食育・菜園・お料理・暮らし w9w9miyochanわくわく奮闘記

食育・菜園・お料理・暮らし w9w9miyochanわくわく奮闘記

日々の暮らしの「わくわく」を綴っています

コロ吉休暇がぼちぼちゆるゆると、
あちらこちらで終わりが見えてきておりますが、
学校が通常授業に戻るまで私はまだ今しばらく巣ごもり続きそうです。
嘆いててもしょがないんで、
いつ再開してもええように動き始めてます。

アサンプション国際小学校の食育菜園も、
いきなり以前のカタチには戻れない。
さあどんなもんかしらねと打ち合わせとメンテナンスに伺ったのが5月26日。
お伺いしたところで、
まだ誰にも先は全くわかんないよねって言いながらも、
とりあえずあれやこれやと話をするうちに、
新たなワクワクチャレンジがいきなり湧き出てきて、
その勢いのまま、
「じゃ早速取り掛かりましょうよ」
「え〜っ!早っ!」

で、5月27日。
突然スタートしました。

いつものお道具に加えてこの子たちを持ち込んで、

ここが、

こんな感じのモノを生み出し、

こんな風になりました。

全景。
どさくさ紛れに菜園拡張〜😁

そして仕上げの5月28日。
ちこっと土壌改良剤をすき込んで完成〜。



元は花壇。
ま今も花壇なんやけど、
芝の侵入や植栽の根っこなどがあって、
なかなか手を入れられてなかったところ。
突然湧き上がったワクワクチャレンジがまだ生まれたてのほやほやの湯気が上がった状態で、
善は急げと2日間延べ8時間で完成です。

ワクワクチャレンジ、何すんねん?

連携します。

小学校は何かと植物を育てて教材にします。
1年生のアサガオを育てよう〜は、
皆さんご記憶にあると思います。
他にも雄花と雌花の観察とか道管と師管や光合成の学習とか、
理科で植物を使う事が多い。
ジャガイモやインゲン豆やホウセンカやらを使う。
今まではこの花壇で先生方が準備してこられてたんやけど、
これを生徒たちが自分たちでやっちゃおう!
例えば6年生で使うじゃがいもを5年生の3学期に植えて、
6年生になって自分たちが植えたジャガイモを観察しつつ、
6月に収穫して種イモ取り。
それをまた5年生が3学期に植えて…てな感じ。
食育菜園で学ぶ「命の循環」と理科が繋がる。
これまで単品やった「食育」と「学習」が
子供たちの頭の中で繋がる。
おもろない?
教材用の植物のお世話も、
これまでは先生の役目やったけど、
連携したら子供たちのお役目になる。
おもろいことなりそうやない?
理科だけやのうて、
社会や国語とも繋がる部分が多々あるんですな、これが。
もちろん調理実習で家庭科とも繋がる。
おもろすぎるやろ?

コロ吉で色々できなくなった事を、
何とかさせてあげたいという想いから湧き出た、
思わぬ副産物です。
だが菜園だけでは場所が足らん。
あ、花壇あるでっ!
という経緯での花壇改造です。
もうめっちゃうれしい。

食育菜園がスタートした当初から言い続けてきた、
私が来てやるイベントで終わってはいけない。
私が来なくても続けていける持続可能な菜園でなきゃ意味がない。
そのために必要なのは学校や先生方、生徒さんたちの地力アップ。
大きな一歩になりそうです。
ワクワクが止まんない。

今日は頭ん中を整理して、
その陰謀を見える化します。
それを先生方に見ていただき、
菜園と花壇に落とし込みます。
6月からの段階的ではあるけどもの学校再開と同時に、
でもゆっくり丁寧にスタートできるように準備します。
ワクワク😊


あれよあれよという間に、
まるで映画を観てるような急展開で始まった巣ごもり。
対応の差はあれど地球全体で巣ごもり。

私は学校の休校措置スタートからの巣ごもりやったから、
3月1日からやね。

そんなコロ吉休暇中。
これ5月から再開って無理なんちゃうのん?って感じ始めた4月も半ばの頃くらいかな?
窓からの景色、
山から見える下界の景色が、
ん?

空気きれなってんやん!!!
気をつけてみればSNSでも、
どっからやったか覚えてないけど富士山が見えただの、
ガンジス川が透明になったやの、
インドのどっかからヒマラヤ山脈が見えただの、
地球が喜んでそうな報告が出てる。

地球規模で経済活動止まったら、
あっちゅう間にこんなことなるんやね。
ここまでのスピードは求めへんから、
地球環境への配慮ってゆうとこにみんなでシフトしたら、
何かええことありそな感じせん?
実際そんな風なこと考えてんのん、
私だけちゃうよね。

スーパーの棚にも異変が。
緊急事態宣言でカップ麺コーナーが空っぽなるんやろなと思てた。
最初はやっぱしそやったけど意外や意外。
やがて小麦粉の棚が空になった。
餃子の皮が品薄になった。
バターなんかはここんとこ全く見かけへん
(これは別に理由があるんかな?)。
巣ごもりが長引いて家飯や家スイーツが増えた模様。
ええ事やんか。
作れるやんかって思った人多い思うねん。
外食産業の方には申し訳ないねんけど、
実際収入がピンチになってる人多い思うから、
コロ吉収まってからも何かしかの余韻は残ってくれるええ事や思うねんけど、
どやろか。

ロックダウンした国からの部品輸入が止まって操業停止に追い込まれたって報道はもう耳タコやねんけど、
これって食糧輸入にかてゆえることで、
いざってなったら自分とこの食糧確保のために輸出無理〜ってなるんちゃうのん?
日本の食糧自給率考えたら😱やんな。
これへの警鐘も鳴りはじめとる。
そもそもの農業のあり方を見直す時が来たんやないかていうのんもよく目にするし耳にする。
私の周りでも「畑しよかな」って人がわんさかおる。
これもええ流れな気がするけどちゃうかな?

ほんの2時間の映画のように、
あっちゅう間に今まで意識すらしてない日常を、
「え?」って感じで簡単に崩したコロ吉。
世界中の人々の心の内に、
何かしらの「今まで通りではあかん」って意識を残していった気がする。

コロ吉は地球か神様かはわからへんけど、
その辺りのどっかからのお使いかもね。
知らんけど。

で、私はというと、
畑で作業中にとてつもない違和感に襲われた。
お腹の辺りに強烈な違和感。
何か挟まっとる。

身ぃでした。
絵に描いたようなコロ吉デブになりました。

これはコロ吉のせいにしたらあかんな。
身から出たサビ、身から出た身ぃ。
はぁ〜〜〜。

ところでなんやけど、
まだマスクけえへん🤣


今日はパパママも一緒にちょこっと畑。

ここを

こうして

種蒔きです。

「ゴミをほかそうっちゅう気にならんやろう作戦」
堆肥を作ろうとしてた場所を、
お花畑に改造です。
種蒔きは全部パパにおまかせ。
どこに何が生えてくるかはお楽しみ。

パパの参戦、
今日はホンマにありがたかった。
お花畑はイノシシフェンスの外側。
普段はやらへんねんけど、
今回は早いとこ芽出しさしたいんで、
種蒔きすぐにお水やり。
1階の水場からジョーロ持って2階の出入り口から出て一番下手の花壇まで。
ジョーロ2個と小バケツが1個あるけど、
手は2本しかない。
さすがにコレはない。
ならばどうする。
という事で、
花壇の端っこのフェンス際にゴミバケツ置いて、
水場から1階を斜めに横切ってフェンス越しにゴミバケツにまずは水を貯める。
それから花畑に出てお水やり。
コレやな。
にしてもお水を運ぶのん何回すんねん。
ってゆうのん、
パパが運ぶハナからお水やりしてくれたんで、
ごっつ短時間ですみました。
種蒔きも畝立てするハナからどんどんやってくれた。
ホンマにありがとうね、パパ。

今日の収穫。
さすがに少ないが、
豆祭りはまだまだ続く。
サラダ、卵とじ、野菜炒めetc…。
手を変え品は変わらず🤣