野鳥観察のための気になる知識

野鳥観察のための気になる知識

野鳥が好きで野山を散歩したりして観察しております。

日本国内では約350種ほどの野鳥が生息しており、運が良ければ見ることができます。地域と季節により見ることができる野鳥は異なります。身近な家の周囲では、シジュウカラ・ムクドリ・メジロ・ヒヨドリなどが見れると思います。水辺であれば、カモ類・カモメ類などの馴染みの深い野鳥が、ちょっと足をのばして高原や草原に行けばノビタキ・コヨシキリの姿を目にすることができます。四季を通じてあらゆる場所で野鳥を観察してみましょう。


「人家付近のポイント」

緑の多い場所、公園や神社、庭などを見てみましょう。林や藪の周辺、木の梢は野鳥が好むポイントです。電線や屋根の上にとまっている野鳥も見てみましょう。季節によっては、桜・梅の木に蜜を吸いに来るメジロ・ヒヨドリが見れ、秋には柿の木の実を争うように食べるムクドリの群れやジョウビタキなどを見ることができます。


「森林のポイント」

初夏の頃には、野鳥のさえずりを聞くことができるので、声のする方向にある樹木や梢や張り出している枝先を見れば、野鳥の姿を見つけることができます。鶯やムシクイ類などのように葉が茂った場所を好む野鳥はなかなか見つけることはできません。秋には、ミズキ・ナナカマドなどの実をついばむ野鳥の姿が見られ、初冬にはイヌワシ・クマタカが巣作りを開始して、大空を飛ぶ姿が見られます。


「水辺のポイント」

野鳥がとくに集まる場所です。鳥の種類も多く、見通しも良いため観察するには適しております。水面では、カモ・バン・カイツブリが、水際では、セキレイ・チドリ・サギといった水鳥がみられます。10月頃からは、カモ類が大きな群れで生活する姿が見られます。

今日は、朝、家の近くを散歩していたら、ツバメがたくさん飛んでおりました。午後から雨になっているので、虫もたくさん飛んでいるのか、ものすごい数のツバメが飛び回っています。あんまりたくさん飛んでいると何事かって思ってしまいますよね。そろそろ、子供たちも大きくなったので、南国に行く準備がととのっていると思うのですが。。。

毎朝、かならずと言っていいほど、シジュウカラの親子がきます。すごく楽しそうに鳴いているので、見ていると、こちらまで楽しくなってきます。今年の春に子供が出てきたときは、小さな声で、親鳥を呼ぶ声がしておりました。大きくなって自由に飛び回ることができるようになると、親鳥と一緒にあっちにいったり、こっちにいったりしております。シジュウカラの行動を見ていると、決まったような時間に梅の木にやってきているので、自分たちの縄張りを決まった時間に訪れているような感じに見えました。

ツバメの子供たちが大きくなり、飛ぶ力もついてきたので、そろそろ旅立ちの時が来たようです。南国へ向けて親鳥たちと旅立ち、また、来年、子育ての時期になったら帰ってくると思います。最近は、暖かい日が続きますが、蒸し暑いと電線には、たくさんのツバメたちが並んでとまっております。それを見ていても楽しいです。

先ほど、公園を歩いていたら青い鳥がいました。よく見てみるとオオルリでした。この鳥は、体全体が綺麗な青い色をしているのでとても人気が高いです。鳴き声も素晴らしく、いつまで聞いていてもあきないくらいです。石の上に座ってみていたのですが、10分くらいは枝にとまって鳴いていたので、今日は、かなり素晴らしい日となりました。

ネットのニュースで、ぶどう畑を守るブッポウソウが紹介されていた。ぶどうにやってくる害虫をブッポウソウが捕まえてヒナに食べさせていたけど、ああいう姿をみるとかなり感動しますね。本来の鳥たちの活動によってブドウも守られていることは、自然のことであり、こういうことが多くの場所でおこってほしい。私もカメラを持って現地にいきたいけど、今は忙しいのでいけません。紹介されていたブッポウソウを撮影してみたいですね。