ヤハリユタカ 競馬が好きさ

ヤハリユタカ 競馬が好きさ

【相互フォロー歓迎】
競馬歴25年くらい。単複基本+三連少額が馬券スタイルです。競馬場orウインズに行ったときはパドック踏まえてツイートしています。

馬券は単複を基本に連勝は少点数。
勝負がかりを推理し予想。
武豊騎手を応援。若手は武藤雅くんプッシュ。
府中開催時はなるべく現地観戦。

夏の上がり馬が通じるかどうか?
菊花賞の楽しみの一つです。

最近では
カフジプリンス、
シュペルミエール、
グローリーヴェイズ
に着目してました。

馬券は取れなかったものの
強烈な上がり馬としては
ヒシミラクルですかね。

夏競馬、
ローカルの古馬混合長距離条件戦で
強い勝ち方をして菊に挑戦。
できればトライアルに出ていないか、
トライアルで4,5着。
そんな馬に痺れる訳で。。。



今年は
ホウオウサーベル
に注目しています。

前走の「阿賀野川特別」。
新潟の芝2,200m。
出世レースの一つで晩成型の4歳馬が
ここを勝って秋の重賞を賑わせたり、
遅れてきた3歳馬が菊花賞に駒を進めたり。
今年は◎ブランドラー。
ブランドラーの単勝握りしめ
レース観戦。
勝ったのはホウオウサーベル。
力の差を見せつける圧勝でした。
これは相当強い!というわけで
新馬からこの馬のレースを見直しました。
仕切り直しの4戦目、
3歳500万下府中2400m。
明らかにスピードが違う感じですが
うまくなだめてますね。
先団外目につけて追走、
直線に入ってからしっかり伸びて2勝目。
阿賀野特別も同様のレース。
この馬、コーナーをまわるのが
上手い感じがします。
コーナリングで先頭に上がって来ますね。
しかも直線に向いてから脚が止まらない。
このタイプは京都の外回り中長距離は
合ってると思います。
右回り未経験、京都未経験が
マイナス材料。
因みに2戦目は昨年の東スポ杯は
5番人気6着。
このときはニシノデイジー、
ヴェロックスの後塵も
今なら勝負になりそうです。

調教師試験は残念でしたが、
ここは本業でがんばれエビショウ!



競馬コラムランキング












混線模様の秋華賞。
勝馬は勝率の高い馬から。
激走馬は前走大敗馬から。




◎ 17 エスポワール

3-1-2-0 とコツコツ勝利を積み上げて
Glの舞台に。
牝馬限定戦は2戦目の未勝利戦のみ、
あとは全て牡馬混合戦で勝ち負け。
前走、前々送と連勝。
クラス(1勝→2勝)、 
コース(阪神→中京)、
距離(1800→2000)。
馬場状態(稍重→重どろんこ)
を連勝したのはやはり能力。
馬場状態を味方に兄アドミラブルが
なし得なかったGl制覇へ。

○ 5 クロノジェネシス
こちらも3勝馬。
Glは3戦2着1回3着2回。
このパターンはGlは勝てない!?

▲ 7 ビーチサンバ


△ 12 レッドアネモス

とりあえず複勝買います。
新馬をなんと森騎手で勝利!
続くサフラン賞は川田を鞍上に連勝!
この「走らせてみたら強いぞ」
パターンは結構大事で、
サフラン賞は勝負とみて単勝買いました。
先行馬なのになぜか控えて惨敗阪神JF。
結局この馬は逃げ馬というわけでもなく、
気分よく走ったら、
というタイプのようですね。
そうなると普通は多頭数、ましてGlの
厳しい流れはノーチャンスですが、
急速に悪化した馬場。
そろりと乗る馬が多数ならハイチャンス。
先行して粘り込みは想定したいです。


△ 1 ダノンファンタジー

良ならこの馬◎でしたが。。。
2番取り消しでますます有利なはずですが。



競馬コラムランキング












待望の府中開催です!
明日日曜は現地入り予定です。

6,7Rは武藤雅くんから。

8R本栖湖特別は札幌で叩いて2戦目の
6 バリングラ
勝ったらアルゼンチン共和国杯に
格上挑戦してもらたいたい。



【サウジアラビアRC】

今年はハーツ産駒が豊作?のようで。
明日の東京5R新馬出走の
ダノングロワール
来年のダービー馬かも??

一番人気はハーツ産駒のサリオス。
6月の新馬で強い勝ち方をした大型馬。
そして藤沢厩舎の血統馬で
新馬戦サリオスの2着
アブソルティスモが二番人気。
狙うのは
◎ 6 クラヴァシュドール
不安は鞍上のみ。
中内田厩舎意欲の東上です。
こちらもサリウスと同じくハーツ産駒。
阪神マイルを好位後ろから追走、
ワンテンポ待って追い出して
外から差しきり勝ちし人気に応えました。
能力は間違いないですね。
ファンタジーなど牝馬限定戦ではなく
混合戦にチャレンジです。

紐荒れの押さえに
△ 5 ロードエクスプレス
△ 9 エンジェルサークル
キンシャサ産駒、カナロア産駒は
府中のマイルは持つことありますから。
○ サリオス
▲ アブソルティスモ



競馬コラムランキング


















追いかけ中の一頭、
トウショウドラフタ さん。





「トウショウ」の冠、
目にするのも僅かとなりつつあります。

馬券収支は大幅マイナスです。

が、

ついに取り返す時が来た!?
かもしれません。

3歳冬以降、走るのが嫌になったのか
と思うくらい残念な走りが目立ちました。
ところが、
前走の朱鷺ステークス(8月25日)は
行きっぷりが一変びっくり
流れに乗って、4コーナーから
馬なりで捲ってくるじゃないですかっ!
握りしめた馬券・・・
結果差し込まれて10着。
とはいえ、
復活の気配満点です。
中山開幕週の京成杯AHは結局パス。
再度、新潟の芝千四です。

新潟芝千四は、
ダート血統、非根幹距離血統、
決め手不足も
ソコソコのスピードとパワーで
走りきる馬がくるレース。

信越ステークス、
始まってから過去8年、
ディープ産駒出番なし。
因みに2016年の勝馬はトウショウドラフタ。

京都はグローリーヴェイズ、
東京は検討中、
新潟はトウショウドラフタ。




競馬コラムランキング