THE STANDARD
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

らしさ / わたくしごと ツアー終了

ツアー間に合って良かったー。
わはははは、心配かけてごめんね。

東京初日満員御礼。
「home」という曲で始めました。
まあつまりは”そういうこと”なんだけど、個人的にはこっ恥ずかし過ぎて。
セットリスト決めるときに、えー…なんて言ってたんだけど。
ちゃんと「お待たせしました」って始められて良かったなって、思う。

宇都宮。
空想委員会のツアーに参加する形での宇都宮公演。
本番前にぶーやんと色々な話をした。
なんだか間も無く10周年という、年月を噛み締めた日だったなあ。

仙台満員御礼。
宇都宮と同じく。空想委員会とのツアー。
予想を遥かに超える数の人たちが見に来てくれて、驚いた。
仙台でもワンマンやりたいなあと、思えた夜でした。

名古屋満員御礼。
photo:02


ワンマンシリーズ二カ所目。
慣れ親しんだライブハウスで、ようやくのソールドアウト公演。
まさかのSUPER BRAVERの表記。笑
photo:01


いやしかし、感慨深かった。
打ち上げでは色んな意見が飛び交いました。なんだろう、反省とは少し違う課題。
目指すべき場所が、数段階上がっていることをあらためて感じられた日。

大阪満員御礼。
photo:03


どこより早くソールドアウトした、というのがとても伝わってくる日でした。
見に来たみんなの勢いがすんごかったね。とても嬉しかった!
もっともっと大きい会場でやりてえなあって、すごく思った。
ライブ中も、終演後も続いた大合唱。
これからも色んな土地でもっと聞きてえなあって。思った。

松山緊急インストア。
MY FIRST STORYツアーが、インフルエンザの影響で延期になって。
どうする?どうする?って考えた結果、一人でも待っててくれる人がいるなら、と。
本当に緊急で開催を決断しました。
DUKE SHOP松山店、本当に有難うございました。
そして、沢山の人が集まってくれて嬉しかった。
photo:04


また必ず行くよ。

広島緊急ワンマン満員御礼、
同じく、広島公演。
BoRDERというライブハウスを貸して頂き無料でワンマン。
色んなことを考えて開催を決定したけど、とにかくこの日のライブを楽しみにしていた気持ちの行き場を作りたかった。
結果満員御礼、入場規制。
photo:05


手伝ってくれた関係者の皆様に心から感謝。
そしてこの二日間に関して言えば、マネージャーの本気を見ました。
いつも頑張ってくれてるけど、底力を見たというか。ああ、すげえ頑張ったな、って思った。これも感謝。

福岡満員御礼。
ツアーファイナルとなった、福岡公演。
東京から1000km離れた土地でワンマンが出来るようになるとは。
まだまだ小さい規模だけど。もっともっと来たいなって思った。
待っててくれて、本当に有難う。
photo:06



というわけで、無事ツアー全公演終了。
現在帰路に着いてて、神戸?くらい。
今回はワンマンツアーというところから始まったから。
まだまだ行ける土地が限られてて。
それは俺らの力不足なんだけど。
待っててくれてる人たちが色んな土地にいるのも知ってるし、声も届いてるから。
待たせてごめんね、必ず行くからね。

2015年。
SUPER BEAVERは結成10周年を迎えます。
一度も止まらず、変わることなかったメンバーと、ビーバーを愛してくれるスタッフと、ビーバーを愛してくれるあなたと。

やるべ。
やったるべ。

期待していてくださいまし。
一緒に行こーよ。
もっと楽しいとこまで連れてくから。

年内残すは年末イベント。
よろしくね!

明日でおしまいっ!

いやはや早かったですね!
2/12に『361°』というアルバムをリリース。
3/1から始まったリリースツアーも明日で最終日です。
有り難いことにクアトロソールドアウト。
メジャー離れて最初にでかいことしたのは、ghostnoteと共同企画したクアトロでのツーマンかな?とてもいい日だった。でもまだまだソールドアウトはしなくて。
あれから2年くらい?ワンマンでソールド致しました。サンクス。

