・・、パリだなぁと思いました。

お部屋はとってもきれいだし、置いてあった使いかけのオリーブオイルはいい香り、市場も近くて楽しく生きていけそうです。

楽しい週末をお過ごしください。
柚 葉

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-17 10:27:28

韻 une rime

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「南西に浮かぶ二日の細月の金環切れて韻くま闇に」
                            安永蕗子 『冬麗』 1991

Nanseini Ukabufutsukano sengetsuno Kinkankirete Hibikumayamini
                       YASUNAGA, Fukiko Torei 1991

Le croissant fin de lune flotte dans le ciel du sud-ouest,
Quand son cercle d'ore casse, la rime sonne dans les ténèbres

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-16 12:14:34

月のない夜 la nuit sans lune

テーマ:自作短歌 mes tanka
「月のない夜には発てぬあざやかな底方を覗きこむように居り」
Je ne peux pas partir à la nuit sans lune en observant les lumières au fond de la terre

言葉が足りていないけれど。

Bon weekend !
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-14 13:45:21

ひとすじの雪 

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「あたたかき身央(みなか)を通るひとすぢの僧にとどかぬ雪降りていし」
                              安永蕗子 『蝶紋』 1977

"Atatakaki Minakawotoru Hitosujino So nitodokanu Yukifuriteishi"
                         Yasunaga Fukiko Chomon 1977

Il tombait de la neige qui n'atteignait pas à un moine
(Je n'entands pas bien la premiere moitie de ce tanka)

前半がよくわからなくて躊躇していたのですが、雪がちらちら舞っている中を歩いたときに、
この歌の後半部分が思い出されたので。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-14 12:21:48

ザワークラウト Choucroute

テーマ:仕込み conserves
瓶詰めに心を開くことができないので、ザウアークラウトはなんとなく自分で作ります。
今は家にないけれど旅先でも作るでしょう、とスパイスを用意しています(日本から持っていく必要なんてないのですが)。

冬なら10日か、それ以上かかります。

いくつかのスパイスを適当に砕いて、お塩を加えた水に混ぜます。それを ざく切りしたキャベツに揉みこみます。
あとは容器に入れて、空気が入らないようにラップ、重しをし、発酵して酸っぱくなるまで待つのみ、です。
嵩が減るので、2リットルの壜に漬けようとすると、一日目はパスタ用のお鍋などに入れて、重しをしておけば
ちょうどよい量になります(と思います)。

わたしは、生のままハムといっしょに食べてしまうのですが、
厚切りベーコン、ソーセージあるいはお肉の塊といっしょに白ワインで蒸し煮にする方が、一般的かなと思います。

フランスでは、シュークルートと呼ばれます。
"シューchou"はキャベツなのですが、語源的には "クルート"のほうがキャベツを意味していたと考える方が
すっきりするらしいとどこかで読みました。なんとも楽しい言葉ですね。

Ciao,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-13 18:20:05

足もとに降る tombant aux pieds - Onishi Tamiko

テーマ:短歌仏訳 Tanka
「足もとに降り積む雪を見てをれどさびしくてわれは木などになれず」
                              大西民子 『雲の地図』 1975

"Ashimotoni Furitsumuyukiwo Miteoredo Sabisikutewareha Kinadoninarezu"
                          Oonishi Tamiko Kumonochizu 1975

Je voix de la neige tombant et s'accumulant aux pieds
Si solitaire que je sais que je ne peux pas devenir arbre

一番といってよいくらい好きな歌ですよ。あたたかくしてお過ごしください。

bisous,
yuba

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。