コメントについて、のこと

テーマ:

おはようございます。こんにちは。こんばんは。ゆるです爆笑

 

前の更新からなかなか作業が進んでおりませんあせる

 

のんびりやっているわけではないのですが、

 

いままでの記事を見直すと結構、誤字脱字や、そうだったなと思うこともあったりして、

 

延々とブログをチェックしなおす作業は結構めんどくさいけど、ちょっと楽しいですてへぺろ

 

はやく新しい家づくりの話を書きたいと思ってますが、ちょっとその前にプチ予告?を。

 

とりあえず、これからの記事に関しては、筋書きが決まっていない現在進行形のブログになりますので、

 

くだらないこと、まとめきれないことが出てくると思います。

 

丁寧に書いていくつもりではありますが、ゆるーい目で見ていただければ幸いですウインク

 

いままでの記事は様々な意見に触れることが解約を悩む方にとっても必要だと思って、コメントなんかもフリーに管理していました。

 

しかし、そのために不快な気持ちになった方もいらっしゃたのかな、と思います。

 

たしかに、インターネットの距離って難しいですよね。

 

ものすごく距離の離れたところでもコメントにしちゃうと距離はすぐ近くに感じるんだなって実感しました。

 

うちは関東東海圏ですが、たとえば、旭川、石川、浦和、愛媛、沖縄(テキトーにあいうえおで北から選んでみましたがチュー)とかからでも、実際の距離は全然違うのにコメントだとその距離に違いを感じませんよねあせる

 

これって結構すごいことだなって改めて実感しました。

 

令和の時代のコミュニケーションの難しさを今更ながら実感していますガーン

 

言いすぎかもって思ったんですが、今回のことで「これってゆるたろうやゆるのすけにどうやって教えていったらいいのかな」って思ったんです。

 

常識や前提条件として、インターネット空間やSNS上でのやり取りが想定されていて、私たちが子どものころには考えられなかったコミュニケーションがあるわけです。

 

変わっていく環境に何とかついていくしかないのかな・・・って思ってますが正直ちょっと怖いですね。

 

なんとなく、「うちは田舎だから大丈夫かな」なんて思っていましたが、ちょっとネットリテラシーの教え方については本気出して考えてみようかなグラサン

 

 

コメント一つで色んな考えや気持ちに影響を与えられるってすごいことで、それを発信する側にも受ける側にも簡単になれるってすごいことだけど、ちょっと怖いですね。

 

のんびり屋なところがあるので、「まぁいいか。」って考えていたところがありましたが、

 

せっかく読んでくれている方を不快にさせてまでオープンな環境にするのもどうかなと思っています・・・。

 

ルールを定めるべきなのか。でも、ルールを作ったりしてしまうと、私の主観というフィルターが入ってしまうのであまり好きではないんてすえーん

 

なんとなくまとまりませんが、とりあえず第2部でも最初はオープンな感じにさせていただこうかと思っています。

 

次の記事から第2部を始めますチュー

 

はじめる前に一応書いておこうと思いました。

 

最初は、コメントしっかり管理しようかなと思っていたのですが、やっぱりそれよりも自由なご意見を頂いた方が良いのかなとも思っています。

 

楽観的な考え方の持ち主なので、私自身はそれほど気にしなくなりましたし、

 

すみりんの解約記事も終わりましたのでもうなくなると思うんです。

 

では、すみりんの名も出てしまったし、この記事は第2部始まる前に消去します。こんな暗いスタート嫌ですからニヤリ