フットサルコート VIDA富山 STAFF ブログ

フットサルコート VIDA富山 STAFF ブログ

富山県にあるフットサルコートVIDA!
フットサル大会結果・お得なキャンペーン・ジュニアスクール・施設最新情報まで内容満載!

 

テーマ:

昨日9/30(日)にVIDA CUP U9大会を開催しました!

 

10分1本で総当たりのリーグ戦を2回行いました。

 

 

普段ゴールを決めないような選手でもゴールを決めたりチームの中で選手たち自身で考えてプレーしていてとても良かった!

 

そしてゴールを決めると次のプレーから自信がみなぎっていいるプレーが!

 

ほんとに常に全員が全力でサッカーが上手くなりたい!という気持ちがプレーから伝わってきました!

 

そして一応結果

 

 

1試合1試合結果にこだわって全力で勝ちに行く、楽しむ、学ぶが大事

 

お世辞でもなくホントに成長してみんなが笑顔で最後にはフットサル習って良かった!や楽しかった!と言う声が聞けてよかった!

 

ご参加いただいたみなさんありがとうございました!

 

 

VIDAジュニアスクール生募集中!

体験は一回まで無料!

ぜひお気軽にいちどお越し下さい!

絶対にうまくなります!

 

 

TEL 076 436 1777


テーマ:

きょう午前中ウルトラSビギナーズカップ開催しました!

 

少し蒸し暑かったですが何とか無事に怪我もなく開催しました!!

 

4チームに参加頂きました!

 

(参加チームの紹介です)

FC Endoruphin

 

BLACK→C

 

リトルチェリー

 

ホワイト・フラッグ

 

そして試合結果はこうなりました!

 

 

優勝チームには景品をプレゼントしました!!

 

また次回のたくさんの参加お待ちしております。

 

楽しくフットサルしましょー!!

 

 

HP:http://toyama.e-vida.jp/


テーマ:

ネイマール、メッシ、イニエスタ、ロナウジーニョ、マルセロ、イグアイン、セスク。

 

国籍も、年齢も、ポジションもバラバラの選手たちの共通点とは――。

 

それは、サッカー選手としてのルーツがフットサルにあるということ。

 

スペインやブラジルではサッカーの指導要綱に取り入れられているなど、サッカーとの結び付きが強いのがフットサルです。

 

ネイマールに関しては、15歳までフットサル選手としてキャリアを積んでいた。

 

日本では全く別のスポーツとして切り離されて考えられ、また華麗な個人技のスポーツだと思われているが、フットサルを学ぶことはサッカー選手としての成長にも大きな影響を及ぼし、フットサルはとても組織的で戦術的なものです。あの名将ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)もフットサルの練習に足を運び、そこからサッカーに生かすためのヒントを得ているそです。

 

そして日本でも少しずつだが「サッカーに生かす」という形などでフットサルが注目され始めていると思います。

 

それではなぜジュニア年代にフットサルを経験しておくとよいのか?

 

まず、ボールがサッカーボールよりもフットサルボールの方が重く跳ねないのでより―ボールタッチ数が約5倍に増えます。これが積み重なれば技術の差は当然大きくなります。またボールが重いので正確にボールを捉え、力を伝えられないときれいにボールが飛んでいかないので正確なキックとキック力を身につけることができます。

またテクニックという面では、フットサルコートはサッカーの約1/4の大きさで必然と敵が近くにいてサッカーよりもプレッシャーが早くなります。その中でボールを扱う技術を身につけることでよりレベルの高い技術を身につけることができます。そうするとプレッシャーを感じる距離というのも、より近くに敵がいたとしてもプレッシャーを感じず余裕を持ってプレーができるようになります。

そうするとより良いプレーを選択することができるようになります。

 

認知・判断という部分で言えば、小学生はまだ視野が狭く大人みたいにたくさんのものを観ることは難しく、観ることはとても強度が高くなります。なので8v8よりも6人少ない5v5のフットサルで行うことが特にU9くらいまでは適した強度(人数設定)になると思います。

そして人数が少なく、展開も早いのでピッチにいる以上常にボールに関わっている必要があり全くサボることができず、ボールを持っている時も、持っていない時も、常に頭も体もフルに動かし常に5人が協力する必要がありますので学びが多く、より多くの経験、戦術メモリーが蓄積できますしチームの中の1人の選手として動くことも学べます。

また少しでも判断を間違うと致命傷になります。そしてその結果が如実に表れるのでよりその判断の速さや観ておくことの重要性をより強く感じることができ、成長することができます。

人数が少ないという面では全員がストライカーにもなれるし、時には守備の中心となる必要が出てくることで、攻撃のことも、守備のことも学ぶことができ、より良い道を進むことができると思います。

 

まだまだありますが、こういったことは大きくなってから始めるのでは遅く、小さいジュニア年代でこういったことを学んでおき、土台をしっかり築いておくことがとても重要で、その後の成長を考えた時に、それが最初にサッカーから学ぶよりもフットサルから学ぶ方が良く学ぶことができ成長できるということです。

5v5から学び始めることによってより正しく学び8v8、11v11に繋がっていくと思います。

フットサルをジュニア年代に学んでおくことで8v8・11v11に入る時も理解が早く、すんなりと適応していけことに繋がります。

 

MONZEN DAIKI

 

夏のジュニアスクール生募集のお知らせ!

☆☆☆入会者にはサッカーボールプレゼント(数量限定!!)☆☆☆

TEL076-436-1777

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス