皆様おはようございます😊☀️




先週にお友達と宇佐神宮に行って
来ました♪



見てみて、雲ひとつ無いこの快晴❣️

この澄み渡る美しい青空でお迎え頂けて

めちゃくちゃテンション上がりましたアップ





大分の宇佐神宮には、定期的に行って
いて、すんばらしい聖水があるのです。
初めて知ったのは愛ちゃんのバスツアー
に参加した時に連れて行ってもらいました。
愛ちゃんご縁をありがとう💖



私は多次元セッションの中でクリスタル
ボールを良く使うのですが、
この宇佐神宮の聖水で清められた
クリスタルボールの音色は透き通る



ような音に変わるのです。
あと、お部屋の浄化やお風呂に🛁入れる
と身体の浄化にも良いですし色々使わせて
頂いています。


この日はたまたまお友達と日程が合う日
に行ったのですがなんとお祭りが開催されて
いて、お友達とこんな日に偶然に出会う
のはラッキーで良かったねって喜びました👍
こちらのお祭りです
↓↓


鎮疫祭
 鎮疫祭(ちんえきさい)は、かつて神宮境内に建立されていた、弥勒寺の鎮守神として奉斎された末社の八坂神社で斎行される祭典です。
 宇佐神宮は神仏習合のお社として、古くから仏教行事を起源とする神事が多く行われています。この祭典もその1つで、もともとは「御心経会(おしんぎょうえ)」と呼ばれていましたが、明治13年に仏教的名称から鎮疫祭に改められました。
 
 八坂神社では、13日の鎮疫祭に先立ち、前日午後3時より「鎮疫祭宵祭」が斎行されます。この祭典では忌火を灯す「火入の儀」が執り行われ、庭燎用の火炉が灯されます。
 
 鎮疫祭当日午後3時に斎行される上宮「本殿祭」の後、下宮を拝礼し八坂神社まで神職が進みます。
 「鎮疫祭」の中で執り行われる「幣越神事(へいごししんじ)」は、通常の祭典での「玉串拝礼」にあたります。
 この行事は、榊の代わりに一丈四尺もの竹に五色をつけた「大幣(たいへい)」が、供奉員により八坂神社へ放り奉られます。「大幣を手に入れると1年間無病息災で過ごせる」と云われており、多くの参拝者が大幣を求め賑わいます。
 神事には、舞「振鉾(えんぶ)」、舞楽「陵王(りょうおう)」、また僧侶方による般若心経の神前読経も行われます。
 この神仏習合で奉仕される「鎮疫祭」は、貴重な祭礼行事として昭和50年に大分県選択無形民俗文化財に指定されました。
 
 祭礼が終わると、舞台上では餅まきがあり、最後に境内で「鳩替(はとかえ)神事」が行われます。この「鳩替神事」では、社頭で授与する鳩笛の形をした「くじ」と特別記念品が交換されます。


こんな感じで舞を奉納なさっていました。


艶やかなお召し物で神々しかったです。



こちらにお焚き上げの火の中にお札を入れて

きました。お餅をかごに入れて焼いてあります。



お友達とこれで一年無病息災で安泰に

なったから厄落としも出来て良かったね

ってキャピキャピ喜んでいましたよ。

本当に健康第一ですよねー。




年末からコロナやギックリ腰やら色々

あって大変だったので、神様からの

贈り物を🎁もらった気分でもう大丈夫

だよーって言ってもらえたと感じました。




いつも見守って頂きありがとうございます🙏

感謝致します✨✨









鴨さん達が気持ち良く泳いでいました。



かわいい😍楽しそう💕



お参りしてからお昼を頂きました。


大分名物、とり天と宇佐名物唐揚げのコラボ

あと団子汁と高菜漬け、茶碗蒸しのセットを

食べました〜もうむっちゃ美味しかったです👍




とっても充実した宇佐神宮参拝となりまして

ありがたいことですね。




現在宇佐神宮の御神殿は、新しく建て替え

られており、来年の2025年の4月に完成し

新しいお姿を見せて下さる予定です。




福岡の太宰府天満宮も現在建て替え中で

来年辺りに新しくなりそうですね、

2025年に向けて申し合わせたように

建て替えられているのは偶然なのかしら?





話は変わりますがロードオブザリングの

映画に今ハマっています😆





一話目にガンダルフが一度死んで二話目で

蘇る不死鳥のように、これはめちゃくちゃ

色々な面で学びになりますよ。




死と再生を描いているんだと感じて

います。




見てない方は一度観てみてね💕

おもしろいよん🤣







今日も素敵な一日が始まりましたね

楽しんでいきましょう照れドキドキラブラブ音譜






LINEでお友達になってね〜💕✨
↓↓↓