♡3歳♡

テーマ:

今日はスズちゃんの3歳の誕生日バースデーケーキラブラブ



おめでとうクラッカークラッカークラッカー


毎日ヤンチャな弟に戦いを挑まれてるお姉ちゃん(笑)


そんなスズを迎える4年前の2012年1月、17歳のミラと14歳のマルスを6日間の内に立て続けに亡くしてから、もうメルで最後と頑なに決めていました。


「私に飼う資格なんかない。」


そんな時メルの友達が欲しいと母と姉に説得されて渋々探していたある日、たまたま行った市役所の里親募集の掲示板に貼り出されていた子猫達の1匹を見て一目惚れラブラブ!


それがスズでした。


「この子だ!!

なぜかビビビッときました。


実はスズはすでに先約が入っていたのですが、私達が引き取ると言うならばお譲りするとのことで我が家へやってきましたニコニコ


そんなスズは野良猫の子供という事もあって全身ノミだらけ、お腹の中には回虫、そして通称猫カビと言われる、カビが皮膚に寄生する皮膚病に侵されていました。


カビは人間で言ったら水虫と同じ、白癬菌が皮膚に寄生することで全身に円形状のハゲが現れる病気。

みるみるハゲが広がり、あちこちにハゲが増えていく様子に恐怖を覚えたほど…


この子は一体どうなるんだろう…

この子は生きられるのだろうか…

2匹を亡くしたあの日の記憶が蘇ってきて怖くて仕方なかった。


猫カビは「人獣共通感染症」なので猫から人へ、人から猫へ、多頭飼いなら猫同士感染する恐ろしい病気。

もちろん感染しない子も人もいます。

直接命に関わる重大な病気ではありませんが、初めての事だったので診察室で院長先生のお話を聞きながら号泣。


生まれて間もない生後一ヶ月という小さな小さな体にカビが寄生していること、いつも痒がっている姿に心底胸を痛めました。


母に励まされ、その内に自分にもカビが感染し、スズと一緒に戦う事を決意。


治療法は病院によって様々で、塗り薬での治療や自宅でも可能な薬湯治療、副作用の強い飲み薬による治療…

ネットで色々調べる内に悪い事ばかり書いてあってさらに不安に…


スズの場合は飲み薬による治療でしたが、幸いにも副作用が弱い飲み薬でした。


毎日朝薬を飲んで、2週間に一度は病院へ行く日々…。


完治まで約一ヶ月半かかりましたが、毎日元気いっぱいで家の中を唸りながら飛び回り、いっぱい食べて、よく寝て、ここまで順調に成長しました。


そんなスズちゃんも3歳になりましたほっこり


今ではお太り気味になって、お腹がプルプル揺れるくらいに(笑)


食欲旺盛で元気いっぱい筋肉

弟を迎えてさらに賑やかになり、いつも二人でイタズラを探す毎日…笑い泣き笑い泣き


お誕生日おめでとうニコニコ


家族になってくれてありがとう。

家族に選んでくれてありがとう。


スズのママは他の兄弟はどこかへ連れて行ってしまう事が多かったようですが、なぜかスズだけはどこにも連れて行かなかったと引き取る前の方が不思議がっていました。


きっとママが選んでくれたんだねほっこり

ママ、スズは今幸せです。