クリスマスが近づいてきたころ、ある街に暮らす少年がサンタさんに手紙を書いて送ると、すぐにサンタさんから返事がきました。 

手紙には、クリスマス・イヴの夜に少年の家までプレゼントを届けに行くと書いてありました。そしてイヴの夜、少年は部屋の窓から空を見上げてサンタさんの姿を探しています。

 

サンタさんがにげた』(やしろしんすけ 作・絵)より

 

 

ペタしてね