国鉄色重連よ永遠に
  • 22Dec
    • 国鉄色重連ついに復活

      こん○○は。弊プログのうpも久しぶりです。ご存知の方もいらっしゃいますでしょうが、ついにEF64中央西線運用に国鉄色重連が復活しました!!1022+10241024号機は先日大宮から出場したばかりで、初動が国鉄色重連です。両機とも、機器更新時にいわゆる「大宮更新」色に変更されていましたが、未更新機が引退して「更新機」だけとなり、塗色で区別する必要も無くなったこと(と聞きましたが)もあり、最近全検に入ったカマから国鉄色に戻されつつありました。なので、国鉄色重連も自然の成り行きで結成されると思っていたのですが・・・これがファンをやきもきさせる「稲沢マヂック」で中々現れませんでした。しかし、待てば海路の日和ありでついに復活です!!(大泣)では。

  • 11Mar
    • 今年も3.11

      おはようございます。八ツ山です。再びPCが壊れてしまいうpもだいぶ間が空いてしまいましたが、八ツ山は元気です。(誰も心配してないって( T_T)\(^-^ ))今年も3.11が巡って来ました。もう7年も経つのに復興のスピードは明らかに遅い。行政、地域住民の方、色々難しい課題も有るとは思いますが、もっと政府が真剣に動いて欲しいと思うのは私だけでしょうか?今年も地震発生時刻に各鉄道会社は一時停止をします。震災では多くの鉄道施設や車輌が壊れています。でも、復興のシンボルとして不通になった鉄道路線を復旧させました。三陸鉄道の頑張りは報道でも良く取り上げられました。やはり鉄道は地域にとって心の拠り所にもなるんですね。追記です。本日(2018/03/11)付けの東京新聞1面から(引用はじめ)平成のことば大きい津波が来ています。早く、早く、早く高台に逃げてください。◆宮城県南三陸町職員 遠藤未希さん(二十四)二〇一一(平成二十三)年三月十一日〜(略)〜町の三階建て庁舎から防災無線で三十分間、避難を呼び掛け続け、多くの人が高台を目指した。自身は津波で殉職。秋には結婚式が控えていた。(肩書、年齢は当時)(引用おわり)このお話はテレビでも取り上げられていたのでご記憶の方もいると思います。「殉職」明るい未来が待ち受けていたのにもかかわらず、町民の方の安全を第一に考えた彼女の行動、「公務員だから」という理由だけでは無いですね。全く同じシチュエーションは無いと思いますが、自分がその立場だったら同じ行動がとれたであろうか?では。

  • 05Jan
    • 謹賀新年の画像

      謹賀新年

      こんにちは、八ツ山です。モタモタしているうちに年を越してしまいました。皆さま、明けましておめでとうございます。今年も弊プログを宜しくお願い致します。2017/12/10 13:11 東海道本線 東戸塚-戸塚間f/4.5 1/1000sec ISO-200:35-70mm f/3.5~4 31mm(APS)3075レですが通過1分前に曇りました(/--)/ボチボチ撮り鉄活動はしておりますm(__)m2017/12/30 19:35f/8 30sec ISO-400 +2補正:28-70mm f/3.5~4 28mm(APS)木曽路のロクヨン撮影の合間に撮った奈良井駅々舎のバルブ…近隣の奈良井宿の景観保存地区とマッチするいい建物ですね。次回は「Best of ロクヨン」に戻ります(多分) (x_x) ☆\( ̄ ̄*)バッシでは。

  • 10Dec
    • 【続】死神様、ケト209系を長野にお連れする<Best of ロクヨン 28回目の2>の画像

      【続】死神様、ケト209系を長野にお連れする<Best of ロクヨン 28回目の2>

      こんにちは、八ツ山です。またまた更新まで1箇月も空いてしまいましたm(_ _)m何名かの読者様がいらっしゃるみたいで心強いですが、あまりサボっていると逃げられてしまいますね…死神様、ケト209系を長野にお連れする<Best of ロクヨン 28回目>の続きです。~連結器には電車型の密連と、その他の密自連の2種類がある~JR東日本では、いくつかの機能を集約するにあたって、当時の新津車両製作所に首都圏の電車の製造をさせていました。通常、新車の工場から配置場所への移動は貨物列車の「甲種輸送」となっていますが、JR東日本(新潟支社)直営の工場で生産された電車は自前で輸送(自社内の「配給列車」という扱い)することになり、長岡車輌センターの直流機EF64、交直流機EF81の一部に、横軽で使用していたEF63と同様な「双頭連結器(密連と密自連の両方の機能を持つ)」に換装し、通常の電機運用(客車等の牽引)時には「密自連」、電車を牽引する場合は「密連」と使い分けができるようにしました。では、「双頭連結器」を持つ機関車(EF63,64,81)は皆「死神様」なのか?…EF64はまた別の輸送を委ねられました。それは首都圏の電車の廃車解体を担当していた大宮工場(大宮総合車両センター)が鉄道博物館開館に伴って解体作業を停止、その機能を長野工場(長野総合車両センター)に移転したのです。首都圏から長野総合車両センターに行く経路を大まかに2つあります。①上越・信越本線(高崎・長岡)経由②中央本線・篠ノ井線(甲府・松本)経由ロクヨンファンの方ならご存知の通り、②の中央廻りでは、高尾以西にある「狭小トンネル」の対策をした車輌でないと通過できないことになっています。その点①上越廻りは特に制限はなく、首都圏の電車は基本的には狭小トンネル対応(🔹が目印)をしていないので①で輸送していたのですが、長岡駅でエンド交換をしないといけないことや、現在では長野-直江津間がJRの経営から分離されたことによって、ほぼ①の経路は通れなくなりました。そうなると②のルートしかないのですが、狭小トンネル対応していない電車や連続25‰の存在もあり、自走できない車両には、この区間を走行可能な「ロクヨン」が廃車の牽引をすることになりました。この時からロクヨン1031号機(後に1030,1032号機も加わる)は口の悪いファンから「死神様」と呼称されるようになったのです!私も口の悪いファンなので「死神様」と呼んでますが、あくまでも親しみを込めて、のことです。2009/6/6 16:19 中央東線初狩-笹子間(アップ)これが「死神様」の神髄!?元々ロクヨン千は前面ホースだらけですが、更にジャンパー栓やブレーキホースがマシマシ!!(この写真の時期にはだいぶ整理されてましたけど…)…まだ話が長くなりそうなので、今回はこの辺で失礼します。では。<追伸>国鉄色復帰の1028号機ですが、木曽運用・関東運用にはまだ来ていないですね。お待ちしております。

  • 14Nov
    • 1028号機が国鉄色復活の呪文 ピラピラ ピラピラ<Best of ロクヨン 号外>

      こんにちは、八ツ山です。今回は号外です(笑)大宮工場で全般検査を受けていた1028号機が国鉄色に戻されて出場する模様で、本日ツイッターに出場前の画像が貼られていました‼️現在、貨物機の国鉄色機は廃車前提で稲沢に留置されていて運用落ちしたカマだけなので、今回の国鉄色復活は嬉しい限りです。2機目、3機目と続いて欲しいですね~では。(画像はありません)

  • 08Nov
    • 死神様、ケト209系を長野にお連れする<Best of ロクヨン 28回目>の画像

      死神様、ケト209系を長野にお連れする<Best of ロクヨン 28回目>

      こんにちは、八ツ山です。前回のアップから1箇月以上経ってしまいました。言い訳をさせてもらいますと、急にパソコンが起動しなくなりまして修理に出しておりまして、なんと!!マザーボード(システムボード)不良で交換されて帰ってきました。(@_@)おかげで「おNEW」のPC状態となってしまい、WINやオフィスも認証し直しです…ただ、ハードディスク(HDD)は無傷で戻ってきましたε-(´∀`*)ホッ実は修理に出すとHDDがイニシャライズ(消去)されてしまうことがあります(修理の際、HDDの中身の保証はしないことを承諾させられます)ので、一応、HDDをPCから取り出して、「クローン」を作成するパーツと空のHDDを淀橋写真機店で購入しまして、HDDのクローンを作っておきました。全部で福沢さん1枚程度でしたので、もしもの時はお試しください。さて、話をロクヨンに戻します。2009/6/6 16:19 中央東線初狩-笹子間f/2.8 1/640sec ISO-500:28-75mm f/2.8 66mm(APS)死神様とは物騒なネーミングですが、現在、首都圏で使用された電車の廃車に伴う解体作業は長野車輛センターで行うのですが、この「廃車を長野にお連れする」ということからいつの頃からか死神様と撮り鉄達が呼ぶようになりました。最初、死神様は1031号機だけでしたが、お連れする回数が増えた(?)せいか、後に1030,1032号機も死神様化されました。死神様軍団の共通装備は通称「双頭連結器」を備えていることです。そもそも「双頭(=二つの頭)」って何?と聞かれそうですが、「密連型」と「(密)自連型」の2つの連結器(頭)を使い分けることができる連結器のことです。じゃあなんで2つを使い分けるのか?と更に突っ込まれそうですが、これは国鉄時代からの流れで、密連型は電車(密)自連型は気動車・客車・貨車*国鉄(→JR)車輌での話で、私鉄やJRの最近の車輌には当てはまらない場合もあります。例)カシオペア客車(E26系)の客車間は電車と同じ密連型です。となっていまして、普通のロクヨン(というかSL,DL,EL機関車全般)は貨客車を牽引するために密自連型の連結器が備わっています。(鉄道模型をやっている方はお判りになるのでは?)なお、密連型と密自連型は互換性がなく、そのままでは連結できません。なので、機関車が電車を牽引する場合は、どちらかに揃えることが必要で、現在でも新製(改造)した電車の甲種回送(工場から車輛納入先の鉄道への回送で貨物扱い)の場合、電車側に密自連型を仮に装着して機関車に牽引してもらっています。…話が長くなりそうなので、今回はこの辺で失礼します。では。

  • 01Oct
    • 新緑の木曽路を行く国鉄色重連!!<Best of ロクヨン 27回目>の画像

      新緑の木曽路を行く国鉄色重連!!<Best of ロクヨン 27回目>

      こんにちは、八ツ山です。今日から10月で、自宅から見える空は雲少しある青空に恵まれました。2009/05/19 12:21 中央西線倉本-須原間(通称:登山口/重機ポイント)f/4 1/1000sec ISO-200:28-85mm f/3.5~4.5 35mm(APS)木曽路にはいくつかの有名撮影ポイントがありますが、ここもその一つで、近くに建設会社(?)の敷地があって重機が留まっていることがあることから「重機ポイント」などと呼ばれているようです。ちなみに我々の仲間うちでは「(糸瀬山)登山口」(国道19号線からこの撮影ポイントに入る際の目印になる看板)と呼んでます。木曽川右岸にある小高い山をバックにアウトカーブの構図で、↑のような新緑や紅葉の時期はいい感じです。私は道路から撮影していますが、背後にある山を少し上ってハイアンにするのも可能で皆さんはそちらのほうが人気らしく、ネタがあると大勢の撮り鉄が集結します。先月までの「木曽あずさ号」は凄い人出のようでした。弊ブログの題名どおり、国鉄色重連、しかも、Hゴム灰色多しの31号機が先頭(次は34号機)の現在の8084レに該当する返空列車でこの時も人は多かったような気がします。ロクヨン-ゼロの最後の輝きを放っていた時期なので、国鉄色重連が組まれると仕事もほったらかして木曽に駆け付けたものです。…もう8年も前ですか…今、改めて自画自賛の写真を眺めても「やっぱり国鉄色重連はいいな~」って涙がちょちょ切れます。(≧▽≦)では。

  • 26Sep
    • 初夏の八ヶ岳山麓を走るロクヨン+旧客<Best of ロクヨン26回目>の画像

      初夏の八ヶ岳山麓を走るロクヨン+旧客<Best of ロクヨン26回目>

      こんにちは、八ツ山です。前回のうpが8/6でしたので随分ご無沙汰いたしました。僅かですが弊プログを楽しみにしておられる方もいらっしゃるようで、大変お待たせいたしました。m(_ _ )m2009/5/18 12:59 中央東線 小淵沢~長坂間三峰の丘付近f/4.5 1/1000sec ISO-200:28-85mm f/3.5~4.5 56mm(APS) たまたま、本日(9/26)も長野→高崎間で旧客の返却回送がありましたが、この写真は8年前の5月の返却回送のものです。確か、姨捨辺りから追っかけてこの地辿り着いた記憶があります。また、これも今や注目度アップのロクヨン1001号機が全区間けん引でした。当然ながら、この時は茶色と白いハチマキでしたよ。この塗装、一説によるとEF55(通称:ムーミン)と合わせたとか聞いたことありますが、それならなぜ白ハチマキなんだろう?… ところが、現時点でAK入場中でして、ファンからは原色に復帰するのではないか、と期待の声が上がっていますが、さてさてどうなるんでしょうね? 旧客もこの撮影からはだいぶ様変わりしてまして、現在ではトイレのリニューアル(バリアフリー化)、ドアの自動化など改造されており、側面に戸閉灯がついたり、妻面に無線アンテナ取り付け(これはこの撮影時にもあります)とかはありますが、極力、外観や内装を変えないで「現代化」しています。 しかし、JR西日本は新規に「オハ35 4000番台」を今年落成させましたね。現代に必要な装備を網羅しながら旧客のテイストを残すという斬新なアイデアですが、実はこれと同じような考え方で新造された気動車が先に登場していす。それは、千葉県のいすみ鉄道の「キハ20-1303」。八ツ山はまだ未撮影ですが、同鉄道の社長さんがブログを開いておられて、2015/6/23の記事でご紹介されてますのでご覧になられてはいかがでしょうか? JR東日本の旧客もだいぶお歳を召されていますが、この「新しいけど見た目は昭和テイスト」といったもので代替新造するんでしょうかね?では。

  • 06Aug
    • ナンマツで出発を待つ2コンテナ列車<Best of ロクヨン25回目>の画像

      ナンマツで出発を待つ2コンテナ列車<Best of ロクヨン25回目>

      こんにちは、八ツ山です。2009/05/16の〆の撮影です。2009/05/16 23:35 篠ノ井線南松本駅(構内)f/10 30sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 52mm(APS)ナンバーが写っていません(;^_^Aが…手前は東線88レの1014号機、奥は西線80レの77号機です。(共に重連ですが、次機は記録にございません(^^ゞ))オレンジ色に車体が輝いているのは駅前のパチンコ屋のライトです。(ちなみにパチ屋は現在は取り壊されて、跡地にマンションを建設中です。トレインビューの鐵垂涎の物件カモ)背景にあるマンションの規則的に並ぶ蛍光灯にひかれてバックにしてみました。この日の国鉄色1014号機はまだクーラーもなく、白Hゴムでほとんど原型でした。この1014号機、つい最近、稲沢の通称「解体線」に移動したとのことです。明日・明後日で「作業」が行われると近隣の方にはお知らせがあったそうです。(そういうお知らせを掲出するとは初めて聞きました)…国鉄色がまた1機消えていく。寂しいですね。では。追記)今日(8/6)は72年前に広島へ原爆が投下された日です。日本人なら忘れてはいけない日です。

  • 23Jul
    • なぜか急に2009年5月16日を振り返る②<Best of ロクヨン 24回目 特大号>の画像

      なぜか急に2009年5月16日を振り返る②<Best of ロクヨン 24回目 特大号>

       こんにちは、八ツ山です。ぬわんと!!弊ブログ始まって以来の2日連続更新です。 前回、急に始まった<なぜか急に2009年5月16日を振り返る①<Best of ロクヨン 23回目 特大号>>の続きをお送りします。(前回からの続き) …さて、通常ですと81レを追いかけるように5875レが走っているのですが、どうもこの日はウヤだったのか写真がありません。 この後にカメラに収まっていたのがなんと!次の写真です。2009/05/16 18:39 篠ノ井線姨捨駅(構内)f/32 絞り優先(10sec相当) ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 35mm(APS) まさかの木曽福島→姨捨直行ww撮影時間から換算すると約2時間で着いてます。ルート検索では、2駅間は塩尻→姨捨スマートIC間を高速利用で99.9km、1時間42分と計算されましたので、あながち「無理な行程」ではなかったようです。 この「快速ナイトビュー更級号」はイベント臨時列車でEF64のPPと旧客という豪華編成でしたが、現在は<快速ナイトビュー姨捨号>としてHB-E300系「リゾートビューふるさと」で週末を中心に運転しています。しかし、このヘッドマークは旧長野支社仕様とでもいうのでしょうか(笑)…それにしても旧客から眺める善光寺平は綺麗なんでしょうね…同日 19:52 篠ノ井線稲荷山駅(構内)f/9 10sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 28mm(APS) え~と、山を下りました。ロクヨンPPの逆側は1051号機でしたが、やはり旧長野支(ry…このぐらい暗ければ姨捨駅での夜景も綺麗でしょうね~ 良くこの稲荷山駅ではバルブしてましたが、なかなか雰囲気もよくて私好みです。 さて、これで帰宅…かと思いきや、、、同日 21:48篠ノ井線南松本駅(構内)f/16 30sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 28mm(APS) …ナンマツバルブしてました! 今は亡き0番台・更新色・重連。時間帯から現83レの充当機みたいですがその割には荷が無いです。現在は立ち入り禁止のホーム松本寄りからの撮影なので83レだとは思うのですが…同日 22:49篠ノ井線明科駅(構内)f/32 30sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 31mm(APS) 川中島工臨…こちらも今は亡き39号機…線間のタイガーロープが邪魔ですが、篠ノ井線を行く臨時列車はこの駅でよくバカ停するので、こちらの駅もよく行きました。ちょうど、この撮影している真上に跨線橋があるのですが、カラスのねぐらになっています。しかも、よくこんなにいるな~というぐらい烏大杉です。なので真下のホームにはフンがたっぷり落ちていますのでご注意を。 稲荷山駅から一旦ナンマツに立ち寄ってから折り返して明科駅に流れていますが、どうしてこんなルートなのかは覚えていません(爆)ナンマツで工臨を撮ろうとして何らかの理由(通過していった?)で撮れなかったのか、もしくはナンマツで撮影中に工臨の存在を知って慌てて明科に向かったのか???同日 23:24 篠ノ井線南松本駅(構内)f/18 30sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 36mm(APS) 明科でおしまいかと思ったら、またナンマツに来ている!! 何考えているんでしょうね、この日の自分… 手前は東線88レの1014号機、奥は西線80レの77号機。オレンジ色に車体が輝いているのは駅前のパチンコ屋のライトです。(ちなみにパチ屋は現在は取り壊されて、跡地にマンションを建設中です。トレインビューの鐵垂涎の物件カモ) 怒涛の2009/05/16。このバルブの後、帰宅したんでしょうね。・・・お疲れさまでした、この日の自分。 ちなみに、このナンマツバルブの次の写真は5/18の姨捨公園という…では。

  • 22Jul
    • なぜか急に2009年5月16日を振り返る①<Best of ロクヨン 23回目 特大号>の画像

      なぜか急に2009年5月16日を振り返る①<Best of ロクヨン 23回目 特大号>

       こんにちは、八ツ山です。 前回のここは木曽路きっての超有名撮影地 伊奈川橋梁をうpしていながら取り上げた写真の前後を振り返ってみると、この撮影日2009/05/16、今思えば精力的に木曽・信州内を南に北に移動していたことが判明(当時はまだ愛車LIFE君が健在┏( ^o^)┛)。 自分でも懐かしくなったので撮影順に下手な写真を勝手に公開します! この日の一発目です。2009/05/16 11:25 中央西線木曽平沢-奈良井間シャッター優先(f/4相当) 1/1000sec ISO-400:28-85mm f/3.5-4.5 42mm(APS) この日の最初の撮影地が通称「セブンイレブンカーブ」。有名なのは下り列車のアングルですが、基本的に順光時間が無いにもかかわらず、カーブのため迫力あるアングルのため人気があります。(なお、現在は鹿除け?鉄除け?の無粋な柵が線路際に立てられてしまい下回りに被ります) さて、これは現在の8084レなので上り列車になります。国道と線路の間の雑草帯にゲバを立ててましたけど、国道を行く車からビシバシ視線が…(・・。)ゞ 結局、恐れていたとおり、国道を走行するトラックがアングルに入っちゃいました(ノ_<) さて、恒例の「現8084レ追っかけ」の始まりです。現在とはダイヤ(退避駅)が異なりますが、国道19号線の制限速度を遵守( ´・д・)して車を走らせ、前回ご紹介した伊奈川橋梁に間に合いました。同日 12:26 中央西線大桑-須原間(伊奈川橋梁)シャッター優先(f/2.8相当) 1/500sec ISO-200:80-200mmf/2.8 80mm(APS) さらに追いかけます。当時はこの後南木曽で停車していたので駅の外れでカマ中心に。同日 12:51 中央西線南木曽駅(構内)シャッター優先(f/7.1相当) 1/60sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 28mm(APS) さらにさらに制限速度を遵守ヾ( ´ー`)しつつ南下。同日13:07 中央西線坂下-田立間(木曽川橋梁)f/4 1/1000sec ISO-400:28-85mm f/3.5-4.5 28mm(APS) ここで国鉄色重連は終了~次の写真までカメラ内の画像が無いので昼食と昼寝(?)をしていた模様…同日15:18 中央西線坂下-落合川間f/2.8 1/1000sec ISO-400:28-85mm f/3.5-4.5 75mm(APS) 「坂下のカーブ」で有名なところですが、曇っていた(車輌を下から煽るアングルなので背景の空が真っ白になってしまう)のでサイド中心に狙いました。現在も設定がある81レですが、「0番台」「重連」と、今では貴重な写真になりました。同日16:22 中央西線木曽福島駅(構内)f/8 1/60sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 48mm(APS) ややうる覚えですが、この時代の81レは木曽福島駅で停車していたらしく、塩尻側の歩道橋からの撮影です。 蒸気の時代はここに木曽福島機関区が併設されていて。画面左奥に転車台と扇形車庫があり、重装備をしたD51が羽を休めていたところです。また、画面右奥にそのD51の1機、775号機が静態保存されています。 さて、通常ですと81レを追いかけるように5875レが走っているのですが、どうもこの日はウヤだったのか写真がありません。 この後にカメラに収まっていたのがなんと!次の写真です…が、だいぶ長くなってしまったので、次回に続きます。では。

  • 18Jul
    • ここは木曽路きっての超有名撮影地 伊奈川橋梁<Best of ロクヨン 22回目>の画像

      ここは木曽路きっての超有名撮影地 伊奈川橋梁<Best of ロクヨン 22回目>

       こんにちは、八ツ山です。木曽路(中央西線)でもっとも有名な撮影地は大桑-須原間にある伊奈川橋梁でしょう。朝は下り列車を塩尻寄りから、昼頃からは上り列車を名古屋寄りから、それぞれ順光で撮影できます。特にほぼ南北に伸びる木曽路の中央西線で下り列車が順光となるポイントは少ないので、下りの臨時列車や、季節運転の貨物6883レがネタガマですと撮り鉄がわんさかと集まります。 ロクヨンゼロ時代の3086→3084→8084レ(現在)をここでよく撮影しました。2009/05/16 12:26 中央西線大桑-須原間(伊奈川橋梁)f/3.2 1/500sec ISO-200:80-200mm f/2.8 80mm(APS)上り列車を名古屋寄りから…のアングルです。国鉄色重連、しかも白(灰)Hゴムが残る31号機が先頭ですが、残念ながら天候はイマイチです。列車重視か?、風景共存か?は撮る方の好みになりますが、霞んだ背景が写るよりも列車重視で…といった撮り方ですが、やや中途半端?かもしれません。 現地で撮影された方はすでにご存知かと思いますが、このポジション、限りなく「グレーゾーン」に近い、微妙な位置ではないかと常々思っています。しかし、雑誌等の撮影地紹介には何度も出てきますし、保線など鉄道会社の関係者?の方とお会いしても特に注意を受けたことはありません。ただ、「通過列車の乗務員から注意・退去するよう言われた」と話している撮り鉄氏もいることから、「雑誌に掲載有」「注意されない」「他の人も撮っている」ということを鵜呑みにして自分勝手に解釈するのは問題があるかも知れませんが、やはり、木曽路で撮影するとなるとこの場所をまず最初に思い浮かんでしまいます。(感じ方には個人差があります) ちなみに、「下り列車を塩尻寄りから」は伊奈川の秋<Best of ロクヨン4回目>や夜の帝王(笑)広島更新色67号機、白昼堂々走行す<Best of ロクヨン14回目>、国鉄色重連よ永遠に…でうpしておりますので、そちらをご参照下さい。なお、こちら側(塩尻側)は完全に鉄道用地外からの撮影になりますので、全く問題ありません。では。

  • 08Jul
    • 信州カシオペア再び!!<Best of ロクヨン 21回目>の画像

      信州カシオペア再び!!<Best of ロクヨン 21回目>

      こんにちは。八ツ山です。まずは訂正です。前回のタイトルが「19回目」になっていましたが、正しくは「20回目」でした。(うp後気が付いて現在は修正してあります)大変失礼しましたm(__)m なので今回は「21回目」となります。さて、今回は7/1に出発した「信州カシオペア」を撮影してきましたのでご報告します。2017/07/02 9:59 篠ノ井線明科-西条間f値記録なし(確かf/8) 1/500 ISO-200:NIKKOR-H Auto 1:2 f=50mm 50mm(APS)超有名撮影地の「西条のトンネル飛び出し」地点です。本当はここは混雑必至なので避けたかったのですが、松本界隈は雲も多く、即席ロケハンでも流石に撮影ポイントを見つけられず、ダメ元でここへ…当然のことながらベストポジションは隙間もないぐらいで、なんとか皆さんのアングルにギリギリ入らないローアングルポジションを確保。しかし、関東、いや、全国の撮り鉄が集結したのではないかという人数です。ネットでは200Bとか書いてありましたけど…しかし、通過時間に近づくと、お日様が出たり入ったりとクルクル露出が変わり、難儀しました、と、いうのは、今回使っているレンズが上記撮影記録のとおり「NIKKOR-H Auto 1:2 f=50mm」という「M/Fレンズ」だったからです。このレンズ名をググってみると、「ニッコールHオート50mmF2 (1964年1月発売) - 4群6枚。最短撮影距離0.6m。アタッチメントはφ52mmP=0.75ねじ込み。」(ニコンFマウントレンズの一覧 Wikipediaより転載)と出ましたが…1964年って私まだ生まれてませんが…実は、私の持っている標準系ズームレンズですが、1台はピント調整不能で製造が古いので(ニコンとしては公式的に)修理不能、もう1台は残念ながらレンズ内部にくもり(カビかも?)が発生し画像にも影響するため使用不能に…八ツ山は50mm(カメラがDXフォーマットなのでフル換算だと75mm)前後の割り合いと広角系の撮影が好きなのでよくこの2本は使っていたのですが(/--)/…そこでピンチヒッターとして上記のニッコールHオート50mmF2を持っていきました。1964(昭和39…東海道新幹線開業/前回東京オリンピック開催の年でっせ)年製ということは、A/F(オートフォーカス)もなく、絞り値は1段単位、カメラへの画像情報(ニコンでいうところCPUレンズ:焦点距離情報などをボディに伝えることによって、より高度なピント合わせや露出設定ができる)も連携無し、といういわゆる「M/Fレンズ」なのですが、ニコン伝統の「Fマウント」なので私の愛機NikonD90にも装着できるのです。ではM/Fレンズでの撮影方法を…①ピント:A/Fはありませんので、レンズのピントリングを回しながら決めますが、D90では撮影対象にピントが合うとファインダー下に「●」が点灯しますのでピントを外すことはまずありません。ただ、鉄道撮影では殆ど「∞(無限大)」で事足りますけどね。②f値:カメラとレンズが連携していないので、カメラ側ではなにもできす、レンズのf値のリングを回して決めます。では適正露出はどうやって見つけるのか…答えは簡単で、「試し撮り」で画像を確認しながら決めていきます。ここが現代のデジカメの強い所ですね。カシオペア通過時は御覧のとおり晴れ。50年以上前のレンズが現在の奇跡(2回目ですが…)、37カシオペアをクリアーな画像で残してくれました。なんか、レンズの話中心でしたが、「後ボケがどうのこうの、とか、色具合がどうのこうの」なんてことまでは詳しくないですが、ようは綺麗に写ればいいのです。では

  • 19Jun
    • 木曾路はすべて山の中である<Best of ロクヨン20回目>の画像

      木曾路はすべて山の中である<Best of ロクヨン20回目>

      こんにちは。八ツ山です。私が木曽路(中央西線)に通うようになったのは、当然、ロクヨンを撮影したかったからですが、きっかけは、だいぶ前の鉄道ジャーナル(RJ)誌に載っていた写真とそのキャプションが気に入ったからです。2009/05/13 17:53 中央西線贄川-日出塩間(通称:贄川の鉄橋)1/500sec(シャッター優先:f/2.8相当) ISO-500:80-200mm/f2.8 125mm(APS)そのRJ誌に掲載されていた写真を真似たのが↑です。写真には確か383系が通過している場面で「木曽路は全て山の中である、を・・・」といったキャプションが付いていました。・・・へ~こんな所があるんだ!ここでロクヨンを撮ってみたいな~・・・で、インターネットで探してみると「山の中」とは言え国道のすぐ脇で撮影できると知りました。(てっきりすごく行きにくい所かと勝手に思ってました)現地に行ってみると国道脇でアプローチは抜群によかったのですが、下り列車を左頭で撮影しようとすると南東向きにカメラを向けなけらばならず、いわゆる「順光時間極少、曇りの日向き」でした・・・ただ、ロケーションはRJ誌で見た以上に素晴らしい所で、一発で気に入ってしまいました。この当時は、国道19号の脇(歩道がないのでガードレールの外側)か、近くの旧線跡の舗装道から、鉄橋をやや上向きに撮るのがメインでした。この写真にも右下あたりに木の枝が写りこんでいますが、これら樹木の成長で、現在では旧線跡の舗装道からは無理で、国道脇も電線が入り込んでしまうのでやや堤築を旧線跡方向に降りていき、丁度中央ぐらいの箇所から写せます。また、最近、国道19号の改良工事で木々が刈り取られた様で、国道から丘を10分ぐらい登ると西線方向に開けた「お立ち台」が誕生し、現在のメイン撮影地になっています。この場所では鉄橋をやや下向きのアングルにする事ができます。ちなみに、キャプションにもあった「木曾路 ( きそじ ) はすべて山の中である」は島崎藤村の「夜明け前」の書き出し部分です。小説そのものを知らない方でも有名なフレーズなのでご存知かもしれません。(私も全編は読んでいませんが…)↑の写真は(カメラの時計の時刻なので多少誤差があります)既に夕方に突入している時刻のものです。81レをこの場所で普通に撮影するには(ISO値を上げてもクリアな画像の各社フラッグシップモデル級のカメラではなければ)夏至前後の晴れた日でないと厳しいですね。なお、久しぶりにブログ名のとおりの国鉄色重連(34号機+31号機)です。この頃はこの組み合わせばかりでしたが、重連を組んだ!と聞くと木曽路にすっ飛んで行ったものでした。あ~懐かしい…(感じ方には個人差があります)では。

  • 03Jun
    • 【緊急うp】中央東線に孤高の37号機牽引の工臨が走った!!<Best of ロクヨン 19回目>の画像

      【緊急うp】中央東線に孤高の37号機牽引の工臨が走った!!<Best of ロクヨン 19回目>

      こんにちは。八ツ山です。やや時間が経ってますが、5/28(日)に八王子→岡谷間にロクヨン0番台唯一の37号機が短尺レール運搬に入りましたので、撮り鉄仲間と行って来ました。2017/05/28 15:07 中央東線大月-初狩間(採石場脇)f/8 1/500sec ISO-200:28-75mm f/2.8 48mm(APS)甲州街道と採石場を結ぶ橋からです。ブルケーがあるのでいいアングルは限られますが、「レールを運んでいるぞ~!ブワ~ン」という声が聞こえてきそうです。この時期ならではの新緑も素敵ですね~。ちなみに、この橋は、ほぼ、採石場へ出入りするダンプのためものですので、稼働日にはダンプの邪魔にならないよう気をつけましょう。で、お友達が借りた軽で中央道を西へ…同日 16:23 中央東線穴山-日野春間(TV塔山 山頂)f/8 1/500sec ISO-200:80-200mm f/2.8 200mm(APS)面がやや黒いですが、TV塔山の山頂からの俯瞰です。先ほどの採石場にはさほど集まっていなかった撮り鉄ですが、ここは最終的には30Bぐらい集まりました。俯瞰でいろいろアングルがあるのでいつも悩みますが、今回は縦構図で撮ってみました。やはり、私の200mm(Fullサイズで300mm相当)ではこれが精いっぱいでした。撮影前には中央の右端に地上攻撃の撮り鉄が1Bいたのですが、上の写真には写っていません。まあ、今はフォトショとかWIN標準装備のフォトのブラウザーで「ごみを消す」ことができるので写りこんだら消せばいい話ですがね。しかし、通過時刻になって遠くからロクヨン・0番台独特のブロワー音が聞こえてきて、やがて近づいていくと音が段々と大きくなり、「あ~ロクヨンの本物の雄たけびだ~と」感動しながらシャッターを切りました。ロクヨンを撮って満足してしまい、2~3分差で185系「はまかいじ」(上り)が通過していきましたが撮影はできず(/--)/日野春駅で30分弱停車するので車で追い抜いて、小淵沢の三峰の丘に急行。この日は晴れていて富士山が見えるm、ということで楽しみにしてましたが、現地に着くと富士山は肉眼では確認できますが、写真ではやはりモヤの中で薄々になってしまいます。で、せっかく三峰の丘(三峰とは、富士山/八ヶ岳/甲斐駒ケ岳の3名山が眺められる、ということで名づけられたところです)に来たのですが、「富士山無し」にしました。同日 17:13 中央東線長坂-小淵沢間(三峰の丘)f/8 1/500sec ISO-200:28-75mm f/2.8 60mm(APS)空が割り合いと綺麗でしたのでこの縦アンにしました。背景の丘が多彩だったので茶色が逆に映えた・・・かも(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ久々に充実した日曜日の午後でした。では。

  • 14May
    • 雪山バックの名撮影地を行く広島更新<Best of ロクヨン 18回目>の画像

      雪山バックの名撮影地を行く広島更新<Best of ロクヨン 18回目>

      こんにちは。八ツ山です。八ツ山の下手な写真で過去を振り返るロクヨンの数々…「Best of ロクヨン」の18回目になります。今回も中央西線では超有名撮影地からです。雪山バックの名撮影地を行く国鉄色重連<Best of ロクヨン 16回目>と同じ場所です。2009/04/02 12:28 中央西線大桑-野尻間f/7.1 1/1000sec ISO-200 -1補正:28-85mm f/2.8 60mm(APS)前回の国鉄色重連から約1ヶ月後になりますが、まだ木曽路の春には遠いのか雪山は白くなってますね。(左側の杉が赤茶色なのは見ないことで(/--)/)さて、先頭のEF64 67号機ですが、この頃はロクヨン唯一の広島更新色(所謂カラシ色、現在ではEF65 2127がほぼ同じ塗色)なので国鉄色と変わらず人気がありました。以前夜の帝王(笑)広島更新色67号機、白昼堂々走行す<Best of ロクヨン14回目>にもありましたとおり、この罐、なぜか昼間の撮影になかなか巡り合わないのですが、この日は現8084レの先頭でしたので出撃したわけです。空も晴れ渡ってなかなか綺麗に仕上がっていると思います。(自画自賛)次機が大宮更新機なので、サイドの塗色の違いがお分かりになるかと思います。では。

  • 07May
    • 元東急8500系甲種輸送を撮る!<Best of ロクヨン 17回目>の画像

      元東急8500系甲種輸送を撮る!<Best of ロクヨン 17回目>

      こんにちは。八ツ山です。今回は私としては珍しく上越線、しかも新潟県での撮影です。東急8500系が長野電鉄に譲渡されるため、長津田から横浜・中央・南武・武蔵野(梶ケ谷タ折り返し)・東北・高崎・上越・信越・しなの鉄道経由で屋代まで甲種輸送されたのですが、高崎から先はEF64が牽引との情報があり、岩原のカーブで待ちかまえました!2009/03/19 9:51 上越線越後中里-岩原スキー場前間f/10 1/1000sec ISO-200 (-0.7補正):28-70mmf/2.8 40mm(APS)3月の19日でしたが、線路際の雪は融けてました。電車6輌ぐらいなら重連はいらないですね。牽引機は1013号機のようです。この後、関越を飛ばして(なお、法律は遵守しております)青海川駅近くの国道から線路を俯瞰するPOINTに行ったのですがタッチの差で間に合いませんでした…(/--)/しかし、長津田から長野方面(屋代)に向かうのに随分遠回りしていますが、中央線廻りならやれパンタがどうだとかいうことになるので回避したのでしょうか?ちなみに後輩たちは今日も黙々と神奈川県と埼玉県を結んで走っていますよ。2016/05/03 14:02 東急田園都市線すずかけ台駅(下りホーム先端より)f/16 1/200sec ISO-320:70-300mmf/4.5~5.6 300mm(APS)デントにこんな構図で撮れる超有名撮影地があるとは知りませんでした。この後輩達も新車導入が発表されましたから安穏とは走れませんね。では。

  • 30Apr
    • 雪山バックの名撮影地を行く国鉄色重連<Best of ロクヨン 16回目>の画像

      雪山バックの名撮影地を行く国鉄色重連<Best of ロクヨン 16回目>

      こんにちは。八ツ山です。すっかり更新を怠ってました。3月どころかもう新年度で4月も今日で終わり…2009/03/05 12:28 中央西線大桑-野尻間f/5.6 1/1000sec ISO-200 -0.7補正:28-85mm f/2.8 60mm(APS)中央西線でも有名な「雪山バック」で上り列車を撮影できるポイントです。EF64 34+EF64 31の国鉄色重連でこのシーンを撮れたのは非常に幸運でした。ちょうど右側に国道19号線の道の駅大桑があって車を停められたりトイレがあって便利なのですが、この撮影ポイントややグレーゾーンで鉄道用地?のギリギリを歩行しないとたどり着かないのです。撮影ポイント自体は雑草だらけの線路際なので問題なさそうですが…この列車は現在の8084レですが、前にも書いたとおり、この列車は車で追いかければ2~3回同じ列車を撮影できるスジになっています。なので、この列車に国鉄色重連が起用されるとの報を受けたら即座に木曽路へすっ飛んでいきました。(←仕事は?)しかし、もう8年も経つんですか…このロクヨン0番台(基本番台)もJR東日本所属の37号機しか稼働していません。ちなみに、この「雪山」、ネット等の解説には「木曽駒ケ岳(標高2,955m)」「空木岳(2,863m)」と分かれています。地図でちゃんと方向を調べれば正解はわかるのでしょうが…では。

  • 19Mar
    • 【こちらも余命幾ばくも無い?】茶罐ザンナナ<BEST OF ロクヨン15回目>の画像

      【こちらも余命幾ばくも無い?】茶罐ザンナナ<BEST OF ロクヨン15回目>

      こんにちは。八ツ山です。前回は1019号機の話題でしたが、こちらも動向に目が離せません。ロクヨン0番台(基本番台)唯一の稼働機、37号機です。2011/05/04 15:31 上越線上牧-後閑間f/6.3 1/1000sec ISO-200:28-85mm f/3.5-4.5 75mm(APS)八ツ山も37はよく撮りましたけど、↑が自画自賛のベストショトと思っています。大型連休中の旧形客車をいろいろな機関車が牽引するイベント(?)だったと…毎日上越線に通っていた記憶が…茶色で統一(厳密には次機の仙一サンは白帯がありますけど)された編成でこの撮影ポイント(当時は第4種踏切)にも関東中の撮り鐵の面々が集結しました。皆さんは三脚を立てて低中高といわゆる「ひな壇」に整理された中で、八ツ山はローアン(グル)が好きなので一番前に入れて貰い、列車が来るまで和気あいあいと鉄道論議をしていました。さて、この37号機そろそろ…という憶測が飛び交っています。製造が1971(昭和46)年4月28日なのでざっと46歳!メンテナンスも大変だろうな~と思います(特に部品の調達)昨年の信州カシオペア、2009年から1年間のあけぼのの牽引、と華やかな経歴もありますが、国鉄時代から中央東線の工臨を中心に地味な運用を黙々とこなしてきたいわゆる「苦労人」ですな。八ツ山が「第二期カメラ小僧(オヤヂ?)」のきっかけになったのも、このEF64 0番台で、「国鉄色重連」(といっても当時はユーロ罐以外は国鉄色でしたが…)を撮影したくて一眼レフ(フィルム!)を購入したのです。37号機がんばれ!では。

  • 17Mar
    • 【悲報?】ついに貨物機から国鉄色消滅……か(東スポ風)の画像

      【悲報?】ついに貨物機から国鉄色消滅……か(東スポ風)

      こんにちは。八ツ山です。普段見ている掲示板によると、EF64 1019が運用離脱し、休車となった模様です。以前にも話題にしましたが、今シーズンの繁忙期を過ぎたら…と予測していましたが、どうも現実になってしまったようです。ただ、「離脱」の根拠が休車のカマが多くいる機留線に入った、とのことで、休車札が差されたところまでは確認されていないので確定ではないですが、いろいろ状況を踏まえると休車となった可能性は高いですね (´;ω;`)ウッ…これで、拙ブログタイトルのとおりロクヨン貨物機の「国鉄色重連」は永遠に組めなくなりました。2008/12/09 10:10 武蔵野線西国分寺駅f/5 1/500sec ISO-400:80-200mm/f.2.8 80mm(APS)デジ一眼で撮った最初の1019号機。この頃は武蔵野線撮影に凝っていた頃で、よくニシコクのエキ先端も行きました。これは国鉄色重連ではないですが…(そもそも次機は無動のEF65ですし)2008/12/20 15:11 武蔵野線東所沢駅f/4.5 1/500sec ISO-200 -0.3補正:80-200/f2.8 145mm(APS)こちらは当時の2459レ、現在の83レ(EH200牽引)に該当します。これも国鉄色重連ではないですけど…この頃は武蔵野線内で手軽(?)に重連を撮影できました。2016/09/22 11:23 東海道本線小田原駅f/10 1/320 ISO-400 -1補正:80-200mm/f2.8 92mm(APS)↑彼のような前例もあるので、JR貨物さん復活国鉄色への塗り替えよろしくお願いいたします。では。