こんばんは。よしこです。





「結婚について」をリーディングして貰い、
早速打ちのめされたよしこガーン
しかし凹んでるヒマはなく、
交代して今度はわたしがリーディングする側になったのでした。



目の前で真以さんが見ているし、
他の受講生もみんな見ているので、それなりに緊張はしつつも、
カードの意味はなんとかお伝えすることが出来ました。

が。

それだけで。

カードの意味は伝えられても、お客さんの心に響いてない、届いてないんですよねショボーン


色々と理由はあるのだけど、
決定的なのは、コレでした。



「よしこちゃん、このカード苦手だよね」



そのカードとは、こちら。




「再誕生」というカードです。
 
 

笛を吹いて無邪気に遊んでる子供が本来の姿。
けれど「しっかりしなさい。早く大人になりなさい」と言われて、ライオンになったんですね。
でも、ライオンだとみんな食べられちゃう。百獣の王だから怖い。それじゃみんなに好かれない、嫌われちゃう〜!ってなって、ラクダになったんです。
ラクダは荷物を持ってくれるし、人畜無害だし、役に立つ。みんなに好かれるラクダなんですね。
しかし、ラクダは感情を感じられなくなってしまっているのです。。。



このカードが出た時は、思考で何も感情を感じないようにしていて、今の自分はラクダになってるんだよー、本来の姿ではなく仮の姿なんだよーってことに気づかないといけないんですね。



これが読めなかったんですよね。
真以さんに「誰から習ったの?」って聞かれちゃう位に読めませんでした。
超グダグダのグズグズもにょもにょでしたえーん



コレね、結構あるあるなんですよ。



「占い師自身が苦手なカードは読めない」(読みたくない)


苦手=心当たりありまくりなわけで。
嫌だから見たくないし理解したくないわけです(涙)
自分がラクダになってたけど、感情を感じてしっかり出してライオンや子どもに戻りましたー!って経験をしてたらね、そうやって伝えられるんですよ。
だけど、見ないことにしてやらないままだと、自分がやってないことをお客さんに言えないんですよね。
なので、意味は分かってても、口ごもるんです。


無理に解決しなくてもいいんです。
ラクダがダメというわけではないので。
ラクダでもライオンでも子どもでも、
本人が困ってなくて、それで良くて幸せなら、それでいいんですよ。
ただ、タロットを他者に対してリーディングするとなると、
それが明るみに出てくるんですよねガーン


よく、占い師自身が問題を解決した分だけみなさんのお手伝いが出来るとか言うんですけど、
こういう仕組みなんですよね〜。
そう、よしこも人畜無害のラクダの人生を長年やってきたわけですびっくり
ライオンや無邪気な子供には戻りたいけれど、感情をガオガオーって出すのが怖いので、そこが説明出来ないんですよね。
無意識ってコワーーー!!!!!!



そんなこんなでラクダコンビ(?)のリーディングが終わり、
再び他の受講生の方々のリーディングを見学。
涙する人、カードのアドバイスを受け入れがたい人、色々ありつつ。。。
2周目のリーディングの番がやってきたわたしは、
「仕事について」を占ってもらうことにしました。




つづくYO!!!!!



 

 

 
■現在受付中のセッション セッションメニュー・スケジュール
プロフィール
潜在数秘術とは?
エモーションフリーとは?
セッションのご感想

 

 

質問や感想をLINE@にて受け付けております!
お気軽にメッセージくださいおねがい

 

友だち追加

 

↑追加はコチラから!