一つ歳をとる前に、今思ったことは今書いておきます。

30歳過ぎてから3年間ずーっと考え続けていたこと。
特に33歳になってから。

この歳になると、婚活の悩みというか、
愚痴っぽいことは友達にもちょっと遠慮して言えなかったりする。

特に既婚者の友達にはなかなか言えない。

だからこうしてブログ書いたり婚活関連の情報収集めっちゃします。

今から書く内容は、不快な人はMAXイラつくんじゃないかなと思いますが、自分のブログなので容赦なく書こう。

そしてあくまで個人的な意見なのであしからず。

一部自分もあてはまり、一部は他人が思ってそうなこと。

30歳オーバーの婚活女性が思いがちなことリストです。

・このまま一生結婚なんてできないんじゃないか。

・自分はもう30代だけど、やはり40歳代以上はおじさんにしか見えない。

・妥協しろと言われても、みんな人のことだから軽く言えるのだ。

・遊ばれたくない、けど遊びを知らないダサい人はいやだ。

・学歴は大卒以上、年収500万以上、ってとこまでレベル下げてるのに何でこんなにもいい男に出会えないの?え、世の中の平均年収知らないわけじゃないよ。知ってて言ってるんだよ。

・自分はそこそこルックスも悪くないし性格もいい方だと思うからまだまだいける。

・既婚者女性に婚活相談はしたくない。なぜなら「高みの見物」に思えてくるからだ。

・心のどこかで友達よりも良い旦那を見つけたいと思っている。

・友達に彼氏ができたと聞くと嬉しい反面、寂しさと嫉妬で自分が嫌になりそうだ。

・なんで自分にオファーくるのはおじさんばっかりなんだよ!

・「付き合おう」という言葉に思わずテンションが上がる。

・次に付き合う人とは絶対結婚したい。

・自分は特別だと思っている。

・アプリのプロフィール写真に時代を感じる男性が多いのはなぜ?なぜこの写真?

・自分はオッサンのくせに「20代を希望します」とか思ってたとしても書かないでほしい。いや、わかりやすくて逆にいいのか?

・結婚相談所は最終手段だ。

・見た目は妥協する!と言いながらもそこそこルックスのいい人ばかりに目がいきがち。

・結婚式、何人来てくれるかな。

・よし、婚活の前に女磨きだ!

・いつ聞こう、宗教問題。

・優しいし尽くしてくれたり、こんなにいい人はもういないかもしれない!
けど顔が...

・婚活アドバイザーとやらになぜかイラつく。
上から目線で言ってるようにしか聞こえない。

・結婚相談所でよく言われる「理想を下げろ」という言葉の破壊力よ。

・もう自分はこんな人しか相手してくれないの?

・土日に友達に誘われたらなぜか躊躇する。特に恋人ありor既婚者。ホンネは「婚活したい...」

・時々女友達が敵に見える。

・両親にウェディングドレス姿見せたかったなー。←遠い目をしている。

・老人ホームの手配しとこうかな。

・このマンション、何年一人で住むねん。

・老後、寂しいやろなー。

・おっと、保険はしっかり入っておかないと。

・うぉー老後の心配の前に結婚やろ!

・アプリも婚活パーティーも「常連」と言われる日は近いのかもしれない。

・明るく穏やかで、気が利いて、素敵な女性でいなければならない、とマインドコントロール。



あげたらキリがなさそうなのでこの辺にしとこ。


この類、アラサー婚活女性は一度は考えたことあるのではないだろうか。
AD