初日のエッグマンでは撃鉄とQOOLANDに祝ってもらって。
かんさんベース折っちゃってたよね。笑
打ち上げも最高だった。
京都では久々のHaKUとの共演。メジャー時代よく一緒にやってて。
歳も近くて仲良しだったけど、それ以来数年ぶりの共演、なんか色々感慨深かった。
神戸では前日京都も含めてLarge House Satisfactionが出てくれた。
たいとら特有のお立ち台に立つあのロック兄弟がものっすごいかっこ良かった。
あれ、優勝。地元バンドも良かったし、QOOLANDもさすがの地元感すげえあった。良かった。
札幌ではHaKUが再び合流して、初めましてのカフカと札幌のViankaと共演。
カフカは実は使ってたリハスタが同じだったことが判明!またやりたい。打ち上げ盛り上がりすぎて、ビアンカの森田がジャケットをワインレッドに染めてたな。(文字通り)
そして、新潟からモップとダーティが合流!
ダーティとやっと一緒にツアー回れた。昔から一緒に頑張ってきたからね。
そしてモップと初対バン。メンバー一同大絶賛の夜。
そして、新潟は本当に仲間が多い町。嬉しいよね、ホント。初新潟で全裸になってよかった。(汗)
翌日仙台はもう超楽しいメンツだったね。
ダーティ、モップ、ラージ、フリップ。もうちょっとしたフェス状態。
仲良しに声かけてこんだけのメンツ集まってくれんだから。びーばーも仲間増えたなあって嬉しかった。最終的には店長とフリップちゃんとびーばーだけになってたね、打ち上げ。
そして西セクション。
岡山もまた愛すべき街。本当に大好き。
この日、ダーティは元より、モップと訳のわからないグルーブが生まれた。
ぴーちーずも最高だったな!次の日移動日ということにかまけて、二次会はモップのジョージくんがDJするというクラブへ。ヘラヘラ笑いながら、テキーラでずんどこずんどこしてました。
空き日は空き日で、各々福岡の街を謳歌し、
翌日福岡スリーマン。
ぱつんぱつんの会場で本当に良い夜だった。
福岡ってさ、あんまり頻繁に行けないのにいつも沢山の人が待っててくれる。
凄い嬉しいよ。早くまた行きたい。終演後、お客さんから頂いた馬刺を車内で喰らうというシュールなことをし、ホテルへ。
広島に移動し、ダーティモップで回る最終日。
この日のダーティ、とても良いライブしてた!本当に良かった!
毎度お世話になってるラジオボタン、前回に引き続きお世話になったソライアオ、本当にありがとう。
そして、モップ!あんなキャラのジョージくんが「びーばーに捧げます」っていった最後の曲。ぶっちゃけ泣いたよね。ずるいよ。笑
以上にファイナル感がでた夜。あ!のぶくん誕生日おめでとうございました!
ファイナルシリーズと呼べる、ラスト東名阪。
一発目、名古屋。
相変わらず出演を快諾してくれたQOOLANDともう4~5年ぶりになるLEGO BIG MORLとのスリーマン。
レゴメンバーとおれ、徒歩三秒ってくらい近くに住んでるのに(というか目の前)久々。
これもまた感慨深かったね。たっくさんの人と笑顔で溢れたUPSET、超良い夜だったと思う。
ゆっくり打ち上げやりたかったなあ。
そして大阪公演。サンキューソールドアウト。ずっとやりたかったフォーリミとのツーマン。
これまた良い夜だったね。同い年だし、リリース日も一緒だし。
非常に良い刺激を受けた。楽しかったよね!この日私じゃんけん負けて東京まで爆走!
マネージャーゆーま氏、まさかの一度も運転せず!(ばかやろう!笑)

なんて振り返ってもやっぱあっという間。
ぶーやんが最近よく言うけど、われわれの友達自慢のようなツアー。
最高に楽しかったよ。これまでのツアーで一番楽しかった!

それも明日でおしまいっ!
単純にみんなが美味い酒が飲めて、素敵な睡眠に向かえるような
そんな楽しい一日にしたいなって思うよ。
それ以上も以下もないかな。ただただ思うように楽しんでね。

というわけで、今日はボーーーーッと過ごすよ。笑
では、また!

春の陽気

やられているよ。
春の陽気に。
眠たくなるよ。どうすんだよ。
最近は蓄えようと、しています。
楽曲制作をするにあたり、色んな人達の色んなやり方があるとは思うけれど。
いつも曲作ろうってなると、外に出てしまう。
人に会ったり、ライブ見に行ったり、人に会ったり、お酒を飲んだり、人に会ったり、映画見たり、本読んだり、人に会ったり。
つまり、人に会いたくなるわけです。
空想物語を書けるタイプじゃないから、微妙に揺れ動く心情を捉えにいきたいわけです。
寂しいなあとか、嬉しいなあとか、
会いたいなあとか、虚しいなあとか、
なんかそういう感情の揺れを自ら探しに行きたくなるわけです。
で、瞬間を見逃さないようにしたいわけです。
ボヤボヤっとしたものにピントを合わせていくというか。
なんか、そういうことのような気がするんです。
春のポカポカは、視点を定めるには優し過ぎて。
寒い季節の張り詰めた空気の方が焦点が合ったりするもんで。
わかるかなあ。この感じ。
あ、でも最近見た「あの頃、君を追いかけた」という映画はすごい良かった。非常に揺れた。気持ちが。
それを逃さないようにしたいと思っている。
あと昨日見た夜桜も良かった。
そういうことです。
わしゃわしゃっと揺らして、バラバラに散らばった中で、一つにピントを合わせて掬い上げるのです。
photo:01

photo:02


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>