シンギングボウル光セラピスト真理愛(マリア)東京都足立区

シンギングボウル光セラピスト真理愛(マリア)東京都足立区

シンギングボウル光セラピ-/エンジェルヒ-リング・リ-デイング/女神のタッチビ-イングタッチ

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

私の覚えの悪さは

幼少時代の

親の執拗な

押さえつけから

身を守るためだったと

気がついた。

それをいちいち

覚えていたら

苦しくて

生きてこれなかった。

だから

人の話も集中して

聞けない。

相手の伝えようと

してることが

わからない時がある。

人より

一生懸命なのに

人よりできないのは

これが

原因だとわかった。

そう考えたら

私は

よくそんなに

大変な事をして

生きてきたな。

と思った。

こんなに大変な

人生を

生きてる人達の

力になりたい。

だから

もっと自分と真剣に

向き合って

一瞬一瞬を

大切に生きたい

と思った。


テーマ:

昨日

大嫌いだと

思っていた弟が

.大好きだったことに

気がついた。

私の父は

DVで酒乱だった。

いつも狂った

鬼のように

私には見えた。

そんな父のもとで

生まれた子供の中で

ただひとり

男の子だった

弟に対する期待は

異常なものがあった。

弟をいい学校に入れるため

自分のいいなりに

させるよう

虐待して

育てていた。

中学になると

弟は

家庭内暴力を始め

登校拒否になった。

そのまま

10年は引きこもりと

家庭内暴力が

続いた。

ある時から

おさまってきたように

見えた。

弟の中には

過去の苦しみがある。

けれど

表面的には

何も

起こっていない

ように見えた。

しかし

私はそんな

苦しみを抱えた

弟がかわいそうで

ならなかった。

それから

私は実家に帰る度に

「弟は虐待されて育ってきた。」

と父に聞こえるように

大きな声で言う

自分を

押さえられなく

なっていた。

そんなことを言うことで

何がどうなるかなんて

わからなかったけど

言いたい気持ちを

押さえることが

できなかった。

そこから

弟はまた

家庭内暴力を

始めた。

そんな姿を見て

大嫌いになった。

でも昨日

そらさんと

話してるときに

いつも

大好きでいたことに

気づいた。

私は

目に見える

現象だけを見て

善悪や好き嫌い

気分や感情で

愛か愛じゃないかを

判断するものだと

勘違いしてた

ことに気がついた。

私は愛だったんだと

思えた。


テーマ:

恐怖が消えたかも?

とても

穏やかな

気持ちでいられる

ようになった。

例えて言うなら

空気のよう。

この6日間

毎日

そら山本博さんの

叡智のバトン

という会に

参加して

自分の行動や

想いが

なぜ起こるのか

徹底的に

分析していった。

善悪で判断して

悪は愛ではない。

とか

好き嫌いや

感情で

自分にとって

不愉快なものは

愛ではないといった

勘違いで

全てを見ていた。

この世には

善も悪もなく

全ての瞬間に

愛が存在していた。

という事実が

わかってきた。

しかし

表に現れるときに

変型している

愛もある。

その行動ひとつの

心の中を見ていくと

いらない信念が

あることに気づく。

ただそれを

見ることは

人によっては

とても辛くて

根気のいることだ。

でも

その先を

見つめていき

なにが

自分を動かしてるのか

理解して

自分は愛だった

ということに

気づくと

自分というものが

なくなり

空気のような

感覚になっていく。

これが

本当の至福?

と思ったりしている。

このあと

叡知のバトンに

2日間出る。

ここから

また更に

本当の自分探しを

していく。

どこまで

自分を探し

出せるだろうか。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス