高橋咲―わたしがさかなだ。

高橋咲―わたしがさかなだ。

ヒトとして生きるある魚の物語。ミュージカル座劇団員高橋咲、人呼んでさかなのブログです。


お仕事のご依頼・チケットの受付は、kie_boh5730@yahoo.co.jp
まで、ご連絡お待ちしております!!お気軽にご連絡ください。


こんにちは!魚です!


9月に、日本に帰国致します!


帰国一発目の舞台は、「わだつみのこえ」の演出をさせて頂きます。


史実という重み。

そして、敬愛するハマナカ先生、ビリー先生によって生み出され、先輩方が大切に演じてこられた作品の再演、演出という重責をしっかりと背負い、創り上げたいと思っております。



相棒は、信頼と愛のかたまり、守屋由貴ちゃん。

彼女に音楽面を支えてもらいながら、大切に創りたいと思います。



みなさま、11月1日〜3日、ザムザ阿佐ヶ谷にて、お会いしましょう!!





皆様、明けまして、おめでとうございます!!!

ほぼ閉鎖状態のブログを、新年ということで、掘り起こし更新!!


2018年も、大変お世話になりました。

例に漏れず、1年振り返ります。



1月、ストレートプレイ「野の花」、演出助手。

中本先生の助手というお仕事をしばらくお休みしておりましたが、久しぶりにタッグを組んだこの作品。

写真は劇場にてバースデーサプライズして頂いちゃった時のものです照れ

小屋入りの日は大雪で大変でしたね。

中本先生との仕事は本当に居心地が良く、自分の意志で好き勝手に(笑)仕事させてもらえる現場は本当にやりがいがあり、自分の存在意義を見出すことができるのでした。

好き勝手やり過ぎて怒られることもあるけれどw、それはまぁ先生を信頼しているからであったりして🤭

こんなにも食い気味で言いたい事考えてる事を理解できる、してもらえる人と働けていたのは、本当に幸せなことだったのだと改めて思っています。

コミュニケーションというのは本当に難しく、そこをクリアした先の仕事が出来ていたことは、今のわたしから考えると、奇跡的なことに思えるのです。

また先生と仕事したいなー!!

オファー、待ってます❤️←



5月、THE IDOLM@STER MR ST@GE!!MUSIC♪GROOVE☆振付、バックダンサー。

3月くらいから準備を始めて、4月に振付開始。

作り直しの連続で、連夜徹夜もありました。演出家の要望を理解すること、そしてそれを形にすること、胃液を吐きながらの作業でした。

振付アシスタントでありダンサー相方であったまいみには本当に精神的にもたくさんたくさん助けてもらった。あと、まほね。色々スタジオ連れ回して、容量オーバーしたわたしの脳みその代わりに、作るそばから振りを記憶しといてもらうという役目を果たしてもらいました。

そしてなんと言ってもうめさん。神だから。全てを網羅する神。この公演を通しての梅神エピソードはめちゃくちゃあるので、聞きたい人は個人メッセください←

まりちゃんと踊れたことも、素敵な思い出です!



6月、タイムトラベラー出演。

昨年唯一のミュージカル出演です。
毎年6〜10本舞台に立っていたのをサクっと減らして、色々寄り道し始めた2018。

でも、ハマナカ先生の新作だけは、可能な限り出続けると決めていたから、ちょっと無理して出演したこの作品。個人的には、月に歌えば→ハートスートラ→タイムトラベラーと、ハマナカ先生量子力学三部作と呼んでいる。

本当に素敵な実力派俳優の方々に囲まれて、娼婦から婆様まで演じることができました。



7月、新潟ジュニア合唱団演出&振付助手。

短い時間でしたが、子供達、とりわけ高3生の仕事っぷりと成長に感動。

また再会できたらいいな^ ^




そして9月からは、Sydneyにて生活しております。

今年9月に帰国しましたら、11月頭にミュージカルを演出する予定です。現在準備中。情報解禁までお待ちください。




去年のおみくじを見返しました。吉でしたね。


「たいへん威勢のいい運勢です。また新しい事が始まる気配があります。この時期計画さえしっかりしていればたいていの事は成功します」


「ただ、うかつに取り組むと、前景気や掛け声ばかりで、肝心の内容が伴わないということになりがちなので注意を要します。あまり旨い話は手にを出さないこと」


「健康:空元気をはって無理をしないこと。病気は軽くみてぶり返すこともある」


「技芸:高をくくっているところはないか。もう一度、基礎から見直せ。一度失敗しても二度目にはうまくいく」


「結婚:再婚はよろしい」



全部当たりやがりましたね。(再婚除く)


