ボイストレーニングブログ『声ニュース』

ボイストレーニングブログ『声ニュース』

ボイストレーニング、ボーカルレッスンなどについてのお悩み相談や、短期上達のコツ、お家でできる簡単トレーニングなどを日々ご紹介いたします。

Amebaでブログを始めよう!

新年会でも

カラオケに

繰り出す方も

まだまだいらっしゃいますよね?

 

 

 

 

そんな中

 

 

新しい今風の

曲を歌っても

 

 

なんか

演歌っぽくなってしまう....。

 

 

 

と言う方

いらっしゃいませんか?

 

 

ご自分でなくても

お友達や

先輩など

 

 

 

歌は上手いんだけど

なんか演歌っぽい....。

 

 

 

 

声の質も

ちょっと硬くて

ハリがあり

 

 

 

フレーズの感じも

どことなく

演歌調で...。

 

 

 

 

なんか今風の

若い人の歌に聴こえない....。

 

 

 

 

 

昔、『亜麻色の髪の乙女』

と言う歌を歌って

ヒットした

島谷ひとみさん

と言う方が

いらっしゃいました。

 

 

彼女は、

歌が上手いと評判でしたが

どことなく

演歌調だなと

私は、感じました。

 

 

彼女は当時、

確か20代でしたが

 

 

 

あの当時、

若い女性の声は

ちょっとハスキーでふわっとした

感じが多かったのですが

 

 

彼女の声は

そんな若者らしさと言うよりも

 

大人にウケる

雰囲気を醸し出していましたね。

 

 

 

 

 

 

案の定

過去に

演歌歌手を1年間やっており

翌年、ポップス歌手に

転向したと

 

今調べたら

wikipediaには書いてありました

(真相は不明)

 

 

 

 

別に

演歌っぽい歌声を

否定するわけでは

ないのですが

 

 

 

実はこの『演歌調』に

一旦なってしまうと

 

 

 

通常の

ボイストレーニングだと

今風の感じに直すのは

 

非常に困難を極めます。

 

 

 

 

どんな優秀なボイストレーナーでも

 

『演歌調の声』

『歌のお姉さん的な声』

 

以上の2つのような

 

響きが硬く

ハリがある声に

一旦なってしまうと

 

 

 

なかなか今風にしたり

直していくのが

難しいのが

実情かと思います。

 

 

 

 

確かに上手く聞こえますし

実際上手なのですが

実は、喉に

若干の負担が

かかっている

場合があります。

 

 

 

実際に

そちらのジャンルを

歌う方でしたら

問題はありませんが

 

 

治したい本人に

してみれば

 

ストレスがたまる事でしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、

ある程度

歌が上手い方が

 

 

 

1つのジャンルに特化した

先生や、

 

 

実際にはご自分で

歌うことがない

作曲家やプロデューサーの方に

習ってしまう場合

 

 

 

ちょっと言い辛いのですが

 

 

 

 

このように

『演歌っぽくなる』傾向にあると

私は感じています。

 

勿論、そうでない先生やプロデュサーも

いることはいますが.....。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、なぜでしょうか?

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが

 

 

音程も良いし

高い声も出て

ある程度上手に

歌える方だとしましょう

 

 

 

 

 

あなたのボイストレーナーである

先生や

プロデューサーは

 

 

 

 

だんだん

教える『ネタ』がなくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

いや、本当なんです

 

 

 

感覚で教えていると

教えるネタがなくなってくるんですよ...。

 

 

 

 

 

音程も良い

フレーズも良い

声も出ている

 

 

 

 

でも、

レッスンはしないといけない

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、教える『ネタ』が

なくなりますから

 

 

 

 

 

 

 

歌詞の内容など

 

 

表現力の方向に

どんどん行ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

この表現力に関しては

その先生の

私見でオーケーなので

言いたい放題ですし

勉強もいりませんので

そうなりがちになります。

 

 

 

 

 

ボイストレーニングは

こっちの方向に行ってしまうと

 

 

 

 

非常に

その先生の好みというか

感覚のみの

レッスンになってきます。

 

 

 

 

 

でも、

こっちの方が

先生自身も

楽なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 この曲は、

悲しい曲だから

もっと悲しい気持ちを込めて歌いなさい 』

 

 

 

 

『ここの部分は、

大事な所だから、強調した方がいいわよ 』

 

 

 

 

 

 

『 ここは、盛り上がりだから

クレッシェンドしてください 』

 

 

 

 

 

『 もっと、歌詞のこの

 

状況を感じながら歌って!  』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど

 

 

 

 

 

曲調や、

歌詞などの

解釈や、

感情の

持ってく行き方を

 

 

 

 

 

延々とレッスンされる事になります。

 

 

 

 

 

 

 

そうすると

 

 

 

最終的に

 

 

 

 

だいたい、

単語の頭の部分が

 

 

 

強調されてきます。

 

 

 

 

 

 

小節の頭が、強調される

パターンですね。

 

 

 

 

 

 

そればかりでなく

 

 

 

 

 

感情的な部分の歌詞が

 

 

 

 

無意識に

強調されますので

 

 

 

 

 

力が入る場所が

複数できていってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような

演歌調に

なってしまった歌を、

私が聴くと。

 

 

 

 

 

ほとんど

情景は、浮かびません。

 

 

 

 

 

歌手の顔だけが

 

 

 

ただ思い出されます。

 

 

 

 

 

強調される単語が

多すぎると

 

 

 

 

 

『イメージが散漫になるから』 です。

 

 

 

 

 

 

 

だから、

情景が浮かばなくなるのです

 

 

 

 

 

 

 

この『演歌調の声』

 

 

どんなに

上手に歌えていても

 

 

 

 

 

ロックやポップス系の

オーディーションには

もうこうなってしまうと

受かる可能性も

激減するそうです。

 

 

 

 

 

実際に、

業界の関係者の方が

何人かおっしゃっていました

 

 

 

一見上手なのに

もったいないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたので

 

 

 

次回、

改善方法

を書きますね。

 

 

 

 

 

 

 

すいません

引っ張ってしまって....。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

久しぶりの更新になってしまいました....。

 

 

 

 

 

 

さてさて

いよいよ新年

 

 

 

お正月といえば

 

お餅

 

お雑煮

 

 

 

 

毎年

お餅を

喉に詰まらせる方が

病院に運ばれる事が

あるようです。

 

 

 

 

 

お年寄りは

喉の潤いが少なく

お餅が喉に

へばりつきやすいのが

原因だと言われていますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで思い出したのが

 

 

誤嚥(ごえん)です

 

 

 

誤嚥とは

 

 

 

 

食べ物や異物を

気管内に飲み込んでしまうこと。

 

 

また異物を

消化管内に飲み込んでしまうこと。

 

 

 

間違えると

窒息死する事も

あるといいます。

 

 

 

 

 

 

 

この誤嚥には

 

 

 

 

 

ボーカルの

 

発声練習が有効です。

 

 

本気でトレーニングしていれば

いつの間にか

明らかに

誤嚥が少なくなるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日発声練習をしていると

 

嚥下に必要な

様々な筋肉も

鍛えられますし

 

 

 

 

歌うことによって

 

 

 

 

 

誤嚥を防ぐ

反射神経も

鍛えられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反射神経が

ボーカルに必要だと

ピンと来ない方も

多いのではと思います。

 

 

 

 

 

実は、ゆっくりした曲の中でも

反射神経を

すごく使うのが

プロのボーカリストです。

 

 

 

 

反射神経を

しっかり使っていない人は

 

 

 

録音してみると

音程が、曖昧で

どこかシャープさに

かけているはずです。

 

 

 

 

音程はもとより

 

 

 

ロングトーンの多い曲の中で

短い休符の瞬間に

 

 

ほんの一瞬で

横隔膜を下げることが

できないといけません。

 

 

実は

かなりの反射神経と

瞬発力が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtubeで

その難しさが

よくわかるのが

 

 

 

 

『 国歌斉唱 君が代 』です

 

 

これを検索して

 

 

どなたかの

君が代を

聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

テンポを刻みながら

聴いてみると

 

 

 

 

