ウェブマーケテイングの ちから。 ウェブライティングの ちから。


訪問ありがとうございます。!!

カチンコ登録して戴けると励みになります。! m( _ _ )m 読者登録ボタン



LLC alpha・ITC






}
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

WordPress 5.7.1セキュリティとメンテナンス リリース

概要

セキュリティメンテナンス・リリース
  • 「WordPress 5.7」に対する問題
  • 「REST API」に対する問題
  • 「ブロックエディタ」の問題
  • 「クラッシック エディター」の問題
  • 「テーマ」の問題
  • 他、
2つのセキュリティ問題と26のバグの解決がされました。 
 
 
 

concrete5道具としてのウェブサイトを作る為のツール

もし、あなたが、

タップでスグに電話をかけられるサイトをお探しなら、

その様なホームページ制作をお探しなら!

以下の情報がお勧めです。

 

自動再生消音にしています。

 

 

 

これらは、あなたのサイトにも有用なはずです。

 

あなたのサイトにも、導入できるCMSです。

カスタマイズで、ページのどこにいても

どのページにいても、

スマホからタップでスグに電話できる。

「ホームページが欲しい人は、ほかにいませんか?」

    1. エンタープライズCMS ?
      1. 特徴
      2. concrete5 の主な機能 v5.3.0(2009/04/20)
      3. 機能紹介
      4. concrete5ウェブサイトのご紹介
  1. Topページ
    1. ポートフォリオ
      1. ウェブサイトの姿
      2. 24時間あなたの味方
      3. スマホ最適サイト
      4. スマホの普及がつなぐ
      5. 自然なかたちで
    2. ようこそ(about)
    3. よくあるご質問
    4. サービス
      1. 費用について
    5. 無料で問い合わせ
      1. 簡易 予約
    6. お役立ち情報
    7. サイト内検索
  2. ベネフィットは、
    1. お客様に便利であること(利便性)
      1. ◎ タップでスグに電話できる
      2. ◎ ライバルを表示しないGoogleマップで、ご案内
      3. ◎ 簡単入力・問合せフォーム
      4. ◎ 簡易予約フォーム
 

もちろん

  •  RWD
  •  MFTテスト合格の
  •  MFIのページです。

そして、カスタマイズ後の、一番の特徴は、

「ページのどこからでもどのページからでも、スマホからタップでスグ電話できる」ことです。

RWDレスポンシブ ウェブ デザイン

レスポンシブ ウェブ デザインを導入するサイトが増えるにつれて、
ウェブマスターの方々の間で、モバイル用に別途設定する URLから

レスポンシブ ウェブ デザインの利用の同一のURLに移行することへの関心が高まっています。

レスポンシブ ウェブ デザインは、サーバーからどのデバイスに対しても常に同じ HTMLコードを配信しつつ、
CSS を使用して各デバイスでのページのレンダリングを変更する設定方法です。

ここでは、あなたのサイトが Google の検索結果でよいパフォーマンスが出せるよう、
別々の URL から 1 つのレスポンシブ URL へ移行する際のおすすめの方法をいくつかご紹介しています。

Googlebot にわかりやすい形でレスポンシブ サイトに移行する
出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ 2019/09/15

MFTモバイル フレンドリー テスト

 モバイル デバイスでのページの使いやすさをテストします。モバイルに対応する理由は、モバイル デバイスからのウェブへのアクセス数は増加しています。

モバイルによって世界は変わりつつあります。
今日では、誰もがスマートフォンを持ち歩き、常にコミュニケーションをとったり情報を探したりしています。

多くの国で、スマートフォンの数がパソコンの数を上回っており、
モバイル フレンドリーなウェブサイトは、オンラインでの存在感を高めるうえで欠かせないものとなってきました。
出典:Google検索セントラル

MFIモバイル ファースト インデックス

Google がモバイル ファースト インデックス登録(スマートフォン用 Googlebot を使用したウェブのクロール)に取り組み始めてから数年がたちました。

分析を行ったところ、検索結果に表示されるサイトのほとんどはモバイル ファースト インデックス登録に対応しており、70% はすでに移行済みでした。

これを踏まえ、2020年9月より、簡素化のためすべてのウェブサイトをモバイル ファースト インデックス登録に移行します。

それまでの間も、システムによりモバイル ファースト インデックス登録に対応済みと判断されたサイトについては、引き続き移行していきます。

モバイルによって世界は変わりつつあります。
出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ 2020/03/31

 

ブロックエディタの進化wordpress5.7

 

WordPress5.7「新機能ドラッグ&ドロップで、直接 設置したい場所に
ブロックやブロックパターンを置ける様になった。

 

機能をWordPress5.7でも試して、concrete5と比較しました。

 

両方のブログ投稿を、画面の動画キャプチャで動画にしてYoutubeにアップしました。

 

    1. ブロックエディタの進化
  1. WordPress 5.7 ブロック・エディタ(新機能)テスト投稿
    1. Youtube動画は WordPressを5.7にアップデートする所から
      1. 録画
      2. 記事の編集(公開後の記事の再編集をします)
      3. concrete5での投稿
    2. まとめ

Youtube動画

 

 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>