HSP HSC 敏感でもっとしあわせなひとになれる♪

HSP HSC 敏感でもっとしあわせなひとになれる♪

HSP・HSC、エンパス、クリスタルチルドレンが輝くために
魂レベルの子育て・自分育てをしよう!
       岡田奈美子(公認心理師・スクールカウンセラー) 

人は、こころ・からだ・魂でできています。この3つが仲良くなると、自分らしい幸せを創ることができますよ♪

こんにちは、岡田奈美子です。

 

日頃、HSP・HSCタイプだな~と私が思っていた中学生の子が

 

「私、コミュ障かも?それとも発達障害かな?」と聞いてきたことがありました。

 

どうして?と聞くと、「だって人の好き嫌いめちゃ激しいし

 

しゃべるの苦手だし。固まってどうしていいかわからなくなるし」と

 

すごく悩んでいたようでした。

 

 

 

 

 

感性が豊かで繊細だと

 

「この人、大丈夫」と感じると、ハート全開で仲良くなれるんですが

 

「この人、ムリ」と感じると、ハートが閉じてしまい、近寄るのもダメなんです…。

 

発達障害の特性の一つに「コミュニケーションの苦手さ」がありますが、これと誤解しやすいです。

 

hsp系は、「この人、ダメ」とか「この雰囲気、にがて」と思うと

 

ハートがぎゅっと閉じるので、なんかちょっと変な言動になるんですね。

 

(私もあるので、よくわかります^^)

 

 

 

 

 

それだけ相手や場のエネルギーを感じとる能力が高いのです。

 

以前、学校の経営方針で揉めている私立の学校に立ち寄ったことがありました。

 

一言でいうと、理事長から校長先生、その他の先生同士の人間関係がボロボロだったのですが(すごすぎる^^)

 

学校に着いた時に、「この学校、イヤな雰囲気ー!」と感じました。

 

後で聞くと、もう最悪な人間関係のもつれがあるということで、あー、やっぱり、でした。

 

生徒がhspタイプだと、こういう学校にいるのはつらいかもしれません。

 

でも同級生は全然感じないから、「何言ってんの?考えすぎ」と、わかってもらえない…。

 

「自分って人とわかりあえることってあまりないな…」と感じるってつらいんですよね。

 

「ということは、私(僕)は、人と関わるのがニガテなのかもしれない…」と誤解し始めるんです。

 

 

 

 

 

人間は、自分への周りの人の反応をみて、自分を作っていきます。

 

それが「どうしてそんなことを思うの?変なの!」という反応だと、自信がもてないんです。

 

だからだんだん人と関わるのが苦手になったり、避けたりしたりしがち。

 

思春期になると、「自分ってコミュ障かも?」とか、特性か?と悩むこともあります。

 

小さい頃だと、お家の方が、あれ?この子、ちょっと変わってるな、と思い始めます。

 

でも、そういう自分って本来の自分とはかけ離れた姿で「誤解」なんですね。

 

 

 

 

 

私自身、ハートで話ができない人と話すのは苦手です(もちろん主観ですよー)。

 

あまりにも「私が!」という強気の人には、びくびくして引いてしまうことさえありますし

 

自分の意見を言わないままだったりします。

 

でもね、(言い訳みたいですが^^)

 

私が弱いというよりも、「この人、好きじゃないな」「話したくない…」と

 

私自身がハートを閉じて

 

その人を自分の心から追い出してしまっているんですね。(自己分析してみました^^)

 

 

 

 

 

そう、HSP・HSCタイプの人って、意外と自分で選んでいるんです^^。

 

無意識ですが、プライドがしっかりあるので^^。

 

「入れない…」というよりも、「こういうタイプの人の輪には入りたくない…」と

 

自分で拒否しているんですね^^。

 

(よくlないという意味ではなく、まず認めちゃった方がいいってこと)

 

コミュ障というよりも、「この人とはコミュニケーションしたくないです…、ごめんなさい…」と

 

自分の正直な気持ちを聞いて、従っているということ。

 

ご本人に伝える必要はないですけどね 笑。

 

 

 

 

 

 

「この子(or私)はどうしてできないんだろう?」というエネルギーでいると

 

ぐるぐる悩みつづけて、終わりづらいもの。

 

ご自分のことでも、お子さんのことでも、もし直したいな、と思うのだったら

 

「できない」のではない、

 

「したくない」と感じているのだということ。

 

「コミュニケーションが苦手」と悩むのではなく

 

「自分が決めているんだ。どこまで妥協できるかな?」と捉えていくと

 

少しずついい方向へ向かいやすくなるんだと実感しています。

 

 

1年ほど前から、今の形ではなく、より子どもたちに合う形をやりたいなと感じるようになりました。

 

はじめは自信がもてずにいた子どもたちと関わっていると

 

その子たちが、少しずつ自信をつけてどんどん伸び伸びしていくのを目の当たりにしてきたので。

 

でも私は丁寧に着実にいつものことをするのは好きで得意なのですが

 

新しいことは苦手で、心のメッセージをつい先送りしていたら

 

敏感な体から「何やってんねん!」と

 

腕が痛くてパソコンができなくなるという現実を創ってしまいました。

 

HSP・HSCタイプの子が

 

突然、お腹が痛くなって不登校になるという、あのパターンですね^^。

 

原因と解決は必ずあるものですが。

 

 

 

 

 

申し訳ありませんが、新しい方向へこれから出会う(すでに会っている子も)一緒へ行くため、準備期間が必要となり

 

しばらくブログをお休みさせて頂きます。

 

今まで本当にありがとうございました。

 

またお会いできる日まで。    岡田奈美子

 

人気記事 「敏感な個性 HSP・HSCは、どこで診断できるの?」

 

 

           岡田 奈美子(公認心理師・スクールカウンセラー)

【問題?いいえ、才能です♪敏感な個性が輝くHP】

【お問い合わせ】(セラピーは一時的に休止させて頂いております)
 
エレイン・N・アーロン博士によるチェックリスト HSC(子ども用)  HSP(大人用)  刺激追求型HSP

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・診断・検査・相談