伊王島日記
長崎へお越しの際は、長崎港から20分の伊王島へぜひお越し下さい。
やすらぎ伊王島は、旬の素材を使用したお料理と天然温泉でお迎えします。

やすらぎ伊王島
[ご予約 ・お問い合せ]
TEL :095-898-2202    HP :
http://www.ioujima.jp
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-12-01 17:04:03

島風の湯は元気に営業中です!

テーマ:網元食堂日記

こんにちは

網元食堂の伊勢でございます。

今日から12月に入り、やすらぎ伊王島リニューアルオープンに向けて

大規模な改装工事が始まります。

工事中はいつもご利用のお客様方にご不便をおかけしますが

新しい伊王島に生まれ変わるのを期待してしばしお待ちくださいませ。

 

今日からメインレストランのうららかは休館しておりますが

ホテル新館では12月中ランチバイキングを開催しております。

予約状況によっては開催日の変更もありますのでお電話にてお問い合わせの上御来島下さい。

 

ちなみに。。島風の湯は休むことなく通常営業しております!!

寒くなってきましたが、暖かい温泉と

美味しいお食事を用意してお待ちしております。

今日みたいな日はおうどんが人気です。

 

 

牛すじのおうどん ¥880

 

そして露天風呂から見える夕景です。

 

 

夕陽が海に沈むところは見えませんが夕焼けがとても綺麗に見えます。

賑やかなのもいいですが静かな伊王島もいいですよ!

 

それでは。

2017-10-17 09:57:46

10/22伊王島ハロウィンパーティー!開催いたします

テーマ:イベント

んにちはかぼちゃ

 

来週末10/22(日)は「伊王島ハロウィン✨パーティー」
(11時より 海の見えるホテルにて)

 

楽しいことがたくさん・・・

①豪華賞品が当たる仮装コンテスト
 優勝者にはやすらぎ伊王島商品券3000円分とお土産セットをプレゼントいたします。参加は無料です。受け付けは当日11時より開始、20組限定です。
また、仮装してきてくださった方、先着20名にお菓子セットをプレゼントいたします

 

②おいしいものがたくさん
 伊王島ホットドックやかぼちゃスープ、ポップコーンや長崎シフォン、綿菓子などの販売があります🍴

 

③ゲームもたくさん
 いつ起こるかわからないゲリラ宝探しゲームから、くじ引き、釣りゲームなど

 

④仮装してこなくても楽しめます
 被り物などの貸し出しや、ハロウィンメイクも現地で行っていますので、

やっぱり仮装したい!と思っても大丈夫!

 

⑤いろんな撮影スペース
 おどろおどろしいようなかわいいような?顔ハメや、赤ちゃんが寝転がって撮影できるスペースなどSNSにUPしたくなるような場所を 長崎マーケットさんがたくさん準備しています!

 

⑥仮装ダンスパーティー😍
 お子様から大人の方まで楽しく踊るダンスの時間をもうけました。

ダンスの先生がちゃんと教えてくれます^^楽しい思い出を作りましょう。

 

ぜひ、遊びにいらしてくださいねハロウィンハロウィンハロウィン

 

やすらぎマルシェ 平山カボチャでした!!!ペタしてね

2017-10-09 17:31:23

読書の秋

テーマ:網元食堂日記

お久しぶりの網元食堂の伊勢でございます。

先日、ノーベル文学賞が発表され

長崎県出身で英国人作家であるカズオ・イシグロ氏が受賞されました。

私は彼の本は読んだ事はないのですが、映画化された

「日の名残り」が好きで、その邦題もいい題名だなと思って覚えていました。

とても良い作品なので本が苦手な方は是非映画でご覧ください。

 

という事で、今日は秋の夜長にぴったりな私のオススメの本を二冊ご紹介します。

二冊とも読みやすい動物の本です。

 

ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー

 

 

アドベンチャーレースのレーサーとして

世界中を転戦していた本書の著者がエクアドルの大会に出場した時

過酷なレースの途中で、ある一匹の野良犬と運命的に出会います。

その出会いからアーサーと名付けたその犬を自分の家族の一員として

自宅へと連れて帰るまでを、自分の自叙伝的に綴っています。

出会いというのは何も人と人に限った事ではなく

動物と人にも絆というのは存在するんだなと思わせてくれる一冊です。

 

 

わたしのげぼく

 

 

なんともまあ、ものすごいタイトルですが

実は伊勢が今まで読んだ絵本のなかで一番号泣した大人向けの絵本です。

網元の河野店長もこっそり一人で読んで泣きました。。

ねこの「わたし」とわたしが「げぼく」と呼ぶどんくさい飼い主の

出会いと別れをねこ目線で描いています。

『げぼくに抱かれる「わたし」』の最期の描写は本当に切ないです。

 

動物好きじゃない方でもどちらも読みやすいと思うのでオススメです。

それでは。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス