フィギュアケースメーカーヨメテラス公式ブログ

フィギュアケースメーカーヨメテラス公式ブログ

高演色性ダウンライトやUVカット板にAS板など付加価値の高いケースの制作・販売をしているヨメテラスの公式ブログ。ケース制作の様子やフィギュアをかっこよくディスプレイするための情報など。

ヨメテラスでは「高演色性ダウンライト」や「UVカット板、AS板」など付加価値の高いフィギュアケースをセミ&フルオーダーで制作・販売しています。イベント展示で目立つ「背景サイン」を用いたケースは他には無い存在感でディスプレイに拘る方におすすめです。

フィギュアケースメーカー「ヨメテラス」

ヨメテラスケースオーダー時の応対に関して

 

日頃ヨメテラスでは、お客様自らが自分の欲しいサイズ・仕様などを各項目から選べるMyフィギュアケース作成を多くの方にご利用いただいています。

 

このサービスでは、計13の項目にそれぞれ必要な内容を選んでいくことで簡単にケースの価格が見積もれるものとなっていますが、その結果が高額なケースとなる場合には別途ヨメテラスに直接ケースのご依頼に関するご相談などをいただく場合も多々有ります。

 

これはやはり高額になるこだわりのケースということで、お客様自らが少しでもわからない部分やより良いものを納得して購入したいという意向から当然のものだと思います。

そこでもちろんヨメテラスでは担当のアクリルマイスターを介し、そうしたお客様から寄せられるお悩み・ご相談などに丁寧かつ親身にお応えしています。

 

今回は先日製作させていただいた、「PLAY ARTS改 クラウドストライフ & ハーディ=デイトナ」用のケースを、ご依頼時のお客様とのやりとりQ&Aのようなカタチにし併せてご紹介させていただきたいと思います。

 

※こちらは実際に完成したケースを設置したお客様宅での撮影したものです。

 

 

【Myフィギュアケース作成からご注文前のご質問】

まずお客様よりMyフィギュアケース作成ご注文したいという旨のご連絡をいただき、その上で事前にいくつかご質問があるという内容にアクリルマイスターからご返答をさせていただきました。

 

お客様からの事前にお伝えいただいた情報

  • ケース設置場所のサイズ:幅450mm 奥行420mm

  • フィギュアのサイズ:幅430mm 奥行160mm 高さ270mm 重量2.1kg

  • 想定しているケースサイズ;幅440mm 奥行410mm 高さ400mm

  • フィギュアの配置に関して:スペース的にケース内に対角線になるように配置

※お客様より事前に共有していただいた実際の設置箇所のお写真。

 

Q1. ケースの高さについて
 

ーーフィギュアの全高が270mmなのですが、上にダウンライトをつける際のオススメのケースの高さはありますか?

 

A. ダウンライトを付ける場合、ライトとフィギュア頭頂部までの距離を約150mm~250mm空けることをお勧めしております。理由としては、この距離が近いと頭頂部付近の反射が強く出てしまい綺麗に見えなくなってしまうからです。

フィギュアの高さ270mmの場合ですと、ケースの高さは420~520mmが望ましいと思われます。ケース内の高さに余裕を持たせることでゆったりとした空間演出になり、まるで美術館のような高級感を出すことも可能です。逆に高さに余裕がないとどこか窮屈でせっかくのフィギュアに圧迫感を与えてしまうこともあります。

 

 

 

Q2. ケースの厚みについて
 

ーーケースの厚みは3t(mm)で考えていますが、お伝えしたケースの内容的に強度の問題はありますか?また、見た目も含めオススメの厚さがあれば教えてください。

 

A. 強度の観点としては厚みは3mmでも問題ないです。

3mmと5mmのアクリルの厚さによる見た目の印象としては、3mmは薄く繊細なイメージ、5mmは重厚で高級なイメージになりますので、お好みで選ばれると良いかと思います。(それぞれもたれる印象は人によって多少異なるかとは思いますが)

 

 

 

Q3. 台座の厚みについて

ーーケース同様こちらも厚さ3t(mm)で考えていますが、こちらも強度的に問題はないでしょうか?

 

A. フィギュアの重量が2.1kgとそこそこに重たいので、可能であれば台座裏側の補強をしておくと安心かつ安全です。(ご希望の際には注文の際に別途台座裏側補強希望とご記入ください。)

 

 

 

Q4. 背面について

ーー背面は黒マットを考えていますが、フィギュア自体が全体的に黒いので背面に埋もれて映えにくくならないか心配ですが、何かオススメの背面などあれば教えてください。

 

A. Myフィギュアケース作成では現状「ダウンライト」選択の際には、背面には「黒マット」or「黒ツヤ」のみのご選択となってしまいます。仰るようにフィギュアと背面が同系色の場合、主役のフィギュアが目立ちにくくなる可能性もあります。ただ高演色性ダウンライトによって照らされた際フィギュア自体のディテールが十分に照らし出されるのと、FF7の世界観とクラウドというキャラクターの持つイメージから、背面は黒マットでも問題ないかと思います。

