安土桃山時代(あづちももやまじだい)は、

日本の歴史において、織田信長豊臣秀吉が中央政権を握っていた時代である。

2人の名前を取って、織豊時代(しょくほうじだい)ともいう。

 

 

安土桃山時代 - Wikipedia

 

豊臣家が全国支配を担った後半を桃山時代といい、この時代を中心に栄えた文化を桃山文化と呼ぶ。

 

 

 

1fc2d03f75e0612067cfd24e7e7328f3_c2de0ec334a391c

 

 

5df29f4de4b361c7e654e88181e4a685_ef74969f49a7779

 

0c88450a0b36428a3cb6f1a26038aca6_4cad72a1e1e799e

 

 

022814c89fbab081a14fd29091d7e808_d36b4085944e01f

 

 

0c93eadbc396fb8eb0015cedff75f3b0_b84c53321c90800

 

 

678946ae869e9cc7b4bc809120fc9271_6fc01f7a88e6beb

 

 

44d43df10945cda90bdfe4044dde3861_14f958da38842b5

 

 

84e4acab1980aeeaf9c39f5f3c54c5aa_09d480e4d932017

 

 

ec33206bf091e6eff476a980cdef5eea_0e72fcffa0eaf72

 

 

 

8f7bc93a2fdd7ceff1f4f1a7a9b688e1_65c4fccc4697c56

 

 

 

fdf5903479124a721b2f7eac33f59b23_103624f9a11c894

 

 

1544532bf048e0c5ae9c8959992d24f5_cd0201e645ea1ce

 

 

 

20a8e54d556d8741acb12bd42bce85aa_9b286577dec4325

 

d9288323211dffe05863f985eb414acf_9455a3e0486b18e

 

 

3a674b1f19c28da048fd02f68cfb932c_03285e91c47b166

 

 

 

 

出雲族 - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

添御県坐神社 (奈良市三碓町) - Wikipedia

 

現在の祭神は以下の3座である。

武乳速之命は天児屋命の別名とされ、『新撰姓氏録』では津速魂命(中臣氏の祖)の子で添県主の祖とされる。一説によると祭神のうち武乳速之命の実名は、富雄川中域を治めていた首長である長髄彦であるという[要出典]

 

 

 

 

 

 

 

 

とみのながすねひこ

とみびこ

とみのあびひこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニギハヤヒが呼んでるのか

 

ナガスネヒコが呼んでるのか

 

ここまでチェックしてリンク貼ってて

またこないだ突然行った海南のニギハヤヒの神社が繋がってきた

 

 

奈良県奈良市三碓(みつがらす)

 

みつがらす

 

みつあしのやたがらす は

 

熊野三家

 

だから海南の藤白神社が出てきたんだね

 

⚪︎熊野三党(くまのさんとう)(宇井、鈴木、榎本) 

八咫烏の三本足は、熊野三党(宇井、鈴木、榎本)を表す。

鈴木家累代の家紋は、八咫烏。 

 

⚪︎藤白神社(ふじしろじんじゃ) 

和歌山県海南市藤白 藤白神社の敷地内には、

平安時代に熊野から藤代の地に移り住み、

 約122代続いたと言われる鈴木氏の屋敷跡があります。 

ここを拠点に全国3,300あると言われる熊野神社を建立し、

 『熊野信仰』を広めました。

 藤白神社の御祭神は、饒速日命

 

 

「ナガスネヒコは死んでおらず、

兄の安日彦(アビヒコ)とともに津軽に渡り、

津軽の土着民であった、

阿蘇辺族、津保化族と併合して、荒吐族となった。」

 

ナガスネヒコ一族が逆襲して大和王朝となった可能性?

 

 

 

 

なぜ安土桃山からーのというタイトルかは

我が家の氏神を祭る人々が

この地に移住してきたのが安土桃山時代だからなのです。

 

そういうことを調べようとすれば

 

必ずこう言った古代の真実探しになり

 

古代の真実探しをすると

 

現代の闇にぶつかるわけです。

 

 

ナガスネヒコ

トミの一族とは

 

たけみなかたとみ

 

とみのたけみなかた

 

 

 

 

 

どこに着地するかわからないなあ

 

感じるままリンクブログ