多くのプロ歌手が

 

 

 

 

 

 

『 千代に八千代に 』

 

 

の後で 

インテンポで

歌えなくなります。

 

 

 

 

 

だいたい、

テンポが遅くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

『 千代に八千代に 』 は

 

 

ゆっくりした曲なのに

8拍(2小節)を

ノンブレスで

歌わなければならず

 

 

 

 

横隔膜が

上がりきってしまったり

息が足りなくなるので

 

 

 

『さざれ石の』 の前に

沢山の空気を

入れなければいけません。

 

 

 

ですが、

『千代に八千代に』と『さざれ石の』の

間には、休符はありませんので

 

 

 

 

 

 

『さざれ石の』の直前の

一瞬で

横隔膜を一気に下げる

必要がありますが

 

 

 

 

 

ここで

反射的に

 

 

 

横隔膜を

一瞬で

深く下げる事は

 

 

 

 

 

 

相応の筋力と

反射神経を必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

速い曲や

フェイクなどが多い曲は

練習に練習を重ねれば

それっぽく上手に

聞こえるようになりますが

 

 

 

 

実は、白たまの(ロングトーンの)多い

君が代などの、シンプルな歌を

 

 

 

 

 

こぶしや、フェイクなど使わずに

 

 

 

 

 

シンプルに、

インテンポで

上手に歌う事の方が

意外と難しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

誤飲、後嚥しやすい方

 

むせやすい方

 

 

 

 

 

歌を歌う事で

 

 

 

反射神経と

嚥下に必要な

筋肉を鍛えてみるのは

 

 

 

 

オススメです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに

反射神経を鍛えるのには

 

ビタミンB群の

摂取も大切らしいですね

 

 

 

 

B1は

豚肉、大豆など

 

 

 

 

 

B6は

にんにく、カツオ、マグロ

 

 

 

 

 

B12は

シジミ

 

 

 

 

 

 

 

などが良いようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近

ボーカルのための

腹筋、背筋などの

筋力トレーニングを提案している

サイトや、本をよく見かけます。

 

 

ここ3年くらいの間に

急激に

増えているようですね。

 

 

 

 

 

 

昔から、定評(?!)のある腹筋から始まり

様々なトレーニングがどんどん

紹介されていってます。

 

 

 

 

 

私も、そんなサイトや、youtubeのビデオ

書籍など、読ませていただいた事があります。

 

 

 

 

でも、

そのどれもが

 

 

 

『 どうして、

これを行うと、声が出るようになるのか 』

 

 

あるいは、

このトレーニングによって

 

 

 

『 歌のどの部分が、改善されるのか? 』

 

 

『 どうして、そのような効果があるのか? 』

 

 

 

書いていない事が

ほとんどです。

 

 

 

 

 

 

盲目的に、

このような筋肉トレーニングを

する事は。

 

 

 

喉にとっては

 

 

 

実は、

結構

リスクがあるのです。

 

 

 

 

発声や筋肉の、

本質や物理を

理解していないけれど

 

 

 

 

とりあえず、

腹筋をやってみたら

声が出た。

 

 

自分が試してみて、

お腹が使えるようになった

 

 

 

 

 

 

 

そんな記事ばかりが、

横行してしまっている

そんな印象です。

 

 

 

 

 

ある程度、喉が開いている

ボイストレーナーだったら

 

 

腹筋したら、確かに

もっと出るようになります

 

 

でも、声が

大きくなる

出やすくなる

というだけで

 

 

音程が良くなったり

フレージングをよくするには

その先のテクニックが必要になります

 

 

 

 

 

そんな効果を実感している

ボイストレーナーさんでさえ

 

 

 

2〜3か月、

腹筋だけしていたら

 

 

 

逆に、

ある日を境に

のどが

だんだん締まってくる事も

 

 

多いのが

実情だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

もともと

喉が

しまっている人が

 

 

 

腹筋を沢山やったとしましょう。

 

 

 

 

 

 

自覚がないのですが

実は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発声した時に

 

だんだんと

喉が

締まりやすいフォームに

なってしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかも

腹筋がつくので

声の圧力だけが

強くなってきますので。

 

 

 

 

のどが締まった状態で

大きな声が出れば

キンキン声になってきます。

 

 

 

 

 

腹筋ばかり力を入れる事に

集中していますから

 

 

 

胸郭は開きません

とうぜん首も喉も

しまったままの人も

多く

 

 

 

当然そうなります。

 

 

 

 

 

その大きな

キンキン声で

歌っていると

ポリープや結節が

出来やすくなります。

 

 

 

 

 

あるいは

強いキンキンした

ミックスボイスでしか

歌えなくなり

 

 

 

民謡風? 

キンキンした

クラシカルボイス?のような

 

 

声色が限定され

限られたジャンルしか

歌えなくなる

 

 

 

 

何てことも、

リスクの1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

普段から、

以下のような

状態の方は

 

 

通常の腹筋などのトレーニングをやっても

喉の締まりを

助長させる事が多いのです。

 

 

 

 

● 喉がしまっている自覚がある

● 声がひっくりかえる

● たびたび、喉が痛くなる

● キンキンした声をしている

● ミックスボイスしか出ない

● エッジボイスが上手くできない

● 胃腸などが弱い

● アレルギー性鼻炎や花粉症がある

 

 

 

 

 

以上のような方でも

腹筋などの

筋力トレーニングによって

 

 

 

声量が上がる、

声が出やすくなったと

感じる事は

 

 

あります。

 

 

 

でも

 

 

 

音域の拡張は、

なかなか望めません

 

 

 

低い声が出るようになったからといって

あるいは、高音が出るようになったからといって

 

 

音域が広がっているわけではないのです

 

 

 

音域が移動しただけという

事が多いのですね。

 

 

 

フレーズや

音程の改善も

最初は、なんとなく

改善した気がしますが

 

 

低音の

音程が良くなれば

 

 

 

 

高音の

音程はフラッとしたり

 

 

 

 

高音が出てくれば

低音が、出なくなる

 

 

 

 

そんな迷宮に迷い込んで

しまう事も多いようです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

このような

状態にまで

なってしまうと

 

 

 

 

普通の

ボイストレー二ングで

矯正する事は

 

 

非常に困難です。

 

 

 

 

 

 

年間、

 

 

 

沢山のキンキン声の方を

 

 

 

 

普通の声に直してきましたが

 

 

 

 

とっても

テクニックの必要な作業なんです。

 

 

 

 

 

 

 

特に、

クラシック出身の方

 

 

合唱出身の方

 

 

 

 

声優向けの

トレーニングをして来た方

 

に多いような印象です。

 

 

(腹筋だけが、原因ではないです)

 

 

 

 

 

 

 

 

腹筋をする前に.....。

 

 

 

 

 

 

 

お腹を

膨らめた時

 

 

 

 

 

 

胸郭が

どう開くかどうか

 

 

 

 

確認して

みてください

 

 

 

 

 

 

 

時間差で開くか、

全く開かない

場合も

多いと思います。

 

 

 

 

 

そういう方は

 

 

 

 

 

歌のために

腹筋するには

 

リスクがあると思います。

 

 

 

 

 

 

体力をつける事は

良い事ですが

 

 

 

 

 

歌に生かすためには

 

 

 

腹筋から上の、

胸や首、喉の筋肉の状態が

整っていないと

 

 

 

逆効果な

事が多い

 

 

 

 

と言う事を

頭に入れておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです!

更新が途絶えてしまい、すいません。

 

 

さてさて

いよいよ12月

 

クリスマスソングなどを、英語で歌う機会も

増えてくる季節ですね。

 

 

今日は

 

 

歌の英語の発音を

簡単な方法で

改善できるトレーニングを

ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

手順を書くまでもなく

 

 

 

 

 

 

ズバリ、

あなたが今歌いたい

英語の曲の歌詞を

 

 

『 ささやき声で、朗読する 』

 

 

 

 

たったこれだけです!

 

 

 

 

ええ?

たったコレだけ?