もちろん別途白などのカラーアクリルを、背面サイズに併せフリーカットしたものを別途取り付けるといった対応も可能です。

 

 

Q5. 台座面のついて

ーー背面同様、こちらもオススメのものがあれば教えてください。

 

A. こちらも背面同様に、今回飾るFF7のクラウドという世界観とキャラクター性から黒をベースにしたもので問題ないかと思います。

 

 

 

Q6. その他オススメのサイズ・仕様など

ーーもしお伝えした設置場所以外に、このフィギュアへのオススメのケースサイズや仕様などあれば教えてください。

 

A. 仕様としては別途「ケンドン式扉」なども併せてご紹介させていただければと思います。フィギュアの出し入れが容易になるのと、写真撮影の際など背景の映り込みもなく可能となります。その代わり取手などがつく分、正面からの見た目が若干損なわれるという点と、追加のコストが発生してしまうというデメリットがあります。

 

 

これらご質問を経て、お客様より実際にMyフィギュアケース作成からケースのオーダーをいただきました。

 

完成したケースをお客様からいただいた写真でご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

つづいて、お客様からケース到着後のご感想もいただきましたのでご紹介いたします。

 

「無事、フィギュアケースが届きましたので、メールさせていただきました。

 

まず届いた荷物を見た瞬間、想像より大きくて驚きました。しかし、段ボール内の梱包を見て納得がいきました。なぜなら、私がこれまで見てきた中で、ダントツ一番で梱包が丁寧にされていたからです。

 

フィギュアケースについてですが、高さはアドバイスどおりに、フィギュアの高さ+15cmにしたことで天井高となり圧迫感もなく、フィギュアとのバランスが良かったです。

 

背面、台座面の素材ですが、ともに「黒マット」としたことで、ダウンライトによる陰影もしっかり出ており、高級感がある空間となりました。

 

また、同梱いただいたネームプレートも使わせてもらいました。

大変満足いくものを作っていただき感謝しております。

 

また機会がありましたら、利用させていただきます。ありがとうございました。」

 

PS.

設置場所に対して、ギリギリのサイズ発注したため設置できるか不安だったのですが、添付写真とおり完璧でした。

 

 

このようにヨメテラスでは、お客様1人1人に対して徹底的にご納得いただけるよう尽力してご対応させていただいています。

その結果、お客様もご満足いただけるお買い物をしていただけるようになりました。

 

Myフィギュアケース作成メニューでは、それぞれの項目にヒントとしてアドバイス内容も記載されていますが、分かりづらかったりもっと知りたいといった場合にはお気軽にご連絡いただければ、今回ご紹介したように1つ1つ丁寧にお応えさせていただきます。

 

 

1分間で自分の欲しいケースの見積もりができる「Myフィギュアケース作成」はコチラ

 

全面サインデザインケースのご紹介


今回ご紹介するのは、「全面サインデザインケース」です。

ヨメテラス独自の仕様である「背景サイン」ですが、こちらを背面だけでなく前面・左右両側面・天井にまでデザインを施したケースとなります。

 


【サイズ】

上部ケース部:幅340mm 奥行300mm 高さ355mm

下部台座部:幅350mm 奥行310mm 高さ80mm

 

【仕様】

・前面開閉ケンドン式扉

・全面サインデザイン(背面と天井は1枚のアクリルをL字曲げ加工によって製作)

・RGB調光タイプLED(前面ケンドン式部のみ無発光エッジングのみ)

・台座面発光(調光機能付き)※調光&OFFが可能

・背面取り外し可能ブラック板(取り外すことで透明ケースとして仕様可能)

 

【デザイン】

・背面、前面、左右側面、天井の計5箇所

・デザインデータはお客様による支給が基本となります

※別途デザインオーダーも承ります。料金は内容により変動いたします。

 

 

特徴1 全面へのサインデザイン

このケースの最大の特徴はなんといっても全面に施されたサインデザインです。背面・前面・左右側面・天井の計5箇所へのサインデザイン部の発光は、とても高い演出と訴求力となります。

 

背面部デザイン

 

 

天井部デザイン

 

 

 

左側面デザイン(ケース正面からみて)

 

 

右側面デザイン(ケース正面からみて)

 

 

正面部デザイン(※正面のケンドン式扉部のみ無彩色のデザインエッジングのみとなります)

 

使用するデザインのデータは基本お客さまご自身でご用意いただくカタチとなります。

アクリルへのエッジング加工には「ベクター形式」のデータが必要となるため、aiやsvgなどベクターデータの製作&書出しが可能なソフトをご利用いただきデザインデータを製作いただきます。別途デザインを承ることも可能ですが、デザインの内容によりデザイン料が変動いたしますのでまずはご相談ください。

 

特徴2 前面ケンドン式扉

前面はケンドン式扉によるアクセスとなります。

これによりフィギュアの出し入れが安易になるのと同時に、前面アクリルへの映り込みもなくなるので写真撮影の際にも便利な人気の仕様となっています。

 

