前回はEarl Nightingaeの成功するための基本的な考え方を紹介しましたが、

ここでは、それを具体的に実行に移すやり方について説明していきます。

 

先ず、成功するためにはその代償を払わないといけません。成功とはその代償の大きさに比例して得られるものであるということを、ナイチンゲールはニュートンの発見した物理の作用と反作用の法則を持ち出して、それと同じことだと言っています。

 

ここでは、ナイチンゲールは30日間の実験取り組みを提唱しています。つまり、とにかく30日間、彼の成功の理論に基づいた実践をすることにより、成功の体験をして実感を得ようというのが狙いです。

 

それを始める前に、いくつか改めて理解をしておくべきことを説明します。

 

先ず、最初に、前回説明した、「人は自分が考えた通りの人になる」ということを感情的にも理論的にも理解する必要があります。次に、あなたの限界はあなた自身が決めており、自分が考えている以上の素晴らしい能力を持っていることを信じる必要があります。

 

そして、このテスト実験の取り組みの間、勇気を振り絞り、可能な限り積極的なマインドを持ち、その上で具体的な30日後の目標を立てます。実行に当たっては、あなたの達成を妨げるほどの強い障害はないのだ、ということを信じることが大切です

 

そしてこれらの考え方をしっかり持ったうえで、実際に行動に移すことが何より重要です。どんな有用な考えも、その実行なしでは全く価値を持ちません。

 

以上が30日間の実験取り組みの内容ですが、先ず、自分の具体的な目標を、自分との約束事として一つだけカードに書きます。そして、そのカードを、持ち歩き一日中見返します。そしてそのたびに自分は自分が思った通りの人間であるということを思い出します。

 

たったこれだけの簡単なことです。先ずこれに従って30日間、立てた目標に対して必要な行動を続けていきます。そうすれば30日後には全く違った人生が待っているでしょう。

とにかく、この30日間は誰からの報酬も期待せずに、これまでと違ったやり方で、絶対に失敗しないという信念をもって行動を継続することです。

 

もしも、この30日の間にネガティブな考えが沸き起こり、達成がきなかったとしても、もう一度次の30日の取り組みを始めます。

 

「なぜこんなことを続けるのか?」という問いに対しては、「これ以外の代替案がありますか?」、と答えている。簡単ではないが、これが成功に至るまでのプロセスなのだという事です。

 

ナイチンゲールは、この一時間足らずの講話で、成功に対しての理論と実践の方法を話しています。先ずはこれだけの情報でとにかく始めてみてはどうでしょうか。

 

実際には、より深い理解をする上でもっと細かい説明も必要かもしれませんが、成功するためのエッセンスは、ほとんどこの中に詰まっていると言えるでしょう。

 

これは60年以上も前に発表されたものですが、いまだに色あせることなく、自己啓発の原理原則としてとらえることが出来ると思います。

 

あなたの成功のために少しでもヒントになればと思います。

世の中で、これまで多くの人が、どうすれば人は成功することが出来るかということを語っています。

 

それぞれの人の言っていることは、共通する部分もあるし、そうでない独自の部分ももちろんありますが、このテーマは、古今東西、人々の強い興味の的になっています。

 

今日は、その中でも草分けとなる、ナイチンゲール(Earl Nightingale)というアメリカの講演家を題材として取り上げたいといます。彼の言葉が、その後の成功を語る人の考え方に多く影響をしているので、ここでは成功するために何が重要なのかについての考え方を紹介したいと思います。

 

ーーーーーー

ナイチンゲールは1921年に生まれ、1956年に発表したStrangest Secretの講話が大評判となり、自己啓発のパイオニアとして世界的にも知られるようになった。成功哲学で有名なナポレオンヒルは1993年生まれなので、その一世代後ということになる。当然、ナポレオンヒルと直接会い、大きな影響をうけているし、後年、ナポレオンヒルの成功哲学を商品化もしている。

 

先ず、彼の問題意識は、大恐慌の時代に貧しい幼少期を過ごし、貧富の大きな違いに疑問を感じたことに始まる。大人になり改めて考えてみると、アメリカという当時最も豊かな国に住んでいて、20才前後から働き続けたとしても、65才になった時に経済的に独立した状態の人は5%しかいないという事実に気づく。

 

彼によれば成功とは、「価値のあるアイデアを継続的に実現させている人だ」と言っている。では、人の成功の人生と失敗の人生とを分けるものは何だと考えたのであろうか。

 

