こんばんは。




今年は仕事が良い感じにすすみまスイスイ〜







さて、すまい給付金
 

ご存知ですよね?


当然知ってますよね?




先日、家を買って住宅ローン控除をするという方と世間話をしていたのですが、

その方はすまい給付金について何も知りませんでした。




もしかして、同じような人がけっこういるんじゃないか、、??



ということで今回はゼロからすまい給付金です。










嘘です。今回はざっくり知っている事が前提です。



このすまい給付金ですが、

給付金額の判定に都道府県民税の所得割を使うんです。

そして、ふるさと納税を行うと都道県民税の所得割が減るんです。


住宅の取得時期によって判定に使う住民税の課税証明の対象年度が一年単位でずれるのですが、
ざっくりいうと取得の一年前か二年前の1〜12月までの年収を判定の基礎に使うわけです。

ということで、その一年前か二年前にふるさと納税を行なって都道府県民税の所得割を圧縮しておけば、
年収に比して過大とも言える給付金が貰えてしまうことがあるわけですね。



意図してこの行為をするのはなかなか難しいですが、
今の自分の年収を見てすまい給付金の対象外だな〜と思っている人も、
よくよく調べると給付対象である可能性がありますよ。





二年前の年収が意外と低かったり、

ふるさと納税を行なっていたり、

不動産経営の副業で一時的な赤字がでていたり、




そんな人は申請漏れご注意ください。

そして今後家を取得する予定の方は是非この機会にふるさと納税を始めてみてください(^^)