ありがとう伊勢山さん。




今年はおみくじ引けないのかー。

3月の一時帰国で引きにいくか。




最近の生活に関しては、Facebook &Twitterにて更新中です。


高橋咲 Facebook

高橋咲 Twitter




30代は模索しまくりそうな予感ですが、食って寝て生きていられれば、好きなだけ迷い道しようと思っています。


変わらずお仕事のオファーはお受けしておりますので、


ミュージカル座 ホームページ


もしくは、


kie_boh5730@yahoo.co.jp


まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。




ではでは皆様、


今年も何卒、よろしくお願い申し上げます!!




役者、ダンサー、振付、演出、演出助手、振付助手、キャスティング

ミュージカル座所属

高橋咲

弾丸で旅行したり、好きな人たちに会ったり、新たな生活の準備をしたり、しています。



名古屋旅行。withかご。
駅前の銭湯、悪くなかった。



うな富士っていううなぎ屋に行ったのだが、想像を絶する美味。まじで。
これ食べに名古屋へ行くってのは、ありっちゃありかも。

白焼きもひつまぶしもありえないくらい美味い。

ひつまぶしに関しては、うなぎが美味すぎて出汁をかけるのをちょっと躊躇う。

しかし出汁も美味。



なごや名物とかよくわからないが、とりあえずきしめん屋が多かったので食べた。
後、かごが昔働いてて、わたしも横浜店には何度かお邪魔しているデルソーレの、名古屋店に行ってきた。

実は今回の旅の主目的はこのデルソーレで働いてるかごのお仲間に海外生活についての話を聞くこと。

勉強になったし、ビールもワインも美味だし、幸せ。

白穂乃香は、東海地方近辺でしか置いてないらしい。フルーティでよい。



名古屋ということで、やっぱり最後はこの人に登場して頂いた。まーぼー先輩。
味噌カツとか、手羽先とか、なんとなく名古屋っぽいものを食べてみた。美味かった。

でも結局は、まーぼーさんに会えたことが一番嬉しかった。

≦人。




名古屋から帰ってきたその日に、仮眠を挟んで飲み会へ。
タイムトラベラーの先輩方と。

芝居に熱い方たちとの、本気な話とおバカな話の席。

尊敬が止まらない。

ゆでタン、ゆでレバー、めちゃ美味なり。赤羽。




翌日もタイムトラベラー。同じ楽屋だったメンバーと。
タイ料理と聞いて倦厭していたが、美味しかった。最近は美味しいものによく出会う。

楽屋、そこそこ大部屋だったのに、ほぼほぼ集まるという奇跡。

これも一重に、幹事の大内慶子氏の人柄だと思う。

「今日は幹事だからみんなの目印にならなきゃ!」と、真っ赤なワンピで現れる、いいキャラな奴。

一応ダブルキャスト同士で並んでいます。

ふわっとした2人と、キリッとした2人と、ピチっとした2人と、おバカな2人と、高木と、

あれ、前方の綺麗なお姉さんと眼鏡かけた黒パーカー野郎のコンビは一体なんだろう……(;_;)




そして、本日は、引っ越し片付け最終日。

必要なものの運び出しは終わっているので、あとはゴミ捨てと掃除。

昼間、海外渡航用のビザ申請やらなんやらめんどくさめな手続きを終えて、北浦和に上陸。

駅前で、何度となくお世話になった、"金魚"へ。

そういえば、2年前、引っ越してきて何もない時、最初に食べたのも、金魚のつけ麺だった。

あれ以来虜になり、2年間で何度訪れたかわからない。

寒い日も暑い日も、眠い日も二日酔いでも、いつも優しくつけ麺を提供してくれた金魚。いつもネギ抜き、ありがとう。


私的日本一のつけ麺である。




元気になったところで、掃除開始。

正味5時間。

魚邸組のみんなは驚くであろう。

立つ鳥跡を濁さず。


拭き掃除し過ぎて指先の感覚がない。


バラシより辛かった。




本日頑張ってくれた戦友のみんな。

中でも、こいつ。

激落ちくん泡タイプ。


こいつを振りかけて放置して5分後くらいにスポンジでこすればみるみる汚れが落ちる。


水周りと窓はコレ1本!(詰め替え用も消費したので2本)


ありがとう。激落ちシリーズ。




こんな懐かしいものたちもいました。
みんなが考えてくれた、わたしの芸名。



鍵もさよなら。
このポニョ、大学のダンスサークルの戦友たかしくんがくれたんだよな。似てるって言って。

気に入ってずっと使ってたけど、足も手ももげてしまった。



なーんて、思い出と展望の交錯する日でありました。

明朝は最後のゴミ捨てという課題が残っております。

寝坊はできない。



……しかし、、

大の苦手な片付けってやつをやり終えた自分に、何も与えないっていうのもね……


(深夜2時、コンビニへ走る)
続きです。


水野駿太郎くん。
毎度毎度仲良くやらせてもらってます。

珍しく喧嘩しなかったなーなんちゃって。笑

本当に、喧嘩する程仲は良く、信頼と愛情があるからぶつかれる素敵な人間。

今回のラリーもリチャードもその他も本当に素敵。尊敬を込めて。



山中美奈ちゃん。
元々仲良しではありますけどね、まじで今回は惚れました。

なんだこの人。魅力的にも程がある。

鏡前も隣でね、一しきり楽しんだ。

遊んでくれてありがとう。



田中廉くんに、宇野修平くんに、ななかに、みゆ。他にもたくさんたくさん、素敵な共演者の皆様にお世話になりました!!!




あとは、忘れちゃいけない、劇団員の仲間たち。


菅田紗子。
このよくわからない変わり者の変人は、アンサンブルシーンでもちゃんと存在感を出してくるから好き。

可愛い後輩とは全く思ってないけど笑、大切な仲間です。

高木を合わせて、チーム貧民街健在。



ダブルキャストの、りりこさん。
お世話になりまくりまくりまくりで言葉が見つかりません。

衣装もカツラもぜーんぶりりこさんのだし、稽古にもなかなかいけなくて、歌稽古もしてもらって、迷惑かけまくった2ヵ月でした。

不甲斐なし。

りりこさん、どの衣装きてもめっさ可愛い。

個人的には、ガビー婆ちゃんの時のりりこさんが、ムーピーに似てると専らブーム。

ほんっとうにお世話になりました!!!!!



