グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

福岡市がNPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター(AABC)と連携して韓国などからの介護施設の視察受け入れ体制を整備、とのニュース。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008122701000364.html  



日本同様、少子高齢化の進む各国に役立つモデルを提供したいとのこと。



どこを見られているかというと…



「注目を集めたのは寝たきりのお年寄りを入浴させる浴槽。



約1000万円という価格に驚きの声が上がったが、担当者は『国の補助もあり、日本の施設ならどこにでもある』と説明する。



釜山市の介護施設で働く姜福姫(カン・ポッキ)さん(40)は『韓国では機械の導入が進んでいない。日本は20年先をいっており、学ぶべきところがたくさんあった』 と興奮気味に話した。」



う~む、やっぱりハードなのだろうか。



リフト浴、制度化して補助金つけて、業者にお金が流れる仕組みにした結果、どこでも当たり前のように浸透したけど、実は施設によってはもう時代遅れで、ほとんど無用の長物、次々と個浴に置き換わっている…ってところを、本当は伝えないといけない?(反面教師)





AABCでは、特養のほか、有料老人ホームやデイ、グループホームなどの見学コースを設定しているが、福岡ならむしろ宅老所の「よりあい」とか行くと面白そう。



フツーっぽくて、あんまり興奮できないかもしれないけど…。



日本のなかにも、いろいろな事業所があるし、どっちにしても評価には価値判断が入る。ただ案内されてしまうと褒めるのがお約束だから、とりあえず目につくところに感激してくれる。

(日本人も北欧に行くとつい気をつかって過剰にやってしまう)。



ホントは風呂にゆっくりつかるよりも、普段シャワー+時々アカスリ派が多い韓国。



日本(の一部)を習って20年後には、実現させているだろうか。



機械化したアカスリ。



それなら逆に結構、興奮できそうだ、ってやっぱり痛そう。

(そもそも横になってやるんだから機械化必要ないし)



お正月も営業中!

初詣や温泉はグレースケア機構


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年、姜尚中教授は、若い人が飛び込み社会の新しいエンジンとなる仕事として2つ、


「金融サービスや保険」


「介護など情動的なビジネス」


を挙げていた。


記事 「介護で次産業を牽引!腰痛い」



で、英米を引き合いに、「債権国家にふさわしいあり方」として「富を生み出していくサービス」というから、どうしても金融工学を操る賢さの方がチラついたものだったが、


結局いまや、米国発の金融危機の原因をそういう「賢さ」が作り出したもので、不況や株の暴落で弱った困ったムードが広がりつつあることを考えると、やっぱり今後、頼りになる仕事は介護しかない!?



姜教授も、悩みながら、AERAの連載『愛の作法』では金融恐慌への対応をアルゼンチンの例を引きながら、


市場(シジョウ)が崩壊したら、地域通貨を軸に物々交換する市場(イチバ)が生まれたこと、


市場原理主義は自らが壊した「人々の食べ物や健康、住宅、助け合いのネットワーク」によってしか再生しないことなどを指摘しています。



そして、恐慌のあと、


「目の前にあるあり合わせの物で何かをつくり出す『ブリコラージュ(器用仕事)』を探究するようになる、


つまりあなたの不幸が私の幸福で私の不幸があなたの幸福、というゼロサムゲームをやめて、


自分の『身の丈』を模索するようになった」


という。


「ブリコラージュ」といえば、三好春樹さんも、介護の仕事やリタイア男性のそば打ちに見られる、手作りの職人仕事として繰り返し著書や講演で語っている(主宰雑誌のタイトルにも)。


新しいカイゴがすぐそこまで来ています。






三鷹で起業支援をしている

前田隆正さんの本です。

お世話になってます。


起業1年、ありがとうございます。

お正月のケア、ご予約はお早めに!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。