首都東京では月に三千人ほどの人口流出が止まらない状況となっています。

少子高齢化時代でも青天井だった東京の人口増加でしたがコロナにより減少に転じました。これでもかと過密さを追求してきた住空間や移動空間そして勤務空間でありましたがようやく歯止めがかかる模様です。私達、地方の者からすると馴染みがたい満員電車や狭いアパートなどが見直されつつあるわけです。

三密回避から開疎化へ人々の価値観が変わろうとしています。それはコロナがキッカケとなり、さらにIT技術の成長が後押ししています。この潮流はさらなる技術革新に拍車をかけるでしょう。

そして今正に、都市部から流出するコロナ難民の受け皿になりうるか、地方自治体間での争奪戦が始まろうとしています。