そして、ちかさん。
好きすぎて、お世話かけまくりすぎて、やっぱり言葉が見つからない。

とりあえず魚の眉毛はちかさん作。まつ毛もちかさん。髪飾りも借りる。

この魚を作ったのは、ちかさん。

と、谷口さん。

ヘンリー夫妻に習ったメイクをどうにか習得しようとしたけれど、難しかった……

お芝居も相談に乗ってもらいました。

ちかさんの顔がよぎると、これからも一緒に仕事したかったなーって思ってしまう。困る。笑




お客様も、たくさんたくさん、感謝です。


ニッキーズ、いつもありがとう。




いつもより、圧倒的にたくさんの写真でお送りしました、タイムトラベラー振り返り。

いつも以上の、これまでの感謝を込めて。
そして、これを一旦思い出と記憶に留める決意を込めて。




職業:役者/ダンサー/振付師として生きてきた8年間を、一旦閉じようと思います。

でも、劇団は辞めませんし、今後舞台に関わらないつもりもありません。

自分が発したい言葉が何か、踊りたい踊りは誰の為か、その為に、残りの時間を使いたいと思います。



凄く考えて決断しました。

なので、止めないでください。笑

そりゃわたしだって、まだみんなと芝居がしたいもの。



そしていつか、わたしが何かを見つけて帰ってきたら、力を貸してください。

勝手だけど。

きっとわたしが何かやりたい時は、皆さんの力が必要です。絶対。




長くなりました。
時間、かかりました。



今まで、たくさんありがとうございました。

これからも、よろしくお願い致します。



ミュージカル「タイムトラベラー」、終幕致しました。

たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました。


素敵な出会いと、いつもご一緒してくださるメンバーに感謝。




今回の舞台、個人的には、「女性」というものに向き合った時間でした。

誰かの彼女であり、妻であり、母であり、祖母であり。




これは、お芝居とはすこし離れた話になりますが、わたしは自分が男性と明らかに違う点は、重い物が持てないということくらいだと思っています。

だからというか、あんまり女性であると意識はしてない。

それが自然で、それを崩すことに違和感があって、違和感を殺してまで受け入れる程、常識や倫理というものに興味が湧かなかったんだと思う、子供の頃から。

好きな服をきたらパンツルックで、好きな奴と親友になったら男性で、たまたま気が合った人とルームシェアしたらそれが男性であったとしても、それがわたしで、性別なんてものよりよっぽど大事なアイデンティティだと思っている。




そんなわたしが、役者を始めた。

8年前。

お芝居なんて、ほぼ見たこともなかった。役者という職業についても知らなかった。

ただなんとなく、レッスンを受けに行ったら、そこが劇団という場所だった。

興味と感情に正直に過ごしていたら、役者になってた。




あれから8年。

お芝居が好きになり、出会った人が好きになり、本当に楽しい8年だった。




今また、自分の心に正直になったら、動き出したいって、心が言いました。




なんとなく、でも確信的に、きっと最後の舞台になると感じながら臨んだ、「タイムトラベラー」。

頂いた役は、クレア、セルマ、ガビー。

どれも、恋人や家族を愛する女性たち。




役者になって、役を頂き始めた頃、もらう役と言えば少年役だった。

見た目、声質、年齢、性質、いろんな要素でキャスティングされるでしょうけれど、ある時ふと、子供を演じているのが気持ち悪い気がした時があった。

演じるということの何たるか、まだまだチリ程も理解していない者だから、払拭する術はきっとあるだろうし、及ばないのはわたしの技術だけなのだけど、一度、そう思ってしまった。




不思議なことに、その後から、子供役がこなくなった。

なんとなく、1人で行動する役が多くなった。

大変ありがたいことに、作演出のハマナカ先生が当て書いて下さったいくつかの役があるのですが、ほとんどどれも単独行動な役で、歌う歌も、あまり物語の本筋には食い込まない、俯瞰的な歌が多かった。




卓越した役者さんにはないのでしょうけれど、居心地の良い役とそうではない役というのはどうしてもあって、その居心地の良さというのはなんとなく、自分の感情に気づける指針だったりします。

もしかしたらわたしは、役に向き合う時間より、自分に向き合う時間の方が多かったのかもしれません。

根っからの役者では、ないのかもしれません。




そして、今回の役。

女性として、ちゃんと(?)生きて来なかったわたしにとって、難しいと感じていました。

でも、無理だ!わからない!できない!わー!ってなった時、ふっと頭を開放したら、すごく身近に、手本がいることに気づいた。

母と祖母に感謝しています。

女性がどうとかじゃない、家族を愛するという無償の愛情を、自分がちゃんと受けてきたことを認識しました。

セルマは母に、ガビーは祖母に。




そして、ガッツリ引っ張ってくださった、相手役の諸先輩方に感謝。
1幕では駿太郎くんと恋人、キョウヤさんと夫婦、なんていう隠れキャラ。
2幕、シーンタイタニックのセルマの旦那様、カール役の森山大輔先輩。シーンノルマンディーのガビーの旦那様、アダム役の萬谷法英先輩。




最初は現代のロンドン。



15世紀。スリ。
ロンドンのエポニーヌを気取っていたら、一緒に洗濯女をやっていたさこが、自分はコゼットだと主張してきたどうでもいい話あり。

ちなみにこの15世紀、2曲あるのですが、その曲間でカツラを変えていたのはおそらくちかさんだけでしょう。こだわり強し。



現代に戻って、ロンドン橋。
キョウヤさんと手を繋いで歩いていましたが、なかなかに強張るわたしに、優しさ溢れるアドリブで会話してくださいました。

レジスタンスのシーンでもご一緒させて頂き、嬉しかったなぁ。



17世紀。シェイクスピア時代。シェイクスピアの取り巻きクレア役。
取り巻き3人組のこのお二方にはとってもお世話になりました!