その原因を一言でいうと、多くの人が失敗の人生を送るのは、物事を深く考えておらず、ただ、何となく他人と同じようなことをして過ごしているからだと言っている。そこで、ナイチンゲールの一番有名な言葉である、「人は自分が考えたような人になる」(We become what we think about)という考えに至る。しかし、これは、何千年も前から多くの人が言ってきていることで、良く知られているはずなのに、実は一般的には知られていない事である。

 

そして、このことから、具体的で価値のある目標を持つ人ことで、それを達成することが出来るようになると導く。その人は、その目標を目指して、そうなるべく常に考えているからである。

 

その逆に、目標を持たず、どこに向かってよいかわからない人は常に志向が混乱し、不安と恐れにさいなまれるような、考えた通りの人生を送ることになる。また、人生において何も考えていない人は、何にもない人生を送ることになる。

 

ではなぜそうなるのか。ナイチンゲールはこう説明する。

人の脳を、土壌に例えてみる。土に、トウモロコシの種と、毒草の種を植えるとする。トウモロコシの種からは貴重な食物が取れるが、毒の種からは毒草が育つ。

 

土はどちらを植えようと気にすることはなく、単純に植えられたものを育み結果をもたらす。どちらを植えるかはそれを植える人にかかっている。

 

従って、先ず、あなたがどうなりたいかを決める必要がある。それがあなたの人生にとって最も重要な決断である。そして、その定めたゴールに向かって実現すべく着実に進んでいくことが必要である。

 

そして、目標の実現のためには、その目標がすでに実現したと思い描くことであり、それが達成した時にどのようなことをしているかも思い描いてみる必要がある。これは、自然が定めた法則であり、そのようにすれば、その目標に到達することが出来る。

 

そのためには自分自身の思考をコントロールしなければならない。この自然の法則が我々を成功に導くとともに、同じ法則が失敗に導きもする。これを称して彼は広く行き渡っていることなのに、ほとんど理解している人がいないとして、Strangest Secretと呼んでいるわけである。

ーーーーー

以上がEarl Nighningaleの100万枚を売ったStrangest Secretの前半部分ですが、この中に、自己実現を通じて成功していこう、というエッセンスが詰まっていると考えています。このことを知っているだけで成功する人生を送れるということはないですが、先ず最初に基本的な考え方を理解するというところから全てが始まると思います。

 

Strangest Secretの後半部分では、ここで説明した考え方をどのように実践して、人生を成功に導いていくかについて触れられていますので、それについては次回解説していきます。

 

コロナ感染の状態が長引くと、電力やガスの需給にも影響が出てくるかもしれない。

 

日本の電力の供給の40%は液化天然ガス(LNG)に依存していて、しかもそのすべてを海外からの輸入に頼っている。

 

一方、天然ガスは徐々に気化してしまうため長期保存に向かないために備蓄量は2週間しかない。

 

そうなると、運んでくる船に感染者が出て入港が拒否されたり、LNGの発電所に感染が広まったりすると、発電所が発電できないという事態が出てきてしまう。

 

加えて、今年は9基動いている原発が、テロ対策の工事や運転差し止めの裁判の影響で一時的に半減することになるという。

 

しかし、急にエネルギーの燃料構成をることは難しく、感染に対しての対策を取りながら、発電が出来ない状態を未然に防いでいくしか手がないのが現状のようだ。

 

また、LNGは都市ガスの主な原料でおあり、LNGが入ってこなくなるとガスの供給にも影響が出かねない。

 

新型コロナの感染が広がり、緊急事態宣言が発令されるかもしれないというときには、あらかじめ食糧の備蓄をしていく動きが一部であり、今でも外出規制が敷かれている中で、スーパーに行く頻度を押さえるよう、多少の備蓄をしている家庭も多いと思う。しかし今の備蓄は自然災害用の備蓄と異なり、ライフラインの途絶を前提としない備蓄となっている。

 

ところが、電力やガスの供給が一定期間途絶える可能性があると、備蓄する中身も当然変わってこなくてはならない。

 

マンションに住んでいる場合は、水が必要となるであろうし、携帯の電源を確保するための蓄電池的みたいなものも必要かもしれない。 また、カセットコンロで使うガスボンベなども一挙に買いだめされる危険もある。

 

現時点ですぐに危険が迫っているわけではないが、LNGの供給事情に注意を払い、その兆候が起きたときにはすぐに対応をすることを考えておいた方がよいであろう。