嵐@櫻井翔くんを愛でるひとりごと。

嵐@櫻井翔くんを愛でるひとりごと。

嵐さんへの愛をブログに綴っております。
もさもさからロイヤルまで 櫻井翔くんに魅了。翔潤ラバーです。


あれからどの楽曲を聴いても、やっぱり好きだなぁと再確認することになるわけで。

勝手に涙が出てくるし。
なんだかんだ封印してました。

そんな生活を5ヶ月近く。
これ、意外といけんじゃね?と迎えた怒涛の音楽番組ラッシュ。

やっぱりまだ泣けるー。なにこれー。笑

「かわいいなぁ」って感情で見てるはずなのに、余裕で涙が出やがる。

というわけで、号泣ついでにこの際いろいろ見ちゃえ企画。

第一弾は 

Mステどんちゅーを拝見しました。(選曲)


腰 について語ろうと思います。(テーマ)

まずは王道腰、智とニノちゃん。
彼らは軸足と反対の足の踵でカッカッと刻んで腰でカウントを取る踵反動タイプ。
踵と腰は繋がってるんだもん動いたってしょうがないじゃないかという正当性と清廉性も見受けられる。


跳ね上げ腰相葉。
両足利用で跳ね上げるパワープレー。
こういった楽曲ではダボダボかズルズルの衣装多し。緩衝材的役割であろうか。


ズドーン翔。
踵はほとんど不使用で腰のみでカウント。
足元も上半身もあまり動かさず、ただただ腰に集中して、仕事にも腰にも真面目にコツコツ打ち込むタイプ。(なにそれ)
打ち込む音はコツコツよりズドーンズドーンか。(だからなにそれ)


グラインド潤。
まーぜまぜ。くーるくる。まーぜまぜ。



添えた右手で左肘が持ち上がる潤と、
右手が負ける智。

親指だけにに乗せる翔。

フリーなとこが多いのかな。
わりと、みんな自由な感じ。

潤くん…
「振り固めよう」って言わなかったのかな。
「腰 固めようか?」とか。(絶対言わない)

手にも個性出てるなぁ。

みんな違う。

みんな違う。


首がどっか行っちゃってる相葉さんにきゅんとして、

目に入る邪魔そうな前髪に嫉妬して、

肉球に舞い上がって、

見下ろされたい願望を満たして、




涙も止まりました。\(^o^)/