夏帆のいる楽屋は明るくていいわ〜。大好きになりました❤️

ちなみに、田宮先輩が、この写真を見て、盛れすぎ!!!と言ってきたので、確認してみます。
はい。



20世紀。タイタニック時代。
初めての、お母さん役、セルマ。

タイタニック号に乗っていた実在の女性。

写真は娘リリアン役の子上瑠夏ちゃんと。ルナとはニッキーから一緒です。初めての子供が、ルナで良かった。ありがとう。

そして森山大先輩。本当に素晴らしいミュージカル俳優。大船に乗りました。

感謝しても仕切れないです。ありがとうございました。



20世紀。ノルマンディー上陸作戦時代。
背中で学ばせて頂きました、萬谷大先輩。
凄いや。

メイク指導、谷口浩久様。

殺陣指導、秋山秀樹様。

皆様に助けて頂いて作り上げられた役。めっちゃ楽しかったなぁ。

孫のオードレイ役の亜季緒ちゃん、久々のご一緒だったけどものすごくパワーアップしてて、本当に本当に素敵だった。らぶ。




お世話になりまくった、大好きな先輩方。


光枝明彦さん。
シェイクスピアのシーンで何かとご一緒させて頂いて、手を繋いで歩いたり、光枝さんに手を取って頂いて踊ったりと、めちゃくちゃ幸せでありました。



座長、畠中洋さん。
3度目の共演をさせて頂きました。

わたしが舞台上で初めて恋をしたのは、畠中さんです(スター誕生)。スタ誕ではわたしたち、結婚しました。

結婚行進曲では、奥様の親友という役柄で、わたし的には、花美のお墓の前で話したことが印象的です。

今回は、絡みと言えば、ジョンを誘う娼婦だけでしたが、たくさんたくさん、背中で学ばせて頂きました。



高野絹也さん。
もう大好き。これに尽きます。

何度となく共演させて頂きました、けんけんさん。

ご迷惑も沢山かけて参りました。いつも優しく受け入れて下さいました。

写真は宝物。



谷口浩久さん。
大好きな役者さん。

さっきから大好き大好き言ってるけど、本当に大好きだから仕方ない。

おばあメイクは谷口さん直伝。毎公演チェックしてもらうも、1人でやってOK!にはならず……、毎回手直しして頂きました。感謝。

結婚行進曲でも、千秋楽後の谷口さんの言葉に役者を続ける勇気を頂き、今回の打ち上げでも、背中を押して頂いた。



奈良坂潤紀さん。
仕事でもプライベートでも本当にお世話になっております。

大先輩だけど、仲良しの兄ちゃんみたいな、大事な人。

こんなに共演してきたのに、毎度一切の絡みがないという悲しい縁。今回は1度神父様にお祈りして頂きました^^




続く。
ミュージカル座公演 ミュージカル「タイムトラベラー」、初日まであと7日となりました。

先週末までの本番を終えてから、わたしは身も心も「タイムトラベラー」一筋。

やれる限り、この作品と向き合い続けようと思います。

8年間の役者人生の一区切りとしても。



一区切りの最後にもらった役は、どれもなかなか大人っぽいというか、わたしにはまだまだまわってこないと思っていたというか、いやでもそろそろ来る頃だったというか。

妻、母親、祖母。

そんな肩書きの役を、どれもこれも、初めて演ります。



昔、ハマナカ先生に、「女優は舞台上で恋をする」と言われたことがあります。

なんだか、自分には遠い話のように思っていました。

女として、夫や我が子や孫を愛すること。



まぁ昨日までとにかく不安でいっぱいだったのですが(なにせお稽古でやっていないシーンもあったりして……)、昨日頭から舞台稽古で全シーンをあたってみて、だいぶ落ち着きました。笑

ちゃんとその場に居てみたら、愛することは、そんなに難しいことじゃありませんでした。

わたし、愛されて育ったんだなって、思います。

良い見本を、ちゃんと知ってるから。



「血の繋がり」を追うこの作品で、独り者じゃない役をもらったこと、うれしいなって、思います。



そんな、わたしの家族たち。
どんな関係かは、観てのお楽しみ。



あとこれ。
あきおちゃんにもらったのだけど、とても好きになったブレスレット。

今回の舞台、これに、“因果”を、少し、背負ってもらおうと思っております。




「タイムトラベラー」、お楽しみに!!!

