make life sing

make life sing

make life sing

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

フランスで有名な日本人と言えば、おそらく一番に来るのがビートたけしこと北野武。
カンヌ映画祭の常連であり、コメディアンであり映画監督でもある
というマルチなところが人気の根本的なところだろう。
そして、先日発売された、ビートたけしの名で書き下ろした恋愛小説
『アナログ』が話題を呼んでいる。
マルチが、さらに増えたというところでもある。

フランス人は、歴史的に見てもキワモノが好きである。
常人ではない人物たちを好むところがある。
かつて話題になったタブロイド漫画誌『シャーリー・エブド』だが、
襲撃されて12人の死者が出た時に何十万人もの人々が
"Je suis Charlie" と『シャーリー・エブド』を支持するデモを行なった。
もちろん、この意味としては「言論の自由を守る戦い」としてのデモではあるが、
変な漫画を描く”キワモノ”が、とりわけ好きなところもある。
読者はそれほど多くはないが、一癖ある人間を好む志向がある。

19世紀のフランス社会の生き証人のようなエドモン・ゴンクール、
彼はゴンクール賞というフランス最大の文学賞の名前で知られている。
その彼の『ゴンクール日記』を読んでいたところ、
フランス人の”キワモノ”好きな性向を揶揄するような文を見つけた。
彼が生きた19世紀に、もてはやされていたのはボードレール、ヴィリエ・ド・リラダン、
ヴェルレーヌの3人。これについて一言、小言のように言っているくだりがある。
「今の若者は上記の三人を神のように信奉している。
だが、一人はサディスティックな放浪者(ボエーム)であり、一人はアル中患者、
一人は人殺しもしかねぬ男色者ではないか」
上記の三人が、そのままの人物評ということになる。
つまり、三人ともに”キワモノ”だ、と声高に語っている。

歴史的にも、そんな”キワモノ”趣味の性向があるようだ。
そうなれば、
ビートたけしがフランスで好まれるのも当然と言えば当然か...

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス