免疫って何?

 

免疫って言葉は知っているけど

具体的に説明できないという方は多いのではないでしょうか。

 

辞書で調べると

「体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ちかつ能力。また、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つこと。」と書いてありました。

 

具体的に説明すると

 

インフルエンザの人と接触しても発病する人とそうでない人がいるのは

細菌やウイルスが体内に入ってきたとしても抵抗して打ち勝つ力が強いかどうかの違いです。

 

人のカラダには、素晴らしい免疫システムが備わっていて

身近なところでは、

くしゃみや咳、鼻水や涙、嘔吐や下痢、発熱などもそうです。

 

異物が体内に侵入するのを阻止するための反応なのですが

例えば、コショウを鼻から吸い込んだ時はくしゃみで吹き飛ばそうとします。

咳は、のどで止まった細菌やウイルスを咳き込むことで体内に入れないようにしています。

鼻水や涙も同じで粘膜に着いた細菌やウイルスを洗い流しているのです。

 

食中毒などの細菌が食べ物と一緒に体内に入ってしまった時は

早く吐き出させる為に嘔吐します。

もっと消化が進んで腸まで行ってしまった時は、早く出すために下痢をします。

カラダの中に吸収されてしまったら、発熱して細菌やウイルスをやっつけようとします。

 

また、白血球にも何重にもなる免疫システムが備わっていて

それが人のカラダを一定の健康に保つ仕組みなのです。



 

免疫力が高いと健康だし病気になりにくいと言います。

 

反対に免疫が低下していると細菌やウイルス、異物に対する抵抗力が弱いわけですから

細菌やウイルス感染しやすくなり、外へ出す力も弱いわけだから

病気がよくなりにくいということになります。

 

でも免疫って見えないから自分の免疫が高いのか下がっているのかわかりませんよね。

 

擦り傷でも治りが遅くなったと感じたり

風邪を引きやすくなったとか

疲れやすくなったりしてくることは一つのサインかもしれません。

 

数年前に「体温を上げると健康になれる」という本が話題になりましたが

体温が自分の免疫を知るためにはわかりやすいのではないでしょうか。



 

看護学生だった頃、患者さんの体温は37.5度以上を有熱とすると習いましたが

実際は、普段の体温が35度台の人が多くて

37.5度もあったらフラフラする、という話をよく聞きます。

 

昔に比べると体温が少し低くなっているのかもしれないと感じることがあります。

それだけ免疫が下がっているのでしょうか。

 

体温でも免疫が活性する温度があるようです。

36.5度以上で酵素の働きがよい理想の体温で

1度下がると酵素の働きは半減しカラダの機能は低下するようです。

 

人間のカラダについて知れば知るほど

その素晴らしさに感動します。

 

 

色んな病気があります。

そして色んな治療があります。

良い薬もどんどんと開発されています。

 

素晴らしすぎる仕組みだから色んな技術が進歩しているにもかかわらず

真似できないのだろうなぁと思っているのです。

 

治療効果を左右するものって

やっぱり自分の免疫ではないかと思うのです。

 

自分の免疫のレベルによって良くなるスピードも変わってくるし

もしかしたら、免疫がしっかりと働いていれば

かからずにすむ病気だって多いのかもしれません。

 

免疫力のレベルで治療内容やかかる費用だって大きく違ってくるのではないでしょうか。

 

免疫療法という治療法があります。

文字にすると同じでも内容は色々とあるようです。

 

免疫が高まればどんな病気にも打ち勝つことが出来るとしたら

免疫を上げることに力を入れたいですね。

 

 

高い免疫力を維持する!

下がった免疫をアップさせる!

みんな健康!

 

 

健康の維持は免疫アップ!

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 ビビッド

【住所】
〒672-8046
兵庫県姫路市飾磨区都倉1丁目107-1

【電話番号】
0120-059-069

【営業時間】
10:00~18:00 電話受付 17:30迄

【定休日】
日曜日・第3月曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:免疫って何?

腰痛と胃痛

腰痛だと思っている人で

胃がよく痛むという人がいます。

もしかしたら胃が悪いのではないかもしれません。

胃ではなく、胃のあたりの筋肉が痙攣していることがあります。

そして、そのせいで腰痛が起きていることもあるようです。

 

え?どういうこと?と思われるかもしれませんが

実際にこういうタイプの人はいらっしゃいます。

 

腰が悪くて手術したけどまだ腰が痛くて困っている、という人がいました。

「胃は悪くないですか?」と聞くと

「よく痛くなるんです」と言われるので

上を向いて横になってもらい

お腹辺りを触るとありました!大きなコリが!

 

人のカラダは前後左右、上下などいろんなバランスで成り立っています。

お腹のコリと腰痛ってどういう関係があるの?と思われますよね。

腰が痛いのにお腹を触るってどういうことって思いますよね。

 

腰痛の人は、いろんな病院や治療所で腰を触られてきたはずです。

湿布やテイピングやコルセットをしたり

温めてみたり痛み止めを飲んだり

痛いところに注目してこられたと思うのですが、

良くなってない人も多いのが現状です。

 

腰痛の人は腹筋が弱いから腹筋を鍛えるように言われた、という話を良く聞きますが

私の意見は反対です。
人は、腹筋と背筋とでは腹筋の方がよく使います。

腹筋の方が強いことの方が圧倒的に多いと思うのです。

 

私の意見は反対です。

腰痛の人は、腹筋が縮んでいる為に腰痛が起こっていると思っています。

だから腹筋を伸ばさないといけないのです。

 

数年前から肩こりや腰痛を改善させるストレッチをやっていますが

最初のころに来られた方が「腰痛ですべり症」だと言われていました。

身体は硬くてストレッチをするたびにカラダのあちこちが攣って

なかなかストレッチすることが出来ませんでした。

 

お腹が攣るというので、上を向いて寝てもらい

お腹を触ると大きなコリが2つ、というか2本ありました。

これは相当なコリだなぁ、と思ったことを覚えています。

そして、あの人のようなコリを持った人はまだお目にかかっていません。

 

お腹をゆるくマッサージしたのですが

起き上がった時に「あれ、痛みがラクだわ」と目を丸くして驚かれていいました。

コリをほぐしきれていないのに原因の的に当たればすぐに違いが出ることが

分かったのでした。

 

そして、こんなことも・・・

私の妹は昔から胃が悪く、若い頃には胃の検査にも着いていったことがあります。

数年前にピロリ菌が見つかったので駆除してもらってからも

「胃が痛い」と言っていました。

同じころに私もピロリ菌の駆除をしたのですが

私はそれ以来、胃が痛いとか、胃が張るということはなくなっていたので

おかしいな?と思ったのです。

 

ちょっと上を向いて寝てみて

そう言って妹のお腹を触ると・・・ありました。コリが!

 

触ってその筋肉を緩めていくと「痛い」「痛い」というのです。

「胃が痛いのと同じ痛み?」と聞くと「うん」と。

 

胃あたりのコリをほぐしてからは、あの痛みは感じてないようです。

 

妹の場合は、腰痛は無かったものの

胃のあたりの筋肉の痙攣を胃痛と思っている人や

カラダの全面(腹部)と背面(腰部)の筋肉のバランスが悪くて

腰痛が起こっている人があることが分かりました。

 

 

腰痛の方には、お腹の筋肉を伸ばすストレッチがおススメです。



 

ポイントは、恥骨は床につけたまま行うこと。

カラダが硬い人は、腕を伸ばした時に

恥骨が床から離れてしまうことがあります。

腕を伸ばしきれなくてもOKです。

ゆっくりとお腹の筋肉が伸びているのを感じてください。

 

腰痛に聞くストレッチ(腹筋編)

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 ビビッド

【住所】
〒672-8046
兵庫県姫路市飾磨区都倉1丁目107-1

【電話番号】
0120-059-069

【営業時間】
10:00~18:00 電話受付 17:30迄

【定休日】
日曜日・第3月曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:腰痛と胃痛
カラダのどこかに痛みがあるとイヤですよね。

そして、いつまでたっても良くならないとどんどん不安が

大きくなってしまいますね。

 

腰痛の人は多いですよね。

肩こりに事を調べていた時に見つけた厚労省の自覚症状ランキングで

腰痛は男性の第1位、肩こりは女性の第1位でした。

1位になるくらいたくさんの人が腰痛なんだ!と驚いたのでよく覚えています。

 

元ナースの私のところにも腰痛の相談は昔からありましたが

そんなに多いんだ!と改めて思ったのでした。

 

腰痛を何とかしたい!そんな気持ちが強くなっていきました。

 



 

腰が痛い人は、

腰に湿布やコルセット、テイピングなどをしているけれど

良くなっていない。

もしかしたら原因は腰じゃないのでは?

