もなかおばさん家のいたちっこ

もなかおばさん家のいたちっこ

天使になったもる子のおかげで始めたブログ
さくら も ちょ子も虹の橋へ。かん太 ぎん も、、、、最後のうちの子ぱぱ君も虹の橋へ向かいました
保護っ子フェレットちゃんとのバタバタした生活

保護活動についてのお問合せ 歓迎です

大阪府下にて保護活動のお手伝いをしていただける方を探しています
フェレット飼育経験のある方、
フェレットの病気に理解のある方、

ブログ内のお問合せフォームよりご連絡お待ちしております

最後のうちの子ぱぱ君が時計を止めた日に届いたバレンタインデーのチョコレート🍫

それは、我が家からお迎えいただいた三姉妹の名前で届いた里親さまからの贈り物🎁


やっと少しずついただいていますよだれ

同じように闘病をしていた可愛いその子が穏やかに過ごせるようにと願をかけて食べずにいましたあせる



先日お友達が来た勢いで、開けちゃいました

きっと願いが叶って、その子は最後まで穏やかに過ごせたんだと勝手に思っているもなかおばさんです星




🍀

その子は、私が住んでいる地元の小学校で保護された


余程怖い思いをしたのか

シャーシャー威嚇して噛んできたから

小学生が捕獲したとは思えないあせる

捕獲の際にも一波乱あったんだろうな泣くうさぎ


白い毛並みは泥々で、頭には他の動物の噛み傷があった汗汗汗




もちろん爪は魔女のようにのびていたし

耳も真っ黒に汚れていた

小柄な体型じゃないのに500g程度しかなかった汗



一回目の健診は、興奮状態MAXで

採血も出来なくて、簡単な触診と爪切り、耳掃除とダニチェック、排便検査が精一杯だったあせる


皮下点滴に通い、少し落ち着いてきた頃には食欲も出て来たニコニコ

血液検査もエコーも問題なかったε-(´∀`;)ホッ



耳ダニの治療も終わり、やっと我が家に馴染んで来た頃



こんな眼差しを向けてくれるようになったのに、

鼻の根元や、爪の付け根がクロっぽくなって

再度検査🏥💉

皮膚の検査も、血液検査も異常がなくて

体調は保護時よりもどんどん良くなってきていたので

経過観察

体重も1キロになったニコニコ



症状はなくなり、保管期間も過ぎて



とても良いご縁に恵まれた✨


ご縁とはわからないもので、、、、、

かなり遠方の里親さまは、

前年にあのひかりちゃんをお迎えしていただいて 

『うちの子にしてあげられなかった分も精一杯のお世話をしてあげたい』

と最期の時まで本当にしっかりと寄り添って下さった方。


五分の一未満の愛よりは、、、 
https://ameblo.jp/virtual-foolish-chick/entry-12603220625.html


今までの先住さんのお世話や

ひかりちゃんの闘病時のやりとりが

フェレットに向き合う姿に感銘を受けた里親さま




コロナ禍や、シニアばかりになったうちの子たちの闘病や看取り、負の連鎖のように新たにやってくる保護フェレットたち

まるで身動きの取れない私の元へ駆けつけてくれた方


虹の橋🌈のひかりちゃんが呼び寄せてくれたご縁は、

当初別の子を候補にされていた中で

この子に代わったあせる


きっと何か導くものがあったんだと今は思える


お迎えから数ヶ月で、発症した病気🌀

きちんと健診して送り出しても

それはびっくりする程突然に目の前のことになる


本当に申し訳ないと思った泣くうさぎ


だけど、、、、、

本当に懸命に毎日毎日その子に寄り添って、

その子の幸せな かけがえのない時間を過ごさせていただいたスター

その子の為には、その里親さまでなければならなかったのだと、、、今は思う。


本当に本当にありがとうございます!!

最期まで幸せに包まれて、

かけがえのない生命を全う出来たのは

里親さまのおかげです🎶




昨年秋から、ほとんど毎日のように

痛みを和らげる為や、排尿をさせる為に

通院をして下さっていたこと。

たくさん病院に通ったからとか

医療費をたくさんかけたからとか

そういうのではありません。


病気に対するアプローチや治療だけが

動物の医療だとは思いません。


通院にストレスがないとは思いませんが、

食べる・排出する・痛みを和らげる

その子が一日でも穏やかに過ごせるための医療を

治らないなら無駄だとは思いません。


私のそういう思いを理解して

私以上に実践してくださる里親さまです。




三週間前に、天に召されたその子のことを 

こうしてブログに書いたのは、

里親さまへの感謝はもちろん

私が何をしているのか理解していただきたいのと

フェレットを知らない人が安易に保護など出来ないこと、

フェレットが欲しいだけで里親募集に手をあげる人に

対する警鐘、

そして、ベテラン飼い主さまにこそ、里子を迎える選択をお願いしたいからです。


受け入れた保護っ子の詳細は、

リアルタイムではお知らせしないし、

その子が幸せに過ごしている期間に

『可哀想な子』と呼ばれたくないから。


迷子だか、遺棄だかわからないまでも

屋外に出てしまったフェレットが

無事に保護されることが奇跡に近いこと。


虹の橋🌈のはるかちゃんに寄せて。





はるかちゃんの他にも今年に入って天に召された

しゅにちゃんあきみちゃん🌈

この子たちのことも、また私の想いをのせて

書いてみようと思います。










ペット(フェレット)ランキング