事務所サイトについてのSEO対策を書いていたら、少し私の事務所サイトの歴史について書いてみたくなったので、少し書いてみたいと思います。

 

 

私の行政書士事務所の開業は、2009年9月からとなります。行政書士登録自体は2009年の5月なので、そこから実際に開業する9月までは色々と開業準備をしておりました。事務所サイトを作って、そのSEO対策を行うというのもその一つでした。

 

 

ただ、事務所サイト自体は、確か行政書士試験が合格したとわかってから、作り始めていたと思います。色々な行政書士事務所サイトを参考にして、デザインを考えたりしていましたね。懐かしいなあ。ただ、行政書士登録が完了するまで公開はしていなかったですね。登録が完了して、それからサーバにアップロードして公開したと記憶しております。

 

 

なので、私の事務所サイトは2009年の5月からウェブ上に存在しているということになります。最初は確か夜桜をトップページの画像にしていたのですが、理由はよくわかりません(笑)。なんとなくでそうしたのだと思いますが、自分の個性を出すために、その後自分の顔写真画像を使ったものをトップページの画像にすることにしましたね。

 

 

そういったテクニック等は、確か行政書士登録から実際に開業するまでの間のSEO対策の過程で、色々なことを学んでいくなかで身に着けたりしたことだと思います。ウェブ集客のセミナーみたいなものにも行きました。当時は色々と情報を収集することに貪欲でしたね。今は貪欲というよりは、やらなければならないので渋々やっているという感じですが(笑)。

 

 

ただ、私が開業した時期は、まだ士業のウェブ集客というものがそこまで広がっていなかった頃だったので、それっぽいウェブサイトを作って、最低限のSEO対策をすれば、割と良いキーワードでも検索結果順位が上位になりやすかったです。

 

 

なにせ、ろくなSEO対策をしなくても、「契約書作成」等という割とビッグキーワードでGoogle検索の10位以内に入れたのですよ。今だとこのキーワードで10位以内に入るのは結構困難だと思いますが、当時は割と簡単でした。そのぐらい、競合サイトが少なかったです。今だと士業が事務所サイトを持つのは当たり前のようになってきて、みんなある程度SEO対策にも力を入れていたりしますからね。

 

 

 

あの頃はまだ士業でウェブに力を入れるというのは、少し先を行っている感すらありました。今では上記のとおり当たり前のことなんですけどね(笑)。そういう意味では、良い時期に開業できたんだと思います。

 

 

なので、私の事務所サイトを利用したウェブ集客というものも、割と最初からうまくいった方でした。割と早い段階で、ウェブからお問い合わせがぽつぽつとくるようになり、そうして仕事をこなしていく中で、事務所サイトを充実させていったところ、益々お問い合わせが増えるようになるという良い循環が生まれるようになりました。

 

 

そこら辺の話しを次回は書きたいと思います。

 

 

つづく

 

 

 

 

さて、ゴールデンウィークの間に、色々と事務所サイトに対するSEO対策を施しました。内部施策・外部施策の両面で、今できることを精いっぱい、色々とやってみました。このブログをこうやって更新し続けているのもある意味そういう部分があります。このブログから事務所サイトへのリンクがいくらかありますが、このブログ自体のSEO評価が高まれば、事務所サイトへの外部リンク面でのSEO評価が高まるような気がしますので。

 

 

あとは、このブログの閲覧者が増えれば、事務所サイトへのリンクをたどって事務所サイトに訪問するユーザーが増える可能性が少しでも高まりますので、このブログのSEO評価が高まり、検索結果で上位表示されるようになって、ブログの閲覧者が増えればよいことではあるのです。

 

 

 

少なくとも悪いことにはならないはずです(笑)。

 

 

で、ゴールデンウィーク中に色々と行ったSEO対策の効果が出始めていて、このブログの閲覧者も増え始めてきて、一昨日はここ3ヶ月で一番閲覧者が多かったです。嬉しいですね。実際に効果が出てくると、やる気にもなります。

 

 

 

そして肝心の事務所サイトへの訪問者も確実に増えてきました。まあ一番SEO評価が高かったことに比べればまだまだなのですが、それでもここ3ヶ月ぐらいでは一番多い訪問者数を記録するようになってきました。

 

 