 

 

 

 

そうです、たったコレだけです

 

 

 

 

 

 

 

 

ささやき声で

読む時は

 

喉の中を

歌う時ほど

開きません。

 

 

 

 

 

 

喉の中を開かない事で

唇の動きに

気持ちが、集中できるのです。

 

 

 

 

日本人が苦手な

『 子音をしっかり飛ばす事 』も

やりやすくなります。

 

 

 

 

 

日本人の口唇圧、口輪筋の力、は

欧米人に比べ非常に弱く

 

シュノーケルのお話でも

書きましたが

 

 

日本語では

ほとんど唇を使わずに

発音がキレイに

出来てしまうので

 

 

 

この『ささやきトレーニング』で

唇をしっかり動かすトレーニングに

なるのです

 

 

 

 

 

子音を

前に飛ばす感じを

より効率的にするには

 

 

 

 

 

 

1つ1つの 単語の前に

 

 

 

小さな  『ツ』 を

入れるように

発音するのがコツです。

 

 

 

 

 

歯に響かせる感じで

発音しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Silent night   の歌詞ならば

ッサイレン ンナイ

ッフォーリン ンナイ

 

 

のような感じですね。

 

 

 

 

歌う前に、

やってみてください

 

 

 

前よりも

歌う時の発音が

やりやすくなっている事が

わかると思います。

 

 

力まずにやってみましょう!

 

 

 

 

 

 

この練習には、

嬉しい副産物があります。

 

 

 

 

 

 

 

声の

音色自体も、

前に出るようになりますので

 

 

 

 

俗に言う

 

 

 

 

 

 

『 倍音 』

 

 

が増える効果もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーカルの先生に

『 顎に力が入っている 』

 

『 顎の力を抜きなさい 』

 

なんて、言われて事はありませんか?

 

 

 

でも、力を抜こうとしても

声を出せば

 

どうしても

力が入ってしまいますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も、何度も

先生に言われて

 

 

 

もう

嫌気がさしている

なんて方も多いのでは

ないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも安心してください。

 

 

 

 

顎の

力を抜けないのは、

『あたりまえ』 なんです.....。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、

どうすればいいのか?

 

 

 

 

正解は

 

 

 

 

 

 

 

 

顎の力を抜くのではなく

 

 

 

 

 

 

『 移動 する 』 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎を支えに

声を出している限り

顎の力は

抜けません(当たり前ですね)

 

 

 

 

 

 

下咽頭筋群、ではなく

上咽頭筋群を

 

沢山

使っていれば

 

 

 

支えが、

上に移動します。

 

 

 

 

 

 

顎の力を抜くためには

顎から上の筋肉を使って

発声する事

 

 

 

 

 

顎と言うのは

 

 

 

 

 

この場合、 下顎です。

 

 

 

 

上顎から上の筋肉を

より多く使う事で

 

 

 

 

少しずつ移動できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎の力を抜くためには

ヘッドボイス(裏声)

の練習を沢山する事

 

 

 

 

 

 

でも、ただのヘッドボイスではなく

できる限り、上顎から上を

上昇させるように発声するわけです。

 

 

 

 

 

と言っても

人それぞれ、どの部分を

上げるのかは

 

 

 

 

 

 

 

フォームを分析する必要があります。

 

 

 

 

 

 

これには、幾つかの

条件があり

 

 

 

 

より効率的にヘッドボイスを

トレーニングすれば

 

 

 

 

その場で、

顎の力は抜けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に簡単な事です。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

話はちょっと

変わりますが

 

 

 

 

 

 

 

ボーカルの先生が、

なぜ

顎の力を抜くように

言うのでしょうか?

 

 

 

 

音程を正しくしたり

高音を出すためには

輪状甲状筋のトレーニングは

不可欠ですが

 

 

 

 

 

 

 

この輪状甲状筋は

上咽頭神経の

支配下にあり

 

 

 

 

下咽頭に余計な力が加わると

うまく働けず

声帯を効率よく

 

 

 

 

 

 

ストレッチできないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

顎の力は

 

 

 

 

抜くのではなく

 

 

 

 

 

上顎から上に

 

 

 

 

 

 

移動する事で

 

 

 

 

輪状甲状筋が

効率よく

働いてくれるんですね。