ばーすでい

テーマ:

ついつい忘れてしまうけど

こんなとき

小さな幸せをくれる

そんな君にありがとう

覚えていてくれて

ありがとう



ひとつ、歳を重ねてしまった

こうしてゆっくりと

終わりに近づいていくんだね。

それは当たり前のことで

悲しくないって言ったら

少しだけ嘘になる。

でも

大切な人たちが

おめでとうって言葉をくれるから

嬉しくて、幸せをもらえたよ。

本当に覚えていてくれた人たちに

感謝感激です。

ありがとう



やってくる

テーマ:

かわっていないように見えて

毎日何かがかわっているんだね

自分が信じていたものだって

明日にはなくなっているかもしれない

ちょっとまってよって

そんな風につぶやいてみたところで

まってくれる時間はないね

明日のわたしは何をしてる?

今日のわたしは何をしたの?

ただここにあるものだけ見て

ただ目の前にあるものだけに

夢中になって 笑ってる

そこになんの意味があるの?

ただただ過ぎる時間に身をまかせて

もうすぐひとつ

歳を重ねてしまうんだね


同じだよ

テーマ:

だれだって

何かに苦しんで

何かを悩んで

何かに悲しんでる

それはきっと

他人からみたらすごくちっぽけで

理解なんて

到底されないかもしれない

その事実にまた傷ついて

なんでわかんないんだろうって嘆く

自分も

君も

見知らぬあの人も

ちっぽけな世界で

悩みは違えど

同じように

苦しんで

足掻く

自分だけなんで?って思うけど

他人を知らないだけ

人間なんて、そんなもん。


自問自答

テーマ:

どうしたらもっと

うまく生きれるんだろうとか

感情に左右されて

振り回されたくないなとか

いっそ心なんて最初からなければ

こんなに悩まなくてすむのになあとか

ばかみたいに

ばかみたいなことを考える

どんなことでも大丈夫って

受け止められる自分じゃないから

本当は傷つくのがすごく怖くて

じゃあいいやって興味ないふりして

自分の心を守ってる弱虫

ため息がでてしまうね

思い出しては

テーマ:

“君とはもう一緒にいられない”
そう告げて幾日がたっただろう
自分で終止符を打ったくせに
君への思いがずっと
絶ちきれないままだよ

君と過ごした たくさんの日々が
まるで昨日の出来事の様に
浮かんでは 消えていく

“あの頃に戻りたい”
そう思う心に気づかないふりをして
必死に君の面影を掻き消す

もう一緒にはいられない
そう告げたのは自分なのに
君がいない それだけで
世界はこんなにも窮屈なんだね