 

前面のみデザインエッジングのみでLEDによる発光はありませんが、その他四方からのLEDライトの反射などによりライティング効果は得られるようになっています。

 

 

特徴3 背面〜天井一体型

背面と天井は1枚のアクリルをL字に曲げることで構成されています。

 

 

 

LEDのライト照射は背面から天井部にまできちんと行き渡り、デザイン部もしっかり綺麗に光ことが可能です。

 

 

特徴4 台座面発光の調光機能

台座の面発光には調光機能がついており、光加減やON/OFFなど操作することが可能です。

 

調光ボタンは台座部右側側面(ケース正面からみて)に設置、いつでも好きなときに台座部の調光とオンオフを操作できます。

 

台座面発光OFF時には全面のデザイン発光がより際立ち、状況に応じて色々な演出・飾り方が可能です。

 

 

特徴4 取り外し可能な背面ブラック板

背面に付属しているブラック板はサインデザイン部発光の際、より際立てる効果がありますが不要という際には取り外すことが可能です。四箇所をネジでとめてあるだけなので取り外しも簡単、好きな時に透明なケースとしてご利用いただくことも可能です。

 

 

ケースディスプレイ参考

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介したケースはあくまで製作事例の1つとなります。

このように飾るフィギュア、キットの世界観などをイメージしたデザインなどを施すことで、フィギュアとケースがまるで1つの作品になるような雰囲気をだすことが可能です。

 

まさに世界に1つだけのオンリーワンなケースというものが今回ご紹介する内容となります。

 

ヨメテラスケース製作事例

PRIME1STUDIO製「プレミアムマスターライン 北斗の拳 ケンシロウDX版」用ケース

今回ご紹介するのは「プレミアムマスターライン 北斗の拳 ケンシロウ DX版」用のケースとなります。

 

ケースご依頼に際し、お客様からはフィギュアの重量が約20kgほどあるのでケースの強度などに不安がある、というご相談をいただきましたので、その点も踏まえてのサイズ・仕様などアドバイスをさせていただきました。

 

 

こちらのケースはヨメテラスHPの「Myフィギュアケース作成」メニューでサイズと仕様を選んで決済していただいたあと、別途前面ケンドン式扉への改修も行っています。

 

Myフィギュアケース作成での詳細は下記の通りです。

 

  • ステップ01 幅600mm 奥行500mm 高さ850mm アクリル厚み5t
  • ステップ02 黒マット
  • ステップ03 1灯
  • ステップ04 UVカット
  • ステップ05 なし
  • ステップ06 なし
  • ステップ07 ケース&台座
  • ステップ08 板タイプ
  • ステップ09 幅600mm 奥行500mm 高さ5mm 5t 連動させる
  • ステップ10 黒マット
  • ステップ11 なし なし
  • ステップ12 なし
  • ステップ13 なし

ケース価格 54,390円

台座価格 8,280円

消費税 6,267円

送料 770円

※別途、ケンドン式扉への改修費 14,541円(税込、別途銀行振込)を追加計上。

 

合計 84,248円

 

となります。

 

上部には美術館などでも使用されている高演色性LEDダウンライトを1灯設置、台座面は強度の観点から板タイプをお選びいただきました。

箱タイプでも裏面の補強をある程度することは可能ではありますが、今回はフィギュアの重量がかなり重いということもあり、より安全な板タイプでの製作となりました。

※面発光台座では補強は不可となります。

 

 

前面にはやはりケンドン式を採用しました。

重量もさることながら、サイズ面でもかなり大きいケースとなっていますので、ケンドン式への改修は必須だったと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

照明はシンプルですが良い具合に全体を照らせているかと思います。

また北斗の拳という世界観、ケンシロウというキャラクターからも、ダウンライトが生み出す陰影感がマッチしていると感じます。

 

 

以下は実際にケースが届いたあとのお客様のご感想・レビューとなります。

 

昨日、製作していただいたケースが無事到着しました。開封した瞬間感動しました。

サイズは、アドバイスしてくださったおかげでフィギュアとのバランスがバッチリで、扉もケンドン式にして良かったです。作りも非常に丁寧で、気に入っております。このケースで飾って鑑賞するフィギュアは、通常の何倍もカッコよく見えます。

それから、名刺・アクリルカード立て・静電気除去クロス・ステッカーまで付けてくださりありがとうございます。ヨメテラス様でオーダーして本当によかったです。

素晴らしい物を製作していただきありがとうございました。また何かケースを作成していただく際は、是非宜しくお願い致します

 

 

貴重なご感想とケース設置のお写真をいただき、誠にありがとうございました!

 

開封した瞬間に感動した、というお言葉をいただいた瞬間こちらも感動しました。

高額な製品は品質が良くて当たり前でなければならないというハードルがある中で、このように思っていただけたというのは作り手からしても大変光栄なことです。

 

 

1分間で自分の欲しいケースの見積もりができる「Myフィギュアケース作成」はコチラ