小学3年生で芸能界デビュー。

 

ティーンエイジの頃にドラマ『人間・失格』や『青の時代』で人気者に。

 

CDデビューし、映画にも舞台にも引っ張り凧。

 

その後『ちゅらさん』で大ブレイク。

 

27歳で芸能活動を休止、その後病気で死線を彷徨い。

 

今はイベンターとして億単位のお金を動かし、10万人規模の動員を誇り。

 

そんな小橋賢児くんの初著作のイベントに参加してきました。

 

その作品「セカンドID」。重版率が4割以下という出版界において発売1ヶ月半で4刷。大ヒット中です。

 

実はその昔ファンクラブにも入ってたんですよね〜w

 

人生は想定外に出会うことで広がっていく。」

 

したい!という小さな思いこそが、自分の人生が動き出すきっかけになるのではないだろうか。

 

いま見える未来のカタチだけではなく、まだ見ぬ未来は僕ら一人ひとりの心でつくっていける。

 

同じ時代に出会えて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

本宮から富士山を登ること約10km。

 

徒歩だと難しいので車で行くことに。車でも30分程度掛かります。

 

本宮も厳かなパワーを感じる場所でしたが、更に強烈なパワースポット。

 








以前はここにストーンサークルがありましたが、富士山が世界遺産に選ばれた際、規制が厳しくなって撤去されたそうです。

 

今は小さな祠が。




 

強力なパワーはそのまま残っているそうです。

 

時計回りに3周回ってから祠に向かって手を合わせ、願い事を。

 

御朱印も頂きました。