 

色々と腰痛の原因を探求した結果

「太ももとお尻とお腹」だということにたどり着きました。

 

そして、自分で改善できるストレッチを書いたのがこの本です。

 

 

 

この本を書いてから7年くらい経ちますが

腰痛改善ストレッチも徐々に進化しています(笑)

 

【腰痛の人の特徴①】

□ がに股

□ O脚

□ 靴底の外側がすり減っている

□ 前かがみの姿勢からカラダをまっすぐにするときに腰が痛い

 

こんな特徴がある方は、

開脚をお勧めします。

 



 

最初から大きく開脚することはできないので

ゆっくりでいいから

少しずつでいいから

胸を床につけるのではなく

内ももが伸びていれば(痛くなれば)OKです。

膝が痛い人にも開脚はお勧めですよ~

 

ちなみに私の母も、膝が痛くて階段を降りる時

手すりにしがみついて時間をかけていました。
でも、開脚が出来るようになってからは

法事の時でも正座で座っていますし

階段だって手すりなしで上り下りしています。

「これええわ」(関西弁です)と毎日しているようです。

 

開脚にもコツがあって
息を吐きながら行って下さいね。

痛いと感じると息を止めがちになるので

息は止めずにゆっくり細く長く吐きながら行ってください。

 

床に胸をつけようとしないでください。

内ももが伸びている、痛みを感じる、それでOKです。

 

胡坐が出来る人は、胡坐のまま膝から上の内ももあたりを

トントンと叩いてみるのもいいです。

叩くと痛いところがあるはずですから

そこを見つけてトントンしてみてください。

 

見つけるコツは、「痛いところ」です。

ズボンの内側の縫い目あたりにあります。

縫い目に沿って叩いてみてください。

 

痛みが和らぐまで叩きましょう!

叩く痛みが和らぐと腰痛が少し楽になっているはずです。

 

マッサージしてくれる人がいればお願いしてみるのもいいですが

出来るだけ自分でできる方法を書いていきたいと思います。

 

まだ少し寒いので、理想はお風呂上りなど

カラダが温まった時がいいかもしれません。

ストレッチの痛みが和らぎますから。

 

 

腰痛の改善は、これだけでいい人もいるし

足りない人もいます。

他にもストレッチしないといけない箇所がある場合

これだけでは、スッキリとしません。

 

開脚はできるけど腰痛があるという人もいます。

この場合は、原因が別のところにあるということです。

 

「腰痛」というと一言ですが

種類というか原因もいくつかあるので

それに合わせたストレッチをしなくてはいけませんが

湿布して寝ているよりは早く良くなるはずです。

 

いつまでも動き回れるカラダの維持のため

カラダの柔軟性を保つ、上げることは大事なことなので

簡単で効くストレッチをご紹介していきますね。

 

 

今日はこの辺で・・・

 

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 ビビッド

【住所】
〒672-8046
兵庫県姫路市飾磨区都倉1丁目107-1

【電話番号】
0120-059-069

【営業時間】
10:00~18:00 電話受付 17:30迄

【定休日】
日曜日・第3月曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:腰痛をストレッチで改善させる!
【2025年問題】
団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されています。

 

デイサービスなどの福祉サービス施設は一時期あちこちに建てられましたが

これからはあまり建たないような話も聞きます。

これからの方が高齢者が増えるのに・・・

第二次ベビーブームに生まれた私たちが高齢者になるころには、

介護してくれるところは少なくなっているのだろうと

推測します。

 

難しい問題だと思う毎日です。

 

確かなことは、いつまでも元気で身の回りのことはもちろん

何かのお役に立てる状態を保つことが大事だということです。

 

何歳になっても元気でいてくれて

留守番をしてくれるだけでも助かりますね。

 

時折、将来のことを考えるのです。

 

 

自分が歳を取って介護が必要になったとしたとき

これからは、今よりももっと共働きが盛んになるだろうし

子供には迷惑をかけられないなぁと思うのです。

 

ピンピンコロリンが理想だけれど

そんなにうまくいくはずがありませんから

とにかく元気で動き回れるカラダを維持することが大事だと思うのです。

 

願うだけではダメです。

 

内臓が元気でカラダが動かなくて

トイレに行けないとなると介助や介護、オムツ、

下の世話をしてもらわなければなりません。

そして死ぬまで続きます。

 

介護は必要なんだけど

介護されて嬉しい人や

介護するのが楽しい人はいるのでしょうか。

家族も弱っていく自分の大事な人を見ることは辛いことだと思うのです。

 

だからやっぱり元気で動き回れるカラダを維持することが大事なのです。

そのために、何をすればよいか?です。



 

 

私は、考えました。辿り着いたのは「ストレッチ」です。

 

 

私は、H24年に「腰痛はももで!」という本を書いたことがきっかけで

改善のためのストレッチをするようになり

5年くらい経ちますが、始めてからカラダが快適なので

これだと思うのです。

 

月に2回ですが40代~70代の方が集まって少人数で行っています。

 

カラダに痛いところがある時は

その状態を聞いて、それが改善するストレッチをやります。

ストレッチが難しい時は、軽くマッサージしたりします。

 

1時間のストレッチが終わるころには、改善していることが多いので

カラダに痛みがある時は、私の顔を見るとすぐに

「〇〇したらココが痛くなって、しすぎかなぁ?」などと言われますから、

「では今日は〇〇を念入りにしましょうか」というような感じになります。

これが出来るのが少人数制の良さです。

 

少人数だから、柔軟性が良くなったや硬くなっているなども良くわかるし

その人の動きの癖も分かります。

ストレッチをするだけでなく

カラダの仕組みや構造などについても説明し

少しでも理解してもらえるようにしています。

 

難しいことはしなくていいのです。

ただ、ストレッチにはコツがあることと

柔軟性を高める為に行うストレッチを行うことです。

 

例えば、正座が出来るようになりたいなら

そのためのストレッチがあり

首が痛くて可動範囲が狭いのなら

広くするための具体的なストレッチがあるのです。

 



 

使う道具はタオルくらいでしょうか。

 

頭はしっかりしているけれど

手先が自由に動かなくなって自信を無くしている方も

いらっしゃるように聞きます。

それってまた手先が動くようになればいいのでしょう?

そのままでは、もったいないじゃないですか!

 

 

 

 

 

どこでもできるストレッチ

道具が要らないストレッチ

簡単なストレッチ

よく眠れるようになるストレッチ

 

ストレッチをしっかりやってみませんか?

出張ストレッチ
個別ストレッチ 賜ります。

 

少しずつご案内するつもりでいます。

 

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 ビビッド

【住所】
〒672-8046
兵庫県姫路市飾磨区都倉1丁目107-1

【電話番号】
0120-059-069

【営業時間】
10:00~18:00 電話受付 17:30迄

【定休日】
日曜日・第3月曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:快適なカラダはストレッチで作る!


年末辺りからカラダを温める岩盤浴や遠赤外線ドーム、ホットヨガなどを体験し、温めるって「幸せ」と感じたのでした。

 

そして、カラダの芯まで温まったせいで余計な力が入らず1月だというのに

薄着で過ごせたことがありました。

 

遠赤外線については、遠赤外線の特徴や生育光線、マイナスイオン効果や酸化還元作用などじっくりと学んだ時期があるので知っているつもりでいました。

 

カラダを温めることが大事で体温を上げると免疫が上がる、とか体温が高いとカラダの細胞は活性化するが、35度台の体温では免疫や機能低下につながってしまうことなどは知っていましたが、私のサロンで取り入れてニーズがあるだろうか?と半信半疑でした。

 

「遠赤外線ドーム」は、

しっかりと汗をかきたい人向けの温度やゆっくりと眠りたい人向けの優しい暖かさなど

温度調整ができます。

 

ドームの中に入ったまま、お手入れできるメニューがたくさんあるので

余分に時間を作って頂かなくてもいいのです。

 

そこで、驚いたのが

このドームに入ってお手入れをすると

今までよりもググッと高い効果があることです。

 

なかなか薄くならなかったシミが一気に薄くなったり

おでこのシワが薄くなったりするのですが
何より、気持ちがいいのでしょう、

いつもよりも深く眠っていらっしゃるのが分かります。

 

これは、カラダ全体をドームの中で温めて

カラダの細胞全体を活性化させているのです。

 

細胞が活性化すると働きが良くなって

その中にはシミを無くそうと働く細胞や

お肌のハリを戻すための働きなど

若返りともいえる作用があるようです。

 

 

また、便や尿では排泄できない老廃物があり

これを汗と一緒に出すことでデトックス効果も期待できます。

 

【温めるっていい!】

年中手足が暖かい私は、自分が冷えているなんて思いもしてませんでした。

私は、お昼寝モードで汗をかかないくらいの温度でドームに入りますが

気もちよくポカポカして

カラダに余分な力が入らないってすごくいい~!

暑くないからイライラしないし

疲れを感じたら入るようにしています。

 

カラダを温めて細胞の機能が良くなったら

シミだってすぐに薄くなるんだからすごいですよね。

 

やっぱりカラダ全部を温めることが大事みたいですね。

温熱療法と重なるところがあって

細胞が活性化すると言っても見えないし

すぐにわからないし、実感するって難しいなぁと思っていました。

 

でも、シミが薄くなったのは

温めることによってお肌の機能の底上げが出来たということ。

 

正常細胞は40度でも大丈夫、温めると活性する!

ドームに入って20~30分で体の芯まで温まるはずだから

それ以降のお手入れが効果的だということになる。

 

お手入れと一緒にもOK!
ドームだけでもOK!

 

お昼寝したい方もどうぞ

しっかり汗をかいてデトックス&シェイプアップもどうぞ

 

30分 ¥1000~

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 ビビッド

【住所】
〒672-8046
兵庫県姫路市飾磨区都倉1丁目107-1

【電話番号】
0120-059-069

【営業時間】
10:00~18:00 電話受付 17:30迄

【定休日】
日曜日・第3月曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:カラダを温めると美肌効果がUPする。