そう、私の事務所サイト、半年ぐらい前はSEO評価がえらく高くて、訪問者数が結構多かったのです。で、今年に入ったぐらいからなんだか検索結果順位が悪化してきて、それで今回色々とSEO対策を行うことになった次第です。

 

 

 

一度SEO評価が高くなったからと言って、ずっとそのままというわけにはいかないのですねえ。このあたりが本当に大変で、常にSEO対策というものを定期的に行っていかないといけない。しかも通常の業務の合間にです。

 

 

業務が立て込んでくるとそれどころではなくなってくるのですが、少しでも時間をみつけて定期的にSEO対策を行うという意識をもっていないと、あるタイミングで検索結果順位が悪化して、訪問者が減り、それは引いては仕事の受注の減少にもつながります。

 

 

休まるときがないですが、自分で選んだ道ですからね。新規客はウェブを中心に獲得していくというのは、私が事務所を立ち上げたときからの変わらぬ方針で、この方針で10年間この商売をやってくることが出来ました。

 

 

この方針を貫くためには、少しでも時間をみつけてSEO対策を定期的に行うということが求められるわけで、それを休みなく、これからもずっと続けなければならないわけです。しんどい面もありますが、やればやるだけ結果が出やすいものではありますので、少しでも良い結果が出ればそれを励みにまた頑張っていこうと思います。

 

 

 

なんとなく今日はこんな感じで自分のSEO対策に対する考えを徒然なるままに。

 

 

 

普段は行政書士業務を行っているわけですが、定期的にSEO対策をしておかないと、事務所サイトの検索表示順位がみるみる下がっていったりします。

 

 

もしかすると、正しくは下がるというよりは競合事務所サイトが上がってきたという方が正しいのかもしれません。事務所サイトに力を入れている行政書士も結構多いですからね。なので、SEO対策を全くやらなくなると事務所サイトの検索表示順位が悪くなってしまうので、おちおちとしていられないわけです。

 

 

今回行ったのは、事務所サイトの表示速度の改善です。もともと私の事務所サイトは表示速度が割と遅めだったのですが、色々と情報収集をすると表示速度の改善はSEO対策にもなるようなので、これは放置しておけないと思いました。

 

 

そこで表示速度の改善について色々と情報収集をすると、具体的な方法が分かってきました。そうした中で色々と試してみたのですが、一番効果があったのはGZip圧縮の設定でしたね。GZip圧縮とは、サーバーからのデータを読み込む際に転送するデータ(テキスト、HTML、CSS、画像、フォント、Javascript)に対して圧縮をかけるというものです。

 

 

これを行うためには、.htaccessファイルに必要な記載をして、そしてその.htaccessファイルをサーバにアップロードすればOKです。割と簡単なのですが、.htaccessをアップロードできるサーバであることが条件ですね。あとは、.htaccessファイルの記載を間違えるとウェブサイトが正しく表示されないおそれがありますので、記載は慎重にし、アップロード後は正しくウェブサイトが表示されているかの確認が必要ですね。

 

 

 

このGZip圧縮の設定を行ったところ、明らかに事務所サイトの表示速度が改善しました。主観的なものだけでなく、ウェブサイトの表示速度を点数化するウェブサイト(Google Page Speed Insights)で測定してみたところ、数字として明らかに改善していることがわかりました。

 

 

GZip圧縮を行う前は確か40点ぐらいだったのが、60ぐらいまで一気に上がりました。

 

 

 

あともう一つ行ったのが、ブラウザのキャッシュを使用するというものですね。これも.htaccessに記載して、その.htaccessをサーバにアップロードすることでできます。

 

 

このブラウザのキャッシュを使用するは、どうもサイトによっては効果がマチマチのようですが、私の事務所サイトの場合は結構効果がありましたね。このブラウザのキャッシュを使用することで、上記の測定サイトでの測定結果が、80点近くまで上がりました。

 

 

ここまでくれば、とりあえず悪くはない数字ということで、OKです。他にも色々とやろうとすればできることはあるのですが、いったんはこれでいいかなという気持ちです。ただ様子をみて、また少し何らかの表示速度改善対策を行うかもしれません。表示速度が良くなることは、SEO対策のみならずユーザビリティという視点でもよいことなのでね。

 

 

まあ今日はこんなところで。事務所サイトの検索表示順位がどんどん良くなるといいなあ。