鬼嫁介護日記

鬼嫁介護日記

毎日の姑とのバトル日記でした。
今は10年の在宅介護を終えて、施設に入所しました。
未だなお続く姑のやりとりを書いています。
美味しいもの、旅行の思い出なども綴っています。

若いころは、きっとこんなに意地悪で嫌味な人間ではなかったはず。

なのに、息子に嫁が来た途端、一気に黒い心が表に出始める。

自分より若くて綺麗な嫁に嫉妬する。

何言われても何やられても、気に入らない。

あんなに大事に育てた息子が、今や嫁の言いなりになっている。

これはイジメるしかない。

 

な~んて思っていやしないだろうけど、でも嫁から見たらいじめられたとしか思えないんだよね。

 

と、嫁代表で代弁してみました。

 

そんな嫁であった私が今や姑。

今日も次男一家と夕食を共にしたけど、和気藹々。

夫は次男一家が来ると、上機嫌。

お酒も良く進む。

 

今はコロナ禍で、娘一家とはすっかりご無沙汰です。

私が時々孫くんの世話に行くときぐらいですが、それも今では月に2,3回といったところです。

そう思ったら、次男一家とも週一だから月4,5回だから同じようなものです。

ま、このくらいがいい距離関係なのかもしれません。

 

私たち世代の姑は物分かりがいい人が多いのでは、と思いましたが、先日お会いした夫の友達は、

「嫁とは気が合わない」

と、ハッキリ言ってましたねえ。

舅の立場で言う人も珍しいけど。(笑)

 

私の周りでも、子供夫婦とは暮らせないと言う人が大半。

孫の面倒を見るのも疲れるからイヤだと言う人もいました。

 

今も昔も、ダメな人はダメなんですね。

 

さて、今晩のメインは

「白菜と豚バラ肉の重ね鍋」。

夫がミルフィーユ仕立てに挑戦してやってくれました。

並べ方は雑ですが(笑)、私の味付けで超美味しかったです。

 

 
そして、再度「ちらし寿司」に挑戦。
写真はありませんが、次男が、
「てこね寿司みたい」
ですって。(笑)
蛤もゲットし、念願のお吸い物が頂けました。
 
 
それでは、おやすみなさいませ。