5月26日大野城市まどかぴあにて第15回総会が開催されました。

 

第1号議案から第5号議案まで、すべて承認されました。

来賓の KAAHWA Tophaceウガンダ共和国駐日大使より、

ご挨拶いただき、24基目の井戸を寄贈された故高木理事のご家族、そして、ブコメロスキルズアカデミーに寄付をされた畑中氏に感謝状を授与されました。

 

                             

              

 

2024年5月

24基目の井戸が、ルヤンジャ セル ブーシーシーデビジョン 

ホイマシティに寄贈されました。

 

この井戸は、当協会理事であった高木美晴氏の願いによって実現しました。

去る4月7日に永眠された高木理事は、ウガンダの子ども達の環境を憂い、「少しでも多くのウガンダの子ども達が安全でおいしい水が飲めますように」と祈りと共に、ご家族からのお申し出により井戸が贈られました。

今年も、藩境まつりでチャリティーバザーを開催できました。

狐塚副会長の自宅ガレージで、民芸品や、ウガンダコーヒーなどを販売しました。

残念ながらお天気には恵まれず、あいにくの雨でしたが、たくさんのお客様が立ち寄ってくれました。

 

ウガンダ料理のサモサやマンダージは好評で、たくさん買っていただきました。

 

ウガンダドラムやダンスのパフォーマンスを子どもも大人も楽しみました。

        

鳩山議員も覗かれて、是非ウガンダに行ってみたいと話されたそうです。