わたしの出演回は、6/7木18:30、6/9土17:30、6/10日14:00の、3回です!




出演します!!

最近、振付稼業と化してますが、ハマナカ先生の新作は、必要として頂ける限り、触れたい、参加したい、勉強したい。


私にとってバイブルであるハマナカ先生脚本。

それに命を吹き込む一員であれますようにと、大きな大きな祈りを込めて。




{FC6255CF-C355-441C-AE2E-3803595A9563}

2018年6月7日〜10日
光が丘IMAホールにて!



私、高橋咲は、

6/7木18:30
6/9土17:30
6/10日14:00

の、3回のみの出演です!



チケット料金 (全席指定/税込)
SS席8,000円
S席7,000円
A席6,000円



お申込み、首をながーくして、お待ちしております!!!
劇団で仕事中に、突然テレビ電話をかけてくる愉快な仲間に呼び出され、頑張って仕事終わらせて行ってみたら、

{3287C49D-7DCE-4634-AE46-8EB333E5772B}

お祝いされた。

{1158DB2C-7747-4903-9A64-CCCDC68E95C6}

嬉しい。



魚にすら見えない変な絵のマグカップもらった。
{C14C0767-E8B8-413E-A30A-2565296AE7E9}



30歳だー。
1月の舞台も無事全て終わりまして、2月は走り出しゆっくりなので、

子役ちゃんにもらった手紙をゆっくり読んだりしてます。

プレゼントもありがとう😊
{D4F58E5E-F51D-4F02-8931-DFB2B7946C3B}


今年も幸せな誕生日でした。
{87BFE652-B92B-4D2C-8D46-9ABF4AFB12BD}

{60FA0F64-6F92-42F5-853E-3A6DF6374562}


ちはるさんに頂いた大大大好物のきき湯アロマで先月の疲れ癒し。
{675E9C2A-E781-4008-B4EA-0A61276AE548}





わたし物欲がないので、誕生日付近はなんだかんだみんな、飲みに連れてってくれるっていうプレゼントが多くて、そしてそれがとても嬉しいです。

1月はいろんな舞台観て、いろんな人と飲んだ1ヶ月でした。


・劇団四季「王様の耳はロバの耳」@自由劇場
・「レビュースタアライト」@AiiA2.5theater
・ミュージカル座「スター誕生」@中目黒キンケロシアター
劇団国立ミュージカル「ALICE  THE MUSICAL」@たましんRISURUホール
・新宿飛行団「屋上のレンジャー」@下北沢「劇」小劇場
・劇団新感線「髑髏城の七人 月」@IHIステージアラウンド東京
・□字ック「滅びの国」@本多劇場
・劇団Brave Heart's ミュージカル『 SATOMI』@中目黒キンケロシアター
・劇団ホチキス「妻らない極道たち」
・!llnutupfam 「np tempo」@大塚萬劇場
・ミュージカル座「野の花」@ウッディシアター中目黒←これ仕事。演助。
・「三文オペラ」@KAAT



良い舞台ってなんだろう。
良い役者ってなんでしょう。

ストレートプレイからミュージカルまで幅広い舞台がある中で、「上手いなー」って思ったり、「好きだなー」って思ったりするのって、ほんんんんんといろんんんんんな意見があって、こんなにも答えの出ない話って他にあるかしらと思う。

まぁわたしは役者なので、それが自分にできるかとか、自分だったらどうするかとか、結局はそういう目線になっちゃうんですけどね。




答えの出ない問いの答えを、今日も探しています。
{1AC0B8B1-8AC0-49CD-A88A-6BA0A1B42085}
@埼玉と東京の境い目にて、先輩のお店で一人飲み。