入替戦のお知らせ

テーマ:

こんにちは。

マネージャーの石田です。

2018年度春季関東大学バレーボールリーグ戦において、

11勝0敗の2部全勝優勝をすることができました!

たくさんの応援ありがとうございました。

そして、26日には1部リーグ12位の東京学芸大学との入替戦が行われます。

創部72年の歴史の中で史上初の1部昇格を果たすため、

この1週間で出来ることは全て行い、チームの団結力をさらに強め、

最高のコンディションで試合に挑めるよう練習に励みます。

私たちのチームは現在、選手17名しかおらずベンチ外からの応援で、チームを盛り上げることができません。

なので、皆様のご声援が本当に選手たちの力になります。

今までずっと目標として掲げてきた1部昇格を果たすために、

どうか皆様のお力をお貸しください!

皆様の熱いご声援をお待ちしております!

 

【入替戦のご案内】

5月26日(土)特設コート第4試合

VS東京学芸大学

第1試合 10:00開始

15:00頃 試合開始予定

会場:駒澤大学玉川キャンパス

アクセス:

・東急田園都市線「二子玉川」駅を下車し、バスを利用する場合

駅バスターミナル、または玉川高島屋本館前の「二子玉川」停留所から乗車

砧本村行き:「砧本村」停留所下車、徒歩1分。

・小田急線「成城学園前」駅を下車し、バスを利用する場合

二子玉川行き:「鎌田」停留所下車、徒歩7分。

入場料:一般1000円

    学生500円

 

 

2017年度納会

テーマ:

こんにちは。

青山学院大学男子バレーボール部マネージャー新2年石田美来(みらい)です。

歴代のマネージャーの先輩方が更新されてきたこのブログをこれからは私が引き継ぎ更新していきます!よろしくお願い致します!

 

さて、先日2017年度納会が行われました。

今年度をもちまして、8年半青山学院大学男子バレーボール部を指導してくださった小泉伸一コーチが退任され、OBの早川尚孝さんが新ヘッドコーチとして私たちを指導してくださることになりました。

3・4年生は今までに二回入替戦を経験し、なぜ一部に上がれなかったのか、あの時の悔しさを一番よく分かっている代であり、このメンバーで48日に開幕する春季リーグでは必ず一部昇格を果たすということがこの会に参加した全員の願いだったと思います。

今年は、選手6名、マネージャー1名、計7名の四年生の先輩方が引退され、チームにぽっかり大きな穴があいたようでしたが、その穴を埋めてくれるくらいパワフルな新入生3名が入部しました。

背番号13 小田島拓也(おだじまたくや)

東亜学園高等学校出身、サイド

178センチと小柄ではありますが、鋭いスパイク、サーブがこのチームにとって大きな武器となることは間違いないです。又、レシーブも安定しており、チーム今季のテーマである、「ひろってひろい勝つ」にも貢献してくれると期待しています。

背番号14  長田康矢(おさだこうや)

高川学園高等学校出身、リベロ

サーブレシーブはもちろんのこと、パスがとても綺麗で正確性が高く、そして、リベロではありますが、スパイク、サーブのレベルも高いので、彼がいることでチームの可能性の幅が広がっていると感じています。

背番号15 青山幹 (あおやまもとき)

清風高校出身、サイド

文武両道の清風高校から来た彼は安定した頭を使ったプレーが特徴で、チームの流れが悪くなった時に流れを取り戻してくれるような選手です。

 

バレーボールと勉学のバランスの取れたチームを目指し、新たにこの3人を迎えよりよいチーム作りに励みます。

今後とも青山学院大学男子バレーボール部を応援宜しくお願い致します。

 

 

 

入替戦のお知らせ

テーマ:


先日のブログでもお伝えしたように、私達は今季のリーグ戦で準優勝を果たし、入替戦出場を決めることが出来ました。
入替戦の日程は28日(土)、いよいよあと一週間と目前に迫ってきました。

優勝した国士舘大学との試合では、サーブカットが思うように返らず、手も足も出ないような試合でした。
監督、コーチはいつも、何事も基本が大切と口を酸っぱくしておっしゃっていますが、その言葉の意味を、身をもって痛感しました。

入替戦まであと一週間で出来ること。
それはやはり、サーブカットをしっかり返す、サーブで相手を崩してブロックで捕まえる、といった基本の徹底だと思います。
鍵は、松島、佐藤4年生のしつこいブロックに期待がかかります。
そしてここまできたからにはあとは気持ちです。
相手も絶対に負けてはいけない!と意気込んでくると思いますが、それ以上の気迫で入替戦に臨まなければなりません。

4年生にとっては、これが本当に最後のリーグ戦です。
入替戦に出場できることの喜びを噛み締め、4年間の感謝の気持ちを結果で返せるよう、精一杯頑張ります。

「志は高かるべし」
「考えて、考えて 考え抜く」
創部以来初の一部昇格を目指し頑張ります!


<入替戦のお知らせ>
日程 10月28日(土)
時間 11:00 試合開始
対戦相手 順天堂大学
場所 駒澤大学玉川キャンパス体育館
入場料 大人1000円
            学生 500円

〜アクセス〜
・東急田園都市線「二子玉川」駅からバス(駅前ロータリーバス乗場または玉川高島屋前から)
 -バス:【2番乗り場】玉06系統 砧本村行き「砧本村」下車徒歩1分

入替戦出場決定!

テーマ:

2017年度秋季リーグ戦、15日をもちまして閉幕となりました。
私たち青山学院大学の最終結果は、
第2位(10勝1敗)で見事、一部との入替戦出場を決めることができました。

14日に行われた国士舘大学戦で痛恨のストレート負けをしたものの、入替戦がかかった最終戦の大東文化大学との試合はしっかりとストレートで勝ち切り、入替戦出場を掴みました。

共に一敗同士の大東文化大学戦では第2セット目、
17-22から6連続得点の大逆転劇で、セットを取ることができ、選手達の入替戦出場への執念と熱い気持ちを感じることができました。

さて、私たちが一部との入替戦に出場するのは今回が2回目です。
昨年の秋、初の入替戦出場を果たしたものの、フルセットの末負けてしまい、大変悔しい思いをしました。
「3度目の正直」ではなく、なんとしても今回一部に上がらなくてはなりません。
監督からも、優勝したものの一部昇格を逃した、昨年の秋の二の舞いを舞うな!!とのお言葉をいただき、私たちも改めて気合が入ります。

後は勝つのみです。雰囲気にのまれることなく、自分たちのバレーをし、今回こそ念願の一部昇格を果たしたいと思います。

最終戦には山脇会長、辰さん、伊藤さん、本多さん、奥本さん
以上、5名もOBが来てくださいました。
OBの皆様、保護者の皆様、そしていつも応援してくださる沢山の方の期待に応えられるよう、頑張ります。
皆様引き続き応援宜しくお願い致します。

2017年度秋季リーグ戦

テーマ:



2017年度秋季リーグ戦も7戦が終了し、残すところ4戦となりました。
現在私たちは、7勝0敗で第2位と、入替戦まで後一歩のところについています。

立正大学戦での悔しい失セットもありましたが、先週の法政大学戦はストレートで勝利することができ、チームの調子も右肩上がりです。

コート内の4年生、松島と佐藤吉之佑がチームをしっかりと引っ張り、下級生は元気なプレーで期待に応え、学生らしい、青学らしいバレーをすることができています。
私も女子マネージャーとして、選手とスタッフが試合に集中できる環境を作れるよう、残り少ない学生生活を精一杯この部活に捧げたいと思います。

しかしまだ入替戦が決まったわけではありません。
入替戦に出場するためには残りの4戦、しっかりと勝ちきることが必須です。
春のリーグ戦で最後に泣いた、勝てる試合を取りこぼす、ということはあってはなりません。
この1週間でサーブキャッチなど基本のプレーをもう一度徹底し直し、良い雰囲気を保ちながら残りの試合に臨みたいと思います。

応援に来てくださる、OBの皆様、父兄の皆様、いつもありがとうございます。
私たちの目標は入替戦に出場することではなく、1部に昇格することです。
そのためにも残りの試合、確実に勝ってみせます!

残り全ての試合、会場が立正大学の熊谷キャンパスと、少し遠くではありますが、是非応援に来ていただければと思います。
引き続き、熱いご声援宜しくお願い致します。