Vita Designのブログ

Vita Designのブログ

福岡オーダースーツ Vita Design
オーダースーツのご相談はHPで受け付けております。お気軽にご予約下さい。


テーマ:

ポイント①

股上

股上は股の付け根からパンツの上までの長さです。(身長である程度の長さが決まります。)

お腹廻りの影響もありズボンのベルトの高さをどこにするかでも変化します。

美脚に見せる場合は少し浅めのパンツ良いですが、浅すぎる股上は腰の部分から下着が見えるので要注意です。
注意点はヒップとのバランス生地がたるまないように、シワを気にしましょう。どうしてもシワが消えない方は平尻補正等の補正を入れてシワが目立たないようにしていきます。

ポイント②

股下

股下は逆に股の付け根からパンツの裾までの長さです。股下は足の長さで決まりますので基本的には長さの変更は出来ません。美脚パンツはやはり全体的に細身のシルエットなため丈の長さも短めにすると綺麗に見えます。

ポイント③

ヒップライン

個別で決まってしまいますが、ヒップの大きさとタック、ワタリ巾は全て関連性をもっています。体型補正にも関係します、ヒップの部分に不必要なたるみがあるとパンツ全体をダボっとした印象にします。逆にゆとりが少なすぎることでお尻に食い込む等窮屈に感じます。

パンツの後ろポケットに物を入れることで美脚効果は薄れてしまいます。

ポイント④

タックの数

タックとは下腹部にゆとりを持たせる機能です。タックを減らせば全体にスッキリな印象を与えます。

タックの役割は「一番太いヒップ」から「細いウエスト」まで細めるためにその高低差を縮める役割です。

ポイント⑤

ワタリ幅

ワタリ巾にゆとりがあれば座ったときゆったりしていますが、逆に見た目にはダボッした印象になります。美脚パンツではこのワタリ幅が重要なポイントになります。

ここのゆとりが少ない細いパンツではないからです。細身がお好みの方でもある程度はゆとりを残すことが重要です。ゆとりゼロでは座れませんので…

ポイント⑥

膝巾

現在一般的なパンツはストレートタイプとテーパードタイプが主流になっています。この2つを違いは膝巾にあります。

シルエットを構築するうえではもっとも重要です。美脚に見せるということでのポイント、視覚的効果は大きくなります。

ストレート…ワタリ巾から裾口まで先細りになる中で、ワタリ巾から膝までを絞ることで膝下ストレートにしスッキリ見せるパンツです。

テーパード…ワタリから膝、裾口までを均等に絞っていくパンツです。

スラックスではクラシックなもので2425cm。細身のもので2223.5cmが目安となります。

ポイント⑦

裾巾

身長とのバランスも重要になります。

細くすれば確かに細くなります。裾を細くしてもスッキリ見えないことも多くあります、美脚効果としては膝を絞る方が効果的は大きくなります。

※膝を絞り過ぎにも注意が必要です、膝を絞り過ぎることで動きの幅も狭まります。

 

以上が美脚パンツの基本的な定義となっています。


テーマ:

ネクタイの合わせ方(色の組み合わせ方)

まず知っておかないといけないことです。

ネクタイの幅は、ジャケットの襟幅合わせるとよいと言われています。ひと昔前は襟幅が太いジャケットであったことで合わせるようにネクタイの太さも10cm、それ以上ありました。現在の襟幅に合わせ7cm~9cmのネクタイが主流となっています。

ネクタイの種類

ダービータイ、ウールタイ、リネンタイ、ニットタイ、ボウタイ、アスコットタイ等種類も豊富にあります。

普段使用しているネクタイ(ダービータイ)では大剣の幅で種類も分類されます。

大剣の幅が7cm~9cm(レギュラータイ)はスタンダードな基本形です。4cm~6cm(ナロータイ)はシャープな印象を与えるためビジネスでは合わないことが多く、カジュアルやパーティーの場で使用されます。10cm以上(ワイドタイ)はクラシックな印象を与えますが、近年のスーツとの相性からほとんど見ることがなくなっています。

●ネクタイのカラーが与える印象

赤系は『積極的』『情熱』などの印象を与えます

青系は『誠実さ』『冷静さ』『知的さ』などの印象を与えます。

黄系は『明るい』『社交的』『元気よさ』などの印象を与えます。

緑系は『安心』『穏やかさ』などの印象を与えます。

ピンク系は『優しさ』『柔らかさ』などの印象を与えます。

水色系は『爽やかさ』『若々しさ』などの印象を与えます。

紫系は『高貴』『芸術的』などの印象を与えます。

茶系は『堅実さ』『落ち着き』などの印象を与えます。

黒は『洗練さ』『男らしさ』などの印象を与えます。

このように色の持つ力で相手に与える印象は大きく変わります。

●シーン別の合わせ方

〇就職活動シーン

青(紺)と赤系を使い分ける。青は定番でどの業界でも使用しやすいカラーです。特に公務員など堅い職業からは好まれます。赤は自分をアピールしたいときにピッタリです。ただ攻撃的な印象も与えてしますこともあるため落ち着いた赤(暗め)がオススメです。黄色のネクタイも活発的な印象やフレッシュさを与えられるためクリエイティブ系の面接時はオススメです。

〇新入社員におすすめ

会社に入りたての方には就職活動と同様に青系、赤系といったネクタイです。暗めを選びましょう。この2種類は目立ち過ぎないカラーでもあり、ネイビー、グレー系のスーツにも合わせやすく、新入社員にはベストです。

〇商談のシーン

商談のシーンでは相手から信頼を得ることが最も重要です。青系のネクタイが『誠実さ』『信頼感』といった印象を持たれるため、青系のネクタイを活用し信頼を得ましょう。茶系も相手に『堅実さ』を与えることができるためオススメです。

〇プレゼンのシーン

自分の主張を伝えることが重要なシーンです。このようなシーンでは赤系のネクタイがピッタリです。『積極性』『熱意』を伝えることができます。ここ一番での活用にピッタリ、色の持つ効果を活かしましょう。

〇接待や会食のシーン

『社交的』『明るさ』を印象付ける黄色、オレンジ系がオススメです。スムーズにこにゅにケーションをとり信頼関係を築くことができるかもしれません。ただ相手の立場によっては落ち着いたカラーを選んだ方が好印象を与えられるかもしれません。

〇合コンやデートのシーン

女性受けのいい色のネクタイです。青系をピンク系がオススメです。特に青系でも水色、ピンクは優しい印象を与えます。もしくはトレンドカラーを取り入れることでおしゃれに気を使っている人として好印象を与えられるかもしれません。

〇結婚式のシーン

会社の同僚として出席するときは白やシルバー、グレーを選ぶと無難です。友達の結婚式で少しおしゃれにしたいという方にはシャンパンゴールドやパステルカラーを選ぶのもオススメ。近年の結婚式では黒以外のネクタイは受け入れられつつあります。

 

簡単ですが、ネクタイの色が与える印象でその時のシーンに合わせた色の使い方や色の持つ力(印象)です。

使い分けることでスーツとの合わせ方も変わり物事がスムーズに進むかもしれません。

 


テーマ:

パーソナルカラーとは、
人が生まれ持った「肌」「瞳」「髪」などと雰囲気が調和する色彩、似合う色のことです。

まずは初めにこの2タイプに分類されます。

●WARM系(イエローアンダートーン)

☑肌に黄みが感じられる。

☑黒目が黄みがかった茶の人が多い。

☑実はカラージャケットやカジュアルウェアが得意。

●COOL系(ブルーアンダートーン)

☑肌や髪、目に黄みが少ない。

☑黒目が赤茶の人が多い。

☑寒色系のビジネスカラーとなじみやすい。

↑パーソナルカラー

【イエローアンダートーン】

温かみのある明るい色、多色配色が得意。

イエローアンダートーンはウォームソフト、ウォームハードに更に分類されます。

●ウォームソフト→イエローがかった、明るく鮮やかな色が似合うタイプ

ビジネスシーンではうまく取り入れることで自分を魅力的に見せることが可能です。

●ウォームハード→深みのある落ち着いた色、中間色が似合うタイプ。

ビジネスシーンでも今からの時期に秋冬の要素を持ったカラーなため落ち着いた雰囲気を見せることが可能です。

 

【ブルーアンダートーン】

モダンでシャープ、個性派インパクト、強いコントラストが得意。

ブルーアンダートーンはクールソフト、クールハードに更に分類されます。

●クールソフト→霞がかかったようなペールトーンを選ぶと、バランスが取れるタイプ。

ビジネスシーンでもいかにもビジネス!と使いやすいようなカラーが多く、上品で抑制された色味が多くVゾーンもバランスがとりやすい。

●クールハード→同じクール系でも原色、力強いカラーが似合うタイプ。

印象の強い人だからこそ、はっきりした色でも負けることなくバランスが取りやすい。

 

簡単ではあるが、シーンに合わせて色合いを使い分けることが相手に与える印象も変わるため、色の持つ色彩効果をうまく利用し、自分自身に似合う色を把握しておけば第一印象は変わります。

 


テーマ:
■強み
良いスーツに定義される仕立ては惜しみなく採用しています。
台場仕立て、本バス総毛芯仕立て、AMFステッチ、袖本開きなど、マーケットプライスでは¥20,000程度するオプションを標準(無料)としています。
また、手縫いとミシン縫いを駆使し各箇所に最適な手法で縫製しており、目に見えない部分にもこだわった服作りに固執します。

ヴィータデザインはイージーオーダーですが、限りになくフルオーダーに近い仕立てに拘っています。
コンピューターでは対応できない体型補正や特殊デザイン、ボタン位置やゴージ位置、ラペル形状やポケット形状などバランスを取りながら自由自在に対応します。

着心地やシルエットに関しては、お客様とのイメージギャップをなくすために会話を重視し理想の把握に努めています。
また、ゲージ服と呼ばれるサイズサンプルを試着いただきピン留めをしながら細かく確認させて頂